FC2ブログ

    Entries

    ナマイキで巨乳な妹を何度もアヘらせろ!

    サークルさくらぷりんの『妹発情期 ―お兄ちゃん、私もう我慢できない!―』は、「兄妹相姦」がストーリー仕立てで楽しめる「エロCG集」です。
    妹発情期 ―お兄ちゃん、私もう我慢できない!―
    差分を除いた基本CG数はあまり多くないですが、「絵」のクオリティは高く、セリフにも力が入っており、かなり楽しめます。

    登場するムチムチボディの妹は兄のペニスをあちらこちらで弄って悪戯しています。
    「あーっ、お兄ちゃんの汚いので手が汚れちゃったぁ・・・もぉサイテー」とか「お兄ちゃん余裕なさすぎ、これだからドーテーは・・・」とか「学校の女の子用のシャワー室で妹にこんな事されておちんちんがこ~んなに勃起しちゃうなんて、お兄ちゃんって本当に変態だよね」とか言って兄を小馬鹿にしていますが、もちろん本心は違うということは全国のお兄ちゃんには分かっています。
    度重なるエロ攻撃に理性がブチ切れた兄に縛られて強姦され、処女を奪われると、大好きな兄の性奴隷となってアヘ顔を晒し、膣内射精を受け続けるのです。

    気軽に「兄妹相姦」を楽しみたい方にはオススメです!

    雑誌から同人誌までの恋人

    今回紹介するのは成田香車のサークル すべすべ1kg の同人誌『9時から5時までの恋人1~3総集編』です。
    9時から5時までの恋人1~3総集編
    これは「総集編」と書いてあるように、これまで紹介したの内容をまとめたものです。
    じっくり比べてみたわけではありませんが、特に加筆修正されような感じはありませんでした。(あとがきによると、結婚指輪の描き漏れを修正したらしいですが)

    特筆すべきは、その後に「雑誌掲載バージョン」が収録されている事!!
    「同人誌バージョン」で使用されたページとかは外していますが、雑誌掲載時の雰囲気は充分に味わえます。
    この調子なら次の総集編には雑誌掲載の『9時から5時までも恋人』が収録されそうですね。
    いやあ、すごいな、成田香車。
    読者のニーズに応えつつの商売上手。感心しました。

    「雑誌掲載版」を未読の方は買って損は無いと思います。

    見た目はオヤジ、頭脳は変態、その名は・・・(3)

    同人誌『F.L.O.W.E.R』で描かれた「父娘相姦」の物語はこの三冊目で完結です。
    FLOWER 3
    (変な夢を見た)
    (俺が娘を犯す夢だ)

    (娘の尻を掴んで後ろから・・・)
    (あそこから熱い汁がジュッと出て・・・)

    (そんな事ある訳ないだろう・・・)
    (天下の名探偵が娘に手を出す訳が・・・)

    (しかし・・・なんだろう・・・)
    (この倦怠感と満足感は・・・)

    浴室に少女のすすり泣きが響く。
    そこには股間から大量の精液を垂れ流しながら震えている娘の姿があった。

    (そうか・・あれは・・・)
    (夢じゃなかったのか)

    前回 娘の尻で自慰をしていた父親は、「禁断の欲望」を抑えられずに「近親相姦」をしてしまうんですね。
    そして、父と娘の関係は決定的に変わりました。

    (あれから毎日、密かに行為は続いている)
    (私はお父さんを受け入れる道を選んだ)

    (お父さんが壊れてしまうより、あの行為を受け入れた方が楽だった・・・)

    (それよりも・・・)

    (名探偵が娘にあんな行為をしてる事が誰かに知れたら・・・)
    (知れたら・・・)

    (知られちゃいけない)
    (誰にも・・・)

    「な――んか急に大人の体になってきたよね――― ひょっとしてアイツ? アイツとぉ?」
    親友の言葉に少女の顔が赤くなる。
    「ちっ・・違うよ。違うもんっ!」
    「はいはい分かってるって」

    本当の事など言える筈もない。

    (ごめん・・ごめんね・・・)
    (ごめんね・・・)

    (私を女にしたのはお父さんなの・・・)

    父は彼氏と電話で話している娘の肉体を愛撫する。
    喘ぎ声を抑えながら彼氏と話し続ける少女。

    「今・・ンッ・・・何・・してる・・と・・思・・う・・?」
    勃起したペニスを剥き出しにした父が娘の秘裂に指を激しく突っ込む。
    「お・・父さん・・と、んふ・・お父・・さんと・・ね・・・お父さん・・と・・セッ・・ク」

    そこで彼氏との繋がりは父によって断たれ、少女は禁忌の快楽地獄へと堕ちていった。


    父娘は知らない。
    その彼氏が姿を変えて自分達のすぐ傍にいた事を。

    (俺は見ていた)

    (飛び出したい衝動を抑えて観察していたんだ)

    (そして計画する)
    (殺人計画を)

    (毛利小五郎殺人計画を・・・)


    そして、少年探偵最後の事件が始まるのでした。

    見た目はオヤジ、頭脳は変態、その名は・・・(2)

    今回はサークル こぴくら の同人誌『F.L.O.W.E.R』の「続編」を紹介します。
    FLOWER 2
    泥酔しながら娘の処女を奪った翌日の朝、父は自分の犯した罪に気づく。
    少女はそれを否定したが、涙を流しながら走り去っていった。


    (何を考えてる・・オレ・・・)
    (何もなかったことにするしかないだろう)
    (そんな事・・考えるまでもない・・・)

    静まり返った事務所で虚空を見つめる男。

    (どうしても 考えてしまう)
    (娘との行為を)

    娘の秘唇に突き刺さる自分の肉棒。

    (オレは覚えていない。酔ってて 全然覚えていないんだ)

    勃起したペニスが禁断の蜜壷の中に沈んでいく。

    (これは捏造だ。オレの脳味噌が捏造した映像だ)
    (何故目を閉じる小五郎・・・目を醒ませ。目を醒ませ)

    (・・・オレ・・覚えてる・・英理と似てるが確かに違う・・・)
    (娘の・・膣内・・熱くて・・・)

    肉棒を甘く締めつける媚肉の感触と共に、少女の言葉が頭に響く。

    「お・・父さ・・ん、だ・・め・・だよ・・・こんな・・あ・・・」

    「私達・・親子な・・んだよ・・ん・・ッ・・・」

    「あ・・あは・・あ・・・」

    「だめ・・えぇ・・・はぁぁ・・・」

    「い・・・やぁ・・・」

    「・・・お・・かぁ・・さぁ・・・あぁぁ・・・ん・・・」

    全身を支配する禁断の快感に父は激しく射精していた。

    「禁断の欲望」に目覚めてしまった父親は、入浴中の娘の尻を見ながら自慰をしてしまいます。

    「す・・すぐ終わるから・・・見るだけだから・・・そ・・そのまま・・・そのまま・・・」
    浴室に中年男の荒い息遣いが響いている。
    少女は尻を突き出した姿勢のまま動けず、裸身を震わせながら涙に濡れた瞳で父を見つめた。

    (お・・お父さん・・・お父さんが壊れちゃう・・・ッ!!)


    欲望に歪んでしまった父娘の関係。
    その結末は? 少年名探偵の活躍は?

    見た目はオヤジ、頭脳は変態、その名は・・・(1)

    前回紹介した『IORI』のように、エロパロ同人作品で「近親相姦」が描かれることは珍しくありません。
    知っているキャラクターが登場するだけに、オリジナル作品とは違った感覚で楽しめますね。
    サークル こぴくら の同人誌『F.L.O.W.E.R』では、日本で最も有名であろう少年探偵が登場する某漫画のヒロインが父親に犯されてしまいます。
    FLOWER
    酔い潰れて事務所で眠っていた父を寝室に運ぼうとした娘。
    しかし、よろけて倒れそうになった父を庇って自分が机に頭を強打してしまう。
    目を醒ました父が見たのはスカートを捲り上げて気絶している娘の姿だった。
    泥酔している彼は娘を別居している妻と間違えて愛撫し、犯そうとする。
    少女が目を開いた直後、父のペニスが処女膜を突き破った。

    泣きながら娘が制止しても父の暴走は止まらず、その膣内に射精して犯し疲れると眠ってしまいます。
    そして、立ち上がった少女は涙を流しながら股間から垂れ落ちる精液をティッシュで拭き続けるのでした。

    この物語の「続編」は次回。

    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索