FC2ブログ

    Entries

    お兄ちゃんとエッチなんかぜんぜんしたくないんだからねっ!!

    前回紹介した『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!(第3巻)』の作者である草野紅壱は、シリアステイストな「近親相姦漫画」も描いています。

    『遺恨』に登場する妹は兄と仲が良かったのですが、自慰を目撃してしまってからは毛嫌いするようになります。
    遺恨
    これが『お兄ちゃんのことなんか・・・』の奈緒だったら大喜びでしょうけどねえ。
    しかし、こちらの妹「砂奈」も内心では性的興奮を感じており、本屋でエロ本を万引きし、それを兄に知られてしまうのでした。

    そうなると、もう展開は決まっていますよね。
    妹の弱みにつけこんで、兄は「近親相姦」をしてしまうのです。
    最終的に妹の方も「禁断の肉欲」に溺れてしまうのもお約束通り。

    『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』とはぜんぜん違う、正統派の「近親エロ漫画」ですね。

    エロ兄貴がパンストにほんの出来心!!

    さて、今回は『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!(第3巻)』を紹介します。
    お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!(第3巻)
    前半は「第2巻」から続いている奈緒と彩葉の対決が行なわれるのですが、中盤以降は新キャラ近藤繭佳がメインとなります。
    表向きは真面目なクラス委員ですが、実はBL本をこよなく愛する腐女子である繭佳。
    主人公の修輔は「エロ本取り違え事件」をきっかけにそんな彼女のペットになるのでした。


    なんだかんだ言って、3人の女の子に迫られている修輔。
    しかし、彼の客観的評価は決して高くありません。

    【奈緒の友人達の会話】
    「しっかし、ドコがそんなに良いのかねえっ? 確かに面白い人ではあるけどさ――」
    「そうなんだよねっ。変わり者の奈緒ちんはともかく、土浦ちゃんもでしょ? そんなに良い男って訳でも、何か取り柄がある訳でもないし・・・」

    【遅刻が多い修輔を家まで迎えに来た繭佳を見た母親の心の言葉】
    (かっ、彼女っ!? し、修輔に彼女っ!? あの子 一生童貞だと諦めてたけど、ついに彼女っ!?)

    彼を純粋に好きだと言えるのは彩葉くらいでしょう。彼女の行動はかなり過激で異常ですが、その根底にある想いはシンプルでまっすぐだと思います。
    繭佳も修輔といいムードになっていますが、まだそれはペットに対する飼い主の愛情という感じなので、今後の展開を見てみないと何とも言えませんね。

    ただ、そんな彼女達も所詮は奈緒の引き立て役。
    彼女のねじ曲がった「変態愛パワー」には誰も勝てません。

    深夜に繭佳からの呼び出しを受けた修輔だが、家を出る時に奈緒に見つかってしまい、しどろもどろになりながら逃げるように外へと飛び出す。
    「お兄ちゃん・・・・・」
    そんな兄を心配そうに見つめる妹。
    しかし、兄の気配が完全に消えると、その口元が緩み始め、ニヤニヤとした笑みに変わっていく。
    (テンパって逃走って、小学生の頃から まるで進歩がないんだからっ・・・)
    (17歳にして なんたる見苦しさ、なんたるボキャブラリーの少なさっ、なんたるテンパリ耐性の無さっ!)

    (やっぱり、お兄ちゃんは最高だよっ!)


    次巻もこの困った兄妹の活躍が楽しみです。

    母と息子が初めて一線を越える時・・・禁断の扉が開かれる!

    母子相姦漫画好きならどうしても気になるアンソロジーが『ママンラブ 5』です。
    ママンラブ vol.5
    今回は表紙が千家カゲローになってますね。
    まあ、この作家がエースなので問題無いですけど、ICHIの絵が好きだったので少し残念です。

    メインはやはり千家カゲローの『息子の(教師の)目の前で・・・その3』。
    短いですが全ページカラーで、「禁断の愛」に溺れてまともな日常を送れなくなっていく母子の姿が描かれています。

    好みの問題もありますが全体的なレベルはやはり高いと思います。
    特に睦茸とSHIUNは千家カゲローと並ぶ3本柱という感じです。
    ただ、これらの作家の作品が前半に集中しているので、順番に読んでいくと読後感はイマイチかも知れません。

    飛び抜けた作品はありませんが、平均以上の作品が3つあったので買う価値はあったかなあと思いました。

    MなMAMAの行きつく先

    (私の名前は北沢まゆみ)
    (32歳。平凡な主婦です)
    (夫は三ヶ月前から単身赴任)
    (中学生の息子、純と二人暮らしです)

    (だけど・・・)

    (私、息子の奴隷なんです・・・)

    松任知基の『M』に登場する母親は浮気現場を息子に見られて以来、言いなりになっているのでした。
    M
    裸エプロンの状態で洗濯物を干すように命令する息子。
    そうした要求はどんどんエスカレートしていき、ついに「近親相姦」を求められてしまう。
    ほとんど抵抗できないまま犯されてしまう母。
    そんな母親を少年はベランダへと連れ出す。
    「ここでママを犯してやる!!」
    「純!! やめて!!」
    「みんなの見てる前で犯してやるんだ!!」
    息子が洗濯バサミで母の乳首を挟む。
    「僕ショックだったよ。ホテルから出て来たママを見た時。でも、もっとショックだったのは、それを口にしたらママが何でも僕の言いなりになったって事さ!!」
    (そんな・・・純がそんな風に思ってたなんて・・・)
    乳首の痛みと息子の言葉が彼女を責める。
    「くううっ!!」
    「そんなママ見たくなかった・・・知りたくなかったよ・・・」
    「純・・・」
    息子は涙を流していた。
    (母親として失格だわ・・・)
    (純の気持ちも知らないで犯されて感じてたなんて・・・)
    (主人にも言い訳のしようがないわ・・・)
    彼女は息子に尻を突き出して両手で秘唇を広げる。
    「いいわ・・・もうどうなっても・・・」
    (罪を受けるわ・・・)
    (どんな罪でも・・!!)
    「壊してっ、純っ!! ママを滅茶苦茶にしてぇっ!!」
    「ママ・・いいんだね?」
    人目に晒されたベランダで激しく交わる母と子。
    「ああっ、いいっ!! いじめて・・っ、悪いママをもっといじめてっ!!」
    彼女の淫らな喘ぎ声に多くの人達が足を止め、「禁断の行為」を見つめる。
    そんな中、息子は射精し、母親は絶頂を迎えた。

    部屋に戻った母は息子のペニスを愛しげに舐める。
    「ねぇ、純・・・」
    「何? ママ・・・」
    「もし・・パパと離婚しても・・・ママについて来てくれる・・?」
    「もちろんだよ、ママ。僕、ママの事、大好きなんだから」
    その言葉に安心したように目を閉じて勃起した肉棒に舌を這わせる母。

    (もう何もいらない)
    (幸せな家庭生活も何も)

    (この子さえいれば)

    (私は―――)

    マゾなお母さんが「近親愛」に目覚めた先にあったものは、「破滅願望」なのかも知れませんね。

    転んだ先の弟(後編)

    「やっぱいいなあ~ 那樹先輩。あの たたずまい まさしく至高の薔薇だよな~」
    少年の友人がウットリとした視線を向けている可憐な少女。
    それは、彼の姉だった。

    久水あるたの『おとうと関白』に登場するお姉ちゃんは、学校でも有名なパーフェクト美少女でした。
    おとうと関白
    しかし、弟は知っています。
    本当の姉が、グータラで甘えん坊である事を。
    家に帰れば制服もキチンと脱がないで、お菓子やら本やらを散らかしてリビングの床に寝っ転がっている姉。
    注意した弟に対してお姫様だっこで自室に連れていってと頼むくらいの甘えようです。

    そんな姉を叱りながらも、少年は今日も夕飯を作ってあげるのでした。

    「ほんと由宇は料理の天才だよね。きっと いいお嫁さんになるよ~ ああ、でも、お姉ちゃんは一人寂しく取り残されるのね~」
    ふざけ半分でそう呟く姉に背を向けていた弟が呟く。
    「お前を置いてなんかいかねーよ」
    「えっ、なんか言った?」
    「なんも言ってねーよっ!!」
    「ほんとに~」

    そんな姉弟はすでに「禁断の関係」になっていました。

    風呂場で姉のフェラチオとパイズリによって射精する弟。
    「・・・ったく、いつからあんなに上手くなったんだよ」
    浴槽に二人で入りながら少年が問う。
    「由宇に喜んでもらいたかったから・・・」
    「外で練習してんのか?」
    「そ、そんなことするわけないじゃないっ」
    「じ、冗談だよっ・・・」
    姉が裸身を弟に寄せる。
    「私、由宇以外に抱かれるなんて考えられないよ・・・」
    彼女の目には涙が滲んでいた。
    「・・・私、こう見えても学校ではしっかり者でとおってるんだ。ほんとはそんなキャラじゃないのに、なぜかそう思われてるの。みんなの期待を裏切ったら悪い気がするから一生懸命 演技してるんだけど、そういうの すごく疲れるんだよ」
    「姉ちゃん・・・」
    「私、由宇と一緒にいる時だけは本当の私でいられるんだ。勝手な考えだけどね・・・」
    立ち上がった姉弟は抱き締め合っていた。
    「情けないお姉ちゃんでごめんね・・・」
    「・・・・・」
    姉が弟の身体から離れる。
    「いつかは由宇も好きな人ができて私の前から消えちゃう。だから、それまでには強くならなきゃって思うけど。なかなか上手くいかないよね」
    そう言って彼女が悲しげに笑う。
    「・・ったく、ホント情けないやつだな、お前は。家事はできないわ、泣き虫だわ・・・」
    彼の指が姉の涙を拭う。
    「だから、ほっとけないんだよ」
    「えっ?」
    「ずっと おれのそばにいろよ 那樹」
    「由宇・・・」

    誓いの口づけを交わした姉弟は、性器を結合させて「禁断の快楽」に身を委ねるのでした。

    彼は珍しく台所に立っている姉の後ろ姿を見つけた。
    「何やってんのお前? もしかして晩の支度か?」
    「き、今日は私が作ろーかなーって、あ、あはは・・・」
    振り返った彼女が照れくさそうに微笑む。
    包丁を握っている手の指は絆創膏だらけだった。
    「あーもう、おれがやるよ」
    「いいってばっ!!」
    「じゃあ一緒にやるか。おれ ニンジン切るからジャガイモは責任もって全部やれよ」

    (そう、ふたり一緒に)

    「うんっ」

    姉は幸せそうに微笑んだ。


    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索