FC2ブログ

    Entries

    眼鏡を曇らす「禁断の感情」

    前回までで「四大近親相姦漫画」のベスト10を決めたのでちょっと燃え尽きた感じもあったのですが、これからも「近親相姦漫画」の傑作が生まれてくることを期待して、今回は桂よしひろの単行本『メガネnoメガミ』を紹介します。
    メガネnoメガミ(単行本表紙)
    この本に収録されている『メガネnoメガミ』(全5話+描き下ろしプロローグ)には「眼鏡のお姉さん」が登場します。
    メガネnoメガミ(単行本裏)
    雑誌での連載時は各話の間隔がかなり空いていたので、こうして全話が纏まって読めるのは嬉しいですね。
    ただ、この物語はダブルヒロインになっており、「第1話」と「第3話」では主人公のお姉さんがほとんど登場しません。
    もう一人のヒロインは主人公の同級生で、作者が言うところの「おっとり系メガネ」の瞳ちゃんです。
    メガネnoメガミ(第1話)
    真面目な性格でありながら天然系で主人公のエロい要求を拒めずに豊満な肉体を好きなように犯されてしまう「理想の彼女」という設定ですね。
    こんな彼女がいればもう充分じゃねーかという気もしますけど、彼は「第2話」で実の姉ともセックスをしてしまいます。
    メガネnoメガミ(第2話)
    こちらは「委員長系メガネ」で、笑顔が似合う瞳とは対照的なクールビューティー。そんな姉に主人公は頭が上がりませんが、実はかなりのブラコンで自慰を見られたことを契機に「近親相姦」をしてしまうんですね。
    その後も姉弟は「禁断の関係」を続けていきますが、弟はそのことについて深く考えておらず、瞳に対する気持ちも全く変わっていません。
    彼がこだわっているのは「恋愛」でも「近親愛」でもなく、「メガネ」なのです。
    しかし、弟に処女を捧げた姉の方には「禁断の恋愛感情」が見え隠れし、そのツンデレっぷりがエロ可愛いです。
    特に水着姿でセックスする「第4話」がとても扇情的でした。
    メガネnoメガミ(第4話)
    「第5話」では瞳が姉に会いに来て、ついに対決かと思わせますが、瞳ちゃんは徹底して「都合の良い彼女」なので重たい雰囲気にはならずになんとなく3Pの展開となり、どちらの関係性も壊れずに終わります。
    メガネnoメガミ(第5話)
    この物語のメインテーマは「メガネフェチ」なので「近親相姦漫画」としてはライトな内容ですけど、お姉さんが魅力的なので「姉フェチ」な人にもオススメです。

    「兄妹相姦漫画」のベストな10作!(中編~長編部門)

    今回は「兄妹相姦漫画ベスト10」(中編~長編部門)を選んでみたいと思います。
    数字をクリックして頂くと、各作品の紹介ページが開きます。(順不同です)


    1、吉田基已の『恋風』(単行本『恋風』(全5巻)に収録)

    この作品は「一般漫画」なので本来はこのベストテンの対象外なのですが、兄妹の「近親愛」を考える上では必読です。印象深いセリフやシーンがたくさんありました。
    まあ、実の兄妹の「近親相姦」が発生していることは間違いないので「兄妹相姦漫画」ではありますよね。
    特に「アニメ版」がテレビで放送されたということに大きな意味があると思います。初めて観た時は衝撃的でした。最近では『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』や『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』や『この中に1人、妹がいる!』など「妹アニメ」も多いですけど、『恋風』は全く違うレベルの物語でしたね。


    2、田中エキスの『あにぴゅ! ~お兄ちゃんからピュッと出た!~』(単行本『あにぴゅ!』と『うぶ生え』に収録)

    この作者は中・長編の「兄妹相姦漫画」を多く描いていますね。
    まだ明確な「恋愛感情」はない「遊び」の延長上にある「兄妹相姦」が描かれています。「兄妹以上恋人未満」な関係が良いですね。
    部屋に隠していたコンドームが親に見つかってヘコんでいた兄のために恥ずかしさを我慢してコンドームを買ってきた妹が可愛すぎます。


    3、月野定規の『妄想ダイヤリー』(単行本『妄想ダイヤリ~』に収録)

    「兄妹相姦」を思い描いた妹の「妄想日記」を読んでしまった兄がその「妄想」を「現実」のものにします。
    妹は典型的なツンデレタイプで兄に抱かれればメロメロになってしまうので物語的にはシンプルなのですが、月野定規お得意のモノローグとアへ顔で盛り上げてくれます。
    風呂場で初めて膣出しする前に兄妹がお互いの「近親愛」を確認するシーンが好きです。


    4、和六里ハルの『大妹』(単行本『大妹』に収録)

    チビの男とデカい女。この組み合わせは往年の名作『『The かぼちゃワイン』のカップルを思い出させますが、「兄妹モノ」としてはかなり異色ですよね。
    無邪気に大好きな兄とのセックスを求める妹は豊満な肉体を持ちながらも精神的には非常に幼く、妹が小さい頃から保護者的立場で可愛がってきた兄に感情移入しながら楽しみました。


    5、関谷あさみの『楽園の終わり』(単行本『ガールズシャワー』に収録)

    母子家庭で育った兄と妹が結ばれて別れるまでの物語。
    「前編」は妹の告白によって「近親相姦」が発生するというありがちなストーリーですが、「後編」で兄は「家族」を壊さないために「禁断の愛」の終わりを選択します。
    「何十年か経っておれたちだけになったら、その時に二人で暮らそう」というラストの言葉は、兄妹が愛している「母親」の存在が「近親愛」の障害となっているという悲しい「現実」を示していますね。


    6、米倉けんごの『ドッグスタイル』(単行本『ドッグスタイル』に収録)

    『楽園の終わり』も明るい物語ではありませんでしたが、この作品とは比べ物になりません。
    売れない漫画家の兄と暮らすために売春によって生活費を稼ぐ妹。そんな兄妹の「近親愛」は兄の自殺によって幕を閉じます。
    その「歪んだ関係」に介入して最終的には妹と結ばれてしまう男が登場するので、「妹ネトラレ漫画」とも言えますね。兄に感情移入していると欝になります。
    しかし、それでも読む価値がある傑作です。


    7、米倉けんごの『私立星乃端学園 恋愛!?専科』(単行本『私立星乃端学園 恋愛!?専科』に収録)

    タイトル通り学園を舞台とした「エロラブコメ」で『ドッグスタイル』と同じ作者とは思えないほど明るいノリの物語であり、主人公格である兄妹以外にも多くのキャラが登場しますが、兄と妹の「近親愛」の部分はきっちり描かれていました。
    妹と二人暮らしの兄が『ドッグスタイル』の兄と同じ「漫画家」でありながら全く違う展開になっています。
    まるで「夢」と「現実」のように。


    8、岡田コウの『一枚上手』(単行本『好きで好きで、すきで』に収録)

    「短編部門」でランクインした『浮空』と同様にDVDアニメ化までされた作品でありますが、内容的には真逆のハッピーエンドです。こちらは本編を補足した「同人誌」までありますね。
    「スヤスヤ詐欺」だったのは残念ですが、個人的に好きな「睡眠姦」×「兄妹相姦」をたっぷりと楽しめました。
    「前編」と「後編1・2」で兄視点と妹視点を切り替えているのが効果的です。


    9、ゼロの者の『妹恋愛値』(単行本『カラダニキイテ』に収録)

    明るいノリの『シス・ブラっ』も良いですが、やっぱりゼロの者はこういうドロドロした「近親相姦漫画」がよく似合うと思います。
    「兄妹相姦漫画」を愛読しながらも現実の妹には「話しかけんな、死ね、ボケっ」と言い放つ兄と、愚かなほどに盲目的な「想い」を抱き続けている妹。
    どちらに感情移入しても「近親愛」を存分に堪能できます。


    10、ゼロの者の『わすれな』(単行本『わすれな』と『わすれな2』に収録)

    最後はもちろん、この作品。「兄妹相姦漫画」というより全ての「近親相姦漫画」の中で最も印象深い物語ですね。
    ダメダメな兄貴に感情移入しながら真央という「妹」の魔性に魅入られてしまいました。
    作者の情念が滲み出た傑作であり、ゼロの者自身もこの物語を越える「兄妹相姦漫画」を描くことは出来ないのではないかとも思えます。



    これまで「父娘相姦漫画ベスト10」「姉弟相姦漫画ベスト10」「母子相姦漫画ベスト10」を発表していますので、これでなんとか「四大近親相姦漫画」について書き終わりましたね。

    「兄妹相姦漫画」のベストな10作!(短編部門)

    気がつけば、もう12月。
    いよいよ「兄妹相姦漫画ベスト10」を発表したいと思います。
    「母子相姦漫画」と同様に作品数が膨大なので、今回は1話完結の作品に限定して選んでみました。
    数字をクリックして頂くと、各作品の紹介ページが開きます。(順不同です)


    1、サークル18モンキーズの『眼鏡っ娘の妹と禁断のあぁ・・うぅ・・』(同人誌)

    ベスト10の中で唯一の同人誌作品。襖で仕切られた狭い家の中で発生した「兄妹相姦」が描かれています。
    一見すると発育の良い眼鏡っ娘の妹が犯されるだけのありふれた作品に思えますが、親がすぐ近くにいる中での「近親相姦」が非常にスリリングであり、一人暮らしを考えている兄とずっと一緒にいたいと願う幼い妹の「想い」の温度差も含めてリアルな「背徳感」や「近親愛」も感じられる物語だと思います。


    2、ゼロの者の『ケンカするほど仲良し』(単行本『恥液のニオイ』に収録)

    「兄妹相姦漫画」と言えばやはりゼロの者は外せませんよね。普段は大声で喧嘩をしている兄妹が「近親相姦」の時だけ無言で交じり合うという関係に独特の緊張感が味わえます。
    カラダを触られても妹が抵抗しないと確信した時の兄に感情移入して楽しみました。
    他にも『唇と舌とだ液』など好きな短編作品は多いです。「近親相姦」の「狂気」が滲み出たドロドロした物語を描かせたら最強の作家ですね。


    3、ゴージャス宝田の『OUT!』(単行本『お兄ちゃんクチュクチュしすぎだよっ』に収録)

    「近親相姦」が「禁忌」であるという「現実」を前にして一度は「普通」に戻ろうとした兄妹。しかし、その「禁断の想い」は抑えきれずに暴走していきます。
    「常識」を捨て去った彼らが不敵な笑みを浮かべながら「世間」の前に飛び出そうとするラストが良いです。
    「妹」に対する執着においては最狂の作家でしょう。だからこそ読者がついていけないこともありそうですが、ベスト10からは外せません。


    4、みかん(R)の『初めて』(単行本『パノラマ』に収録)

    中学生の兄と小学生の妹の「近親相姦」が描かれています。派手な絵柄ではないので目立ちませんが、その心理描写も含めてリアリティが感じられ、想いが通じ合うラストに救われた思いがしました。
    母親によって娘が惨殺されるという恐ろしくダークな『暗涙の足跡』(単行本『その息が止まるとき』に収録)なども描いてしまう作家ですが、ハッピーエンドもお見事です。


    5、きりりんの『 私が××だったころ』(単行本『いもーと*もーど』に収録)

    「夫婦」として暮らしている兄と妹の物語。貫き通した「近親愛」がそれまでの「家族愛」を破壊するという「現実」が描かれています。
    まあ、もっと開き直れば「近親相姦ライフ」を楽しめるのにと思いますが、両親の想いを踏みにじった過去を忘れられない彼らは常に「禁忌」から目を背けられないんですね。
    「お兄ちゃん」と呼ぶことも許されない妹の涙が切ないです。


    6、嶺本八美の『無防備年齢宣言』(単行本『無防備年齢宣言』に収録)

    裸を見られても恥ずかしがりもしない無垢な幼妹を犯した兄の末路。かなり古い作品ですが知っている方も多いのではないでしょうか。
    男の愚かな妄想と願望に冷水を浴びせかけるラストは後味の良いものではありませんが、残酷なほどにリアリティがあり、強烈な印象を残しています。
    優れた「ロリ姦漫画」でもあり、「兄妹相姦漫画」の歴史に残る作品だと思います。


    7、荒草まほんの『SWEET sister』(雑誌『COMIC LO』2012年2月号に収録)

    こちらはロリコンの兄を罵倒しながらも大好きな妹が登場します。
    この妹の心理描写がとても丁寧で魅力的なキャラとして立っており、その言葉や表情を追うだけでも楽しいですね。
    (私の大好きなお兄ちゃんは、このダメなお兄ちゃんだもん・・・)と思ってくれる妹が可愛すぎます。
    コミカルでハートフルな「兄妹相姦漫画」です。


    8、宵野コタローの『お兄ちゃん改造計画』(単行本『ちゅーLip!』に収録)

    失恋がきっかけで二次元世界に没頭して引きこもりになってしまった兄を妹が更正させる物語です。
    両親が旅行で不在の一週間、兄を三次元に連れ戻すためにコスプレで誘惑し続けた妹は、日曜の裸エプロンで犯されてしまいます。
    まだ「近親愛」を感じる前の段階で、ひたすら大好きな兄のために奮闘する妹が可愛いです。
    その願いが叶うラストも微笑ましいですね。


    9、岡田コウの『浮空』(単行本『好きで好きで、すきで』に収録)

    何年か振りに帰郷した兄と妹の「交わり」と「別れ」の物語。
    「アニメ版」「実写版」も紹介した作品ですね。54ページのボリュームに相応しい充実した「エロ」と「禁断愛」が堪能でき、すでに紹介記事でもベスト10候補だと書いていました。
    ずっと兄視点で描かれていた妹がラストシーンで独り呟く後ろ姿が忘れられません。


    10、養酒オヘペの『麻実ちゃん最後のゆーわく』(単行本『大好きだよっ』に収録)

    「近親愛」を隠そうとしない妹に誘惑されながらも「禁断の欲望」を抑え続ける兄。
    『浮空』の妹とは違って麻美のアプローチはどこまでも真っ直ぐであり、それだけに「もうネタ切れ」と言った時の涙ぐんだ笑顔が堪りません。
    「禁忌」なんて吹き飛ばすパワー溢れた「兄妹相姦漫画」です。


    ・・・と、まあ10作選んでみましたが、やはり読者によって全然違う作品になるでしょうね。実は自分も記事を書きながら何作か入れ替えました。
    この機会に、オススメの作品があれば教えて頂ければ幸いです。


    空にたゆたう妹の想い

    以前の記事で岡田コウの『浮空』「アニメ版」を紹介しましたが、今回は「実写版」について述べてみたいと思います。
    好きで好きで、すきで HD つぼみ
    エロアニメやエロゲーの実写化は時々ありますけど、ほとんど観たことはありません。パッケージの写真を見ただけで原作のイメージとはかけ離れている感じがするんですね。特に触手とかが出てくる低レベルな特撮モノなどが多い気がします。
    しかし、TMAの『好きで好きで、すきで HD つぼみ』は原作の内容を忠実に再現することを目指しており、セリフや描写を原作と比べながら観るだけでも面白いです。
    ヒロインは原作の極端なロリロリ感までは出せませんが、リアルバージョンとして考えれば文句ない可愛さでしょう。
    兄貴の方は失礼ながらちょっと気持ち悪い感じがして、それがこの作品の最大のネックになっていますが、都会的なイケメンやAV男優っぽいマッチョよりは全然いいです。兄が少し不細工な方が妹の「近親愛」の強さを感じられるかも知れませんね。
    二人ともそれほど演技が優れているわけではありませんけど、真面目に「兄妹の禁断愛」を演じており、原作ファンも楽しめると思います。

    「アニメ版」と一番違うのはラストの部分ですね。
    原作通りに妹の「うそつき」の台詞で一度画面が暗くなった後、単行本『好きで好きで、すきで』に収録された4ページ漫画『いつまで・・・』が続いて終わります。
    いつまで・・・
    『いつまで・・・』はまだ兄と繋がっていた頃の妹の心情を描いたものだと思いますが、『浮空』のラストと繋がっていると夢オチのようにも感じられますね。
    悲劇的な結末を覚悟しながらも幸せなこの瞬間が続くことを願う少女が愛おしいです。


    これぐらいのレベルであれば「近親相姦漫画」の名作をこれからも実写化して欲しいですね。
    いつか2次元では表現できない「大傑作」が生まれるかも。

    母と息子のウルトラC

    今回はちょっと(かなり?)異色な「母子相姦モノ」を紹介します。

    サークルHeroineismのリアル3DCG集『超変態ウルトラ母子』では、あの特撮ヒーローが近親相姦をします。
    超変態ウルトラ母子
    宇宙警備隊に所属していたタ○ウは敵の襲撃に会い、毒を注入されてしまう。
    救出に向かった母が見たものは、硬質のベッドに縛り付けられた息子がペニスを勃起させている姿だった。

    息子の介抱をする母は自らの手や口によって射精を手伝い、ついに3日目には息子に求められて「近親相姦」をしてしまいます。
    CGの完成度が素晴らしく、幼い頃の健全な記憶がピンク色に塗り替えられていくような楽しさがある作品ですが、「近親相姦モノ」として楽しめるかは微妙でしょうね。
    セリフが英語で書かれているので読みにくいですけど、それが逆に宇宙人のセックスを覗き見ているような感覚になりました。

    地球の女に飽きたところならオススメです!

    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索