FC2ブログ

    Entries

    母が待っていた「彼氏」

    高校生の優子が雨に濡れながら泣いている。

    「あなた一人で子供育てるって・・何考えてるの!」

    「ねぇ、聞いた? あの子、子供できたらしいよ!」
    「マジで!? 信じらんないー」

    「自分勝手にそんなこと決めて、働くこともできないのに・・・」

    「うわー大人しい顔して、やることやってんのね」

    「・・ちゃんと・・育てる・・から・・・・産みたいの・・」
    「バカ言うんじゃありません!」


    『ママごと 長谷川さんちの親子関係 二話目「母と制服」』は、以前に紹介したフルカラーCG漫画の続編です。
    おママごと 長谷川さんちの親子関係 二話目「母と制服」
    誰にも祝福されない中で彼女は寛人を産み、一人で育てた。
    時折、過去を思い出しながら涙ぐむ母を見つめる幼い息子。
    「ママ、どうして泣いてるの? どこか痛いの?」
    「・・ヒロちゃん・・・ううん、大丈夫よ」
    「パパいなくて寂しいの?」
    息子の無邪気な言葉が母の胸を抉る。
    「・・そ、そんなこと・・ないよ・・・私は・・ヒロちゃんがいれば・・・」
    「じゃあ僕がママのパパになる!」
    「・・・え?」
    「僕がママと結婚してパパになってあげる!」

    そんな言葉を息子は覚えていないでしょうが、成長した彼は「男」として母を犯し、母子の関係は大きく変わっていきます。

    (・・未だに息子とエッチをしたということに現実感がない・・・)
    (あんなにたくさん身体を重ねたのに、普通の日常と同じ生活してる・・・)
    (・・・でも、間違いなく私は息子とエッチしちゃった・・・)
    (息子の匂い)
    (ゴツゴツした腕に抱かれた感覚)
    (柔らかい唇の感触)
    (・・それと・・固くて太いおちんちんの感触・・・)
    (・・まだ、お腹の中に入ってる、感じがする・・・)

    (・・どうしよう・・ずっと母さんのことが頭から離れなくなってる・・・)
    (まだ、さっきまで触れていた母さんの唇の感触が残ってる・・・)
    (手にも・・母さんのおっぱいを触っていた感覚があるみたい・・・)

    すっかり相思相愛な母と息子。
    優子は息子が学校に行っている間に高校時代のセーラー服を見つけ、それを着てしまったところを帰宅した息子に見られてしまいます。

    「か、母さん・・その格好・・」
    「いやあああ・・見ないでぇ・・っ!」
    恥ずかしさに顔を真っ赤にする母。
    (あああぁあ、消えてなくなりたい・・!)
    「・・可愛い・・」
    (・・え?)
    動揺する母を抱きしめる少年。
    (あっ!)
    「可愛い・・すごく可愛い・・」
    「え・・っ」
    「つ、付き合ってくださいっ!」
    「えっ・・ええぇええええ!」

    セーラー服が全然違和感ないお母さん。
    息子の希望で母は制服姿のまま「コスプレ近親相姦」をするのでした。

    「ママ、さっき付き合って、て言ったでしょ?」
    「・・あっ?・・え?・・あっ、う、うん・・っ」
    「あれ・・冗談じゃなくて・・本気なんだ・・・」
    「え・・・」
    息子の言葉に母の胸の鼓動が高まる。
    「え? え? え? 付き合うって・・・ほんとに・・? 息子と付き合うって・・異性として・・ちゃんとお付き合いする・・ってこと・・?」
    「ごめん・・こんなこと急に言って・・・・こんなこといきなり言って困らせるの分かってる・・親子なのに付き合うとか・・わけわかんないし・・・母さんは・・やっぱり・・嫌・・だよね・・?」
    「・・ヒロ君・・」
    (ヒロ君・・いつもズルいよ)
    息子に口づけをする母。
    (だって、お母さんが欲しいもの・・いつも先にくれるんだもの)

    「近親相姦漫画」は「生活感」が非常に大切な要素なので「コスプレ」とは相性が悪いと思っているのですけど、セーラー服姿の優子が息子に告白されることによって、孤独だった高校時代の彼女が救われるといった構図になっているのでしょう。

    息子の精液が母の膣内に激しく注がれる。
    「ヒロ君・・ママのお願い聞いてくれる?」
    「え・・っ、な、なぁに?」
    「・・これからもママの事、ずっと「ママ」として好きでいてくれる・・? こんなお母さん・・嫌いにならない・・?」
    「・・ママ・・」
    射精を感じながら身体を震わせている母に息子が告げる。
    「当たり前だよ、ずっと好きだよ・・ママ」
    「・・ヒロちゃん・・」
    性器を繋げたまま抱き合う母子。
    「じゃあ、これからママはヒロ君の彼女なんだね」
    「・・え?」
    「ヒロちゃん・・ママ、彼氏できるの初めてだから・・よろしくね」

    (お父さん、お母さん、ごめんなさい)

    (その日から私は息子の彼女になりました)


    「母」であることは捨てずに、息子の「彼女」になった優子。
    彼女の「近親恋愛」はこうして始まったのでした。

    モラトリアム相姦

    今回も引き続きタカスギコウの最新単行本『俺の母親』の収録作品を紹介します。

    『僕が彼女に夢中な訳』の主人公である少年は、グラビアの美女にも告白してきた同級生の少女にも関心を示しません。
    僕が彼女に夢中な訳
    彼が夢中になっている“彼女”とは、もちろん実の母親なんですね。
    『残り香』や『どうしようもない母の唄』よりも若々しい感じの母はすでに息子と「禁断の関係」となっています。
    物語は帰宅した少年が母親を犯しまくるだけの内容なのですけど、イク時に必ず放尿してしまう母がエロ可愛いです。

    全裸でお互いの性器を舌で愛撫する母子。
    「そう言えば今日学校で告られたんだ」
    「えっ?・・」
    息子の言葉に母が肉棒から口を離す。
    「断っちゃったけどね」
    「どうしてっ?」
    「どうしてって、俺には母さんがいるじゃん」
    少年の指が母の秘唇を拡げる。
    「あっ・・でも・・あなたには・・ちゃんとした・・・」
    「わかってるって」
    濡れたヴァギナに挿入される息子の指先。
    「社会人になったら、ちゃんと相手見つけるって」
    「あうっ・・おぉ・・・それなら・・・いっ・・いいけどぉ・・おおっ・・・」

    本心かどうかは別として、この母は「近親愛」を一時的なものと考えているんですね。
    おそらく、そう思うことで「禁忌への意識」を抑え込んでいるのでしょう。

    バックから息子にアナルを犯されている母親。
    「ああっ、はあっ、はあっ、あっ、凄ぉい・・はっ」
    「母さん気持ちいい?」
    (社会人になったら~なんて言ったけど、正直自信ないなぁ)
    「ぎっ・・ぎもち゛いいぃ・・・」
    (俺の事何でも受け容れてくれる・・・)
    「んぎっ!」
    (こんな人、他にいるのかな?)
    「んひっ!」
    (母さんより気持ちいい人なんて・・・)
    「きひぃぃ・・ああっ! やああっ! イっちゃうぅ!」

    お母さんに夢中になってしまっている少年に感情移入しながら楽しめる、明るい「母子相姦漫画」です。


    『ママモミ!』も『僕が彼女に夢中な訳』と同じくらいの年齢の母子が登場しますが、こちらは普通の親子であり、母も子も「禁断の欲望」を抱いたことなどありませんでした。
    ママモミ!
    しかし、少年が同級生の少女達の胸のサイズの話を学友としている時に「そういや智広の母ちゃんもデカいよな?」と言われ、初めて母を「異性」として意識します。

    帰宅した少年は母親の巨乳が気になってしまい、脱衣所の巨大なブラジャーを手にしているところを母に見られてしまう。
    「あ」
    「なっ?」
    「・・・・」
    「何・・してるのよ・・・」
    気まずい沈黙の中、息子が思わず口走る。
    「オッパイ揉みたい」

    安易な「母子相姦漫画」だとこのまま「近親相姦」へ突入してしまうでしょうが、この母親は暴走する息子を涙を流しながら引っ叩きます。

    そのまま走り去る母。
    取り残された少年は自室に戻り、自分の行為を後悔する。
    「は~~~ この先どうしよ・・・」
    フラフラとベッドに倒れこむ少年。
    「やっぱり、ちゃんと謝ろう」

    「さっきは・・ゴメン・・・」
    息子の謝罪を静かに受け止める母。
    「・・・ううん、いいの。母さんの方こそ叩いたりしてゴメンね。あなたもそういう年頃だもんね」
    そして彼女は問い掛ける。

    「まだ・・触りたい? 母さんの・・・」

    「えっ?」
    母の思わぬ言葉に困惑する少年。
    「母さん考えたの・・・あなたもその内経験するんだから・・・その為の練習相手になってもいいかな・・って。それも母親の役目なのかな・・って」

    お母さん、切り替え早ッ!
    まあ、ページの都合もあるので、いつまでもグジグジしてはいられないですよね。
    もちろん息子は母の申し出をありがたく受け、当然のごとくその行為はエスカレートしていき、「近親相姦」へと至るのでした。

    母の膣内に射精をした少年が後ろから豊満な乳房を揉みしだく。
    「母さんのお陰で俺、男になれた・・・」
    「母さんも何年か振りに智広に女にされちゃった」
    「禁断の関係」となった母子が唇を重ねる。

    「智広~ 彼女出来たら、ちゃんと連れてくるのよ?」
    そう言って息子の肉棒を咥える母。
    「・・・・・」
    「んっ・・・んんっ・・」
    フェラチオの後、母が勃起したペニスを巨大な双乳で挟み込む。
    「でも、彼女が出来たら、母さん絶対ヤキモチ妬いちゃうわね」
    (初体験が母親で・・しかもこんな事までしてくれちゃったら・・・)
    亀頭に優しくキスをする母を見下ろす少年。
    (当分彼女は出来ないと思うよ・・・)

    最終的には『僕が彼女に夢中な訳』の母子と同じような関係となりますが、一度母親がきっぱりと拒絶しているのが良いですね。「禁断の快楽」を味わった後も「母親」であることを忘れてはいません。
    『僕が彼女に・・』も続編で最初の「近親相姦」を描いて貰えると嬉しいです。


    この本によって、タカスギコウはトップクラスの「母子相姦漫画家」となった感じですね。
    長編も得意な作家なので、いずれは単行本2~3冊分くらいの「長編母子相姦漫画」も描いて欲しいです。

    美しい母親は見境なく盛りのついた 只の淫乱女だった――。

    先週末にパソコンのHDDがクラッシュしてメーカー修理になってしまいました~
    RAID5で3台のHDDを入れていたんですが交換しても復活せず、最近のデータは吹っ飛んだかも知れません・・・
    やっぱりバックアップはこまめにしないとダメだなあ。
    とりあえず現在は古いノートPCを無理やり現役復帰させて書いております。(トラブル続出です・・・)


    さて、今回紹介するのはタカスギコウの最新単行本『俺の母親』。
    俺の母親
    なんともストレートで素晴らしいタイトルですねえ。
    期待通り、このブログでも紹介した『残り香』の他に多くの「母子相姦漫画」が収録されています。


    全2話の『どうしようもない母の唄』は、『残り香』と同様に庶民的な熟母が淫媚な「牝の顔」を見せます。
    どうしようもない母の唄(前編)
    父親が亡くなり、父方の祖父の家で母と一緒に暮らしていた幼い少年は、祖父によって熟れた肉体を調教される母の姿を目撃する。
    (母は俺達親子の生活の保障を得る為に、自らの体を異常な性癖を持つ祖父に差し出していた・・・)
    (優しくて綺麗な大好きな母親)
    (下品で淫らな俺の知らない母親)

    母の痴態を覗き見ながら自慰をする少年。
    祖父によって奴隷のように犯され続ける母。
    そんな異様な生活は祖父の急死によって唐突に終わりを告げます。
    どうしようもない母の唄(後編)
    (祖父という後ろ盾を失った俺達親子は親戚連中によって祖父の家から追い出された)
    (狭いアパートに居を構え、母はパートをはじめ、俺を養ってくれた)
    (生活環境はまるで変わってしまったが、俺はこの新しい生活に心躍らせていた)
    (やっと大好きな母親と二人っきりになれたのだから・・・)

    しかし、すでに肉体を淫らに調教されてしまった母は肉欲を抑えられませんでした。
    学校から帰った少年は、見知らぬ男と昼間からセックスしている母の姿を目撃してしまいます。

    (その後、母とは一切口を利かず、夜になった)
    (結局、母は男なしでは生きていけない女なのだ)
    (俺の理想だった親子水入らずの生活は早くも崩れなくなった)
    (男なら義父でもそこらのおっさんでも誰彼かまわず・・・)
    (誰でもいいのなら・・・)
    布団に寝転んでいた少年が立ち上がり、母の寝室に向う。
    (誰でもいいのなら、俺とだって・・・)

    もともと「禁断の欲望」を抱いていたであろう息子は、モラルを失った母の姿を見て「理性」を振り払い、寝ている母を全裸にして愛撫し、母が目覚めると強引に犯します。
    最初こそ拒絶の言葉を告げた母でしたが、息子がずっと前から自分をオカズにオナニーしていたことを知ると、そのまま犯され、柔肌を縄で着飾った性奴隷となるのでした。

    普段の清楚な姿とセックス時の淫らな姿のギャップが良いのだと思いますけど、特に『後編』では「普段の姿」はほとんど描かれていないので、息子が言っているように相手が誰でもいいのかなという気はしますね。
    『残り香』の母も後半は完全な淫乱女となりますが、おそらく夫が亡くなってからセックスはずっとしておらず、溜め込んでいた「性欲」が「近親愛」によって一気に解放されたという感じでした。
    まあ、『どうしようもない母の唄』の母は息子との生活を守るために調教されたという事情もあるので、簡単に比べることは出来ないですけど。


    次回は、もう少し若いお母さんが登場する他の収録作品を紹介する予定です。
    (パソコンが使えたら・・・)

    誰がために母は喘ぐ

    (受験も終わり、それまで張り詰めていた気が抜けたような時期)
    (中古で買ったアダルトDVD)
    (その中・・何気なく再生した一本に息を飲んだ)
    (目を凝らす程に鼓動が早鐘を打ち、血の気が引くのがわかった――)
    (画面上の女性の姿、それに・・声)
    (・・・だって、これは――)

    木静謙二の『僕の知らない母』(COMIC天魔2011年2月号収録)の息子は、アダルトDVDに出演している母親を見つけてしまいました。
    僕の知らない母
    こういうパターンは「母子相姦漫画」においてそれほど珍しくはないかも知れません。
    ただ、「母が実は淫乱女だった」という設定は個人的にあまり好みではないですね。
    このブログの「母子相姦漫画ベスト10(短編部門)」に入った大塚子虎の『母、岩槻さゆり』では、母がアダルトビデオに出ていることを知った息子が「近親強姦」で母親を自分の女にしますが、ラストでビデオの女優が別人であると判明しています。

    (画面の中の母は今よりもずっと若く見える――)
    (・・・それはすでに昔の光景だった)
    (そう、今から10年は前の――)

    幼い頃に父が突然失踪し、それからずっと母子家庭で育てられてきた彼。

    (「洋太は何も心配しなくていいからね」)
    (そう言って、母さんは気丈に微笑んだ)
    (今の家に落ち着いたのは中学に上がる頃)
    (・・・母さんは当時のことについて多くを語ろうとはしなかった)

    母は生活費を稼ぐためにアダルトビデオに出ていたんですね。
    そんな母の姿を見ながら8回も射精してしまった息子は、バイト代をつぎ込んで探した結果、10年前の短い期間に母が何本かの裏ビデオに出演していたことを知るのです。

    (・・・・ここからは推測でしかないけれど・・・)
    (父が失踪した後・・・残された母が頼った相手がきっと良くなかった)
    (だけど母はそういった事情や苦労をこれまで一度だって見せなかった)

    (そんな母の秘密を知った所で――)
    (これまでの生活が何か変わるわけじゃない)
    (だって、もうずっと昔のことだ)

    そう思いながらも彼はビデオを観ずにはいられません。

    (優しくて、綺麗で、厳しかった母)

    思い出の中の「母」とビデオの中の「女」がオーバーラップするように描かれているのが非常に効果的です。

    画面の中の母は以前に住んでいたアパートで犯されていた。
    『男好きするこんなカラダ、素人男じゃ満足できねえだろう? ガキのお守りにしとくにゃ勿体ねぇ』
    下から母の秘肉を突きまくっている男が豊満な乳房を揺らす彼女に下卑た笑みを向ける。
    『嫌・・っ、いやぁ・・私・・は・・っあ、せめて・・ううっ、私・・だけは・・ちゃんと母親でいたい・・の、母親・・でいたいんですっ』
    (母さんは・・母親をやめることだってできたんだ)
    (父がそうしたように、全部捨てて逃げることもできたのに)
    『母親か・・ガキに見せてやりたいもんだ。お綺麗なママのチンポ頬張ったこの面をよ」
    (だけど)
    (そばにいてくれたんだ)
    そんな母を更にバックから激しく犯し続ける男。
    『ひっう! うあっ!』
    『 調子出て来たじゃねぇかっ、もっとよがれ、もっとぉ!』
    『駄目・・っ、声・・出ちゃっあっあっあっあン!』
    『ガキに謝ってやれ! 『淫乱なママでごめんなさい』ってよぉ!』
    『うっ、あンあっ、あああッ!』
    『膣内で射精すぞ! おら! おら! マンコ締めろ!』
    『おゥんッ!! あっ、ごめんなさい・・・っふ! ご・・っめん・・な・・・さい・・・・洋太・・イク・・っ、イっ・・く!』
    (謝ったりするなよ)
    (謝ることなんかない・・・!!)
    心の中でそう告げながら彼は画面の中で絶頂を迎える母に向かって射精した。
    「母さんっ」

    「洋太、おかわりは?」
    目の前には見慣れたいつもの母。
    彼は「日常」の食卓にいた。
    「え、あ、うん」
    「最近 元気なかったけど、もう大丈夫? あんた昔っからなーんにも言わないんだもん」
    「・・・・」
    (母さんに似たんだ)
    「言ってくんなきゃわかんないじゃない?」
    (似てて良かった)
    (だから、俺も――)
    「・・・母さんこそずっと元気でいろよ」
    「えっ? え? やだ何~ 急にどしたの?」
    息子の思いがけない言葉に少し照れた顔を浮かべた後、幸せそうな笑顔でおかわりのご飯を差し出す母。
    (せめて、母さんの前では)
    (いい息子でいたいよな)


    密かにアダルトビデオに出演していた母親。
    それを観て射精した息子。
    互いに秘密を抱えたまま、母子は暮らしていきます。

    結局、この物語で「母子相姦」は発生しません。
    もし、続編が描かれたのならば間違いなく「禁断の関係」になりそうですけど、個人的にはこのままの関係でいいかなとも思いました。

    母子の深い「家族愛」が感じられる作品ですね。

    たまたま、私の運命の人がお兄ちゃんだっただけ

    今回紹介するのは、サークル遊猿堂のCGノベル『兄妹の情事事情』です。
    兄妹の情事事情
    タイトル通り兄と妹がひたすらイチャイチャエロエロする内容で、妹がキスしてくるシーンから始まり、そのまま「禁断の関係」となり、親の目を盗んで愛し合うようになります。
    ストーリー的には平凡ですが、CGの下に書かれた文章がかなり丁寧に書かれているので、兄妹の「近親愛」はしっかりと感じられると思います。
    なんと言ってもスレンダーな肢体の妹がとても可憐なのが良いですね。


    『兄妹の情事事情2』は続編となりますが、文章がCGの中に組み込まれるようになったために台詞中心の差分CGが続くようになり、ノベル色が薄くなった代わりに漫画のように読みやすくなりました。
    兄妹の情事事情2
    前回に続いてパジャマ姿や制服、私服、体操着などで兄とセックスするサービス満点の妹。
    その心情がモノローグで書かれるようになったことで、より魅力を増しています。
    兄に膣出しされ続け、「禁忌の快楽」に溺れていく自分に一抹の不安を感じながらも、(お兄ちゃんなら、大丈夫だよね)と心の中で呟いて笑顔を見せる少女が可愛い。

    ハードなエロはありませんが、かなりレベルの高い作品だと思います。

    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索