FC2ブログ

    Entries

    妹は美少女系漫画家!?

    妙に小忙しい今日この頃。
    気がつけばゼロの者の最新刊『シス・ブラっ2』が発売されていました。
    シス・ブラっ2
    ストーリーは以前の記事で紹介した通りで変更は何もありませんが、おまけの特別描き下ろし漫画『シス・ブラの断片』としてサブキャラのサイドストーリーが収録されています。
    『ゆあの場合』(2ページ)と『ナナの場合』(1ページ)はともかく、『店長の場合』(1ページ)は個人的に興味深かったですね。
    八重がバイトをしている店の女性店長は弟と同居しており、「第3話」での八重との会話の中で意味深な雰囲気を漂わせていました。この時点で(ああ、この姉弟やっちゃってるな)と思ったのですけど、その後の物語には全く出てこなかったのです。
    『シス・ブラの断片』では期待通りしっかりと「姉弟相姦」をしています。

    『シス・ブラっ』はストーリー的にも絵柄的にも「エロ漫画」としてのレベルが高く、ゼロの者ファンでなくても楽しめる内容であると同時に、「禁断の絆」を大切にする作者らしさも感じられました。
    『わすれな』が閉鎖的な「禁忌の関係」を描いていたのに対して、外部との接触の中で磨かれていく「兄妹恋愛」を描いた『シス・ブラっ』。
    その試み自体は面白いのですが、残念だったのは兄妹に関わってくる脇役のキャラが立っていないことですね。
    単行本の帯に「恋に、仕事に、最強ライバル登場!!」と書かれている“ナナ”ですけど、正直薄っぺらいキャラで魅力が全く感じられず、物語に緊迫感が生まれていません。
    もちろん八重がセックスしようとしたアシスタントくんも完全な脇役であり、物語の焦点は八重が自分の中の「家族愛」と「性欲」と「恋愛」をどのように区分けするのかだけに絞られているんですね。
    ナナがもっと魅力的であったのならば、八重の心に本当の嫉妬心が芽生えて激しい感情が生まれていたのでしょうけど。
    これだったら八重の親友である“ゆあ”と兄貴がセックスしてしまうような展開とか、八重が女性店長の「姉弟相姦」の秘密を知って店長の弟に犯されてしまうとかのドロドロ展開の方が好みかも。

    ただ、だから言って『シス・ブラっ』の評価が低いわけではありません。
    肝心要のヒロインがとても魅力的だからです。
    「エロ漫画家」をしていて日頃からエロい妄想をするような娘ですが、現実には男子との交際経験もなかった「非リア充」で少女のような純粋さを持っており、ルックスもスタイルも抜群で兄貴を絶対的に信頼しているという、都市伝説級に理想的な妹です。
    この物語は、そんな「理想の妹」がひたすら可愛くエロく描けていれば成功と言えるのかも知れません。
    『わすれな』の真央の「近親愛」に感じられた「狂気」も、「ハッピーエンドが好きだから」と微笑む八重には無縁なのでしょう。

    催眠で姉をいいなりにして孕ませちゃおうADV

    今回紹介するのは、サークルBlueRoseの『俺の姉がこんな妊婦になるわけがない』です。
    俺の姉がこんな妊婦になるわけがない
    タイトルが某ラノベのパロディであるのは別に良いのですが、「こんな妊婦になるわけがない」と言いながら、妊娠させているのは弟です。
    アルケーという自称天使の力を借りて、催眠で高飛車な姉を犯し続けて孕ませてしまうんですね。
    「催眠」を使えば何でもアリなので、いろいろなエッチシーンが楽しめます。
    絵も綺麗だし「催眠相姦」や「妊婦相姦」が好きな人はオススメです。
    システム的にはCG鑑賞が出来ないのが残念。

    この姉は最初から内心では弟に「近親愛」を抱いているツンデレで、催眠が解けてもラブラブエッチをするので「背徳感」はほとんどありません。
    催眠状態の姉の痴態を公衆の面前に晒したりするシーンもあまり好きではないですね。
    まあ、お姉ちゃんには散々エロいことをするのに、少し天然系でしっかり者の可愛い妹には手を出さないのが主人公の「こだわり」なのかなあ・・・

    このサークル第一弾の作品らしいので、今後も期待したいですね。

    寝ている女は姪でも犯せ

    ちょっとPCのHDDトラブルがありましたが、とりあえず復旧いたしました~
    ただ、交換したわけではないので、またダメになるかも・・・


    さて、今回紹介するサークル るまん堂の『撮影のバイトと騙した親戚JKに睡眠薬を飲ませてやりたい放題!』は、タイトル通りの「睡眠姦モノ」です。
    撮影のバイトと騙した親戚JKに睡眠薬を飲ませてやりたい放題!
    親戚の少女に「顔は撮らないから」と約束して個人撮影アルバイトの話を持ちかけ、自宅に連れ込むと、飲み物に混ぜた睡眠薬で眠らせてしまいます。
    「ちょっとエッチなモデルのバイト」を小遣い欲しさにOKしたので、まあ今時の女子高生っていう感じでしょうか。
    もちろん、まさか薬で眠らされてカラダの隅々まで撮影され、おじさんに犯されまくるとは思っていなかったでしょうけど。
    何をされても少女が無反応なのが個人的には良いと思うのですけど、これは読者によって好みが分かれるかも知れませんね。
    膣内はもちろん、口やアナルにも射精されながらも目覚めない「完全犯罪型」の「睡眠姦」です。
    しかし、目覚めた時に誤魔化し切れないと思った男は撮影画像をネタに少女を脅して「JK性処理玩具」にすることを決意するのでした。
    最終的にはバレてしまうのが、「睡眠姦モノ」としてはちょっとマイナスポイントかなあ。



    『泊まりに来たツインテール親戚JCに睡眠薬を飲ませてやりたい放題!』は、登場人物を代えた同じシチュエーションの作品です。
    泊まりに来たツインテール親戚JCに睡眠薬を飲ませてやりたい放題!
    毎年夏休みになると遊びに来る親戚の女子中学生。
    寝そべった少女のスカートが大きくめくれて、パンティに包まれた尻が無防備に晒されている。
    その姿を盗み見ながら、勃起したペニスを密かにシコる男。

    (これが去年までの俺の変態行為の限界だった・・・)

    そして、ついに「睡眠姦」を行なってしまうのですね。
    毎年遊びに来ているくらいだから、この少女は男のことを少なからず慕っていたのでしょう。
    彼との会話も親しげで、『撮影のバイトと騙した親戚JKに・・・』の少女よりもずっと可愛らしいと思います。
    男はそんな彼女の「信頼」を踏みにじり、無垢な少女の肉体を思う存分に犯しまくるのです。

    今回も「完全犯罪型」の「睡眠姦」で、目覚めた少女は下半身の違和感に気づきながらも彼を問い詰めるようなことはありません。

    (よしっ! バレてない!)

    そう確信する男でしたが、次の年から少女が遊びに来ることはなかったのでした。



    シリーズ最新作の『最近発育具合が気になる姪っ子JKに睡眠薬を飲ませてやりたい放題!』では、ちょっと生意気な姪っ子が登場します。
    最近発育具合が気になる姪っ子JKに睡眠薬を飲ませてやりたい放題!
    兄が仕事で長期出張の時に数日間預けていく一人娘の佳奈。
    叔父をエロヲタ扱いして見下してくる姪の生意気ボディを「睡眠姦」によって犯しハメ撮ります。
    個人的には、この娘が一番好みですね。男との距離感が一番良いです。
    『撮影のバイトと騙した親戚JKに・・・』の少女はちょっと関係がドライ過ぎますし、『泊まりに来たツインテール親戚JCに・・・』の少女は逆に関係が近すぎて可哀そうになってしまいました。

    男の手際もシリーズ最高で、「睡眠薬」を「ダイエット効果がある高価なコーヒー」だと言って飲ませ、自分も「性欲剤」を飲んで何度も何度も眠っている少女を凌辱し、事が終わった後もバレないように処理をしています。
    何も気づいていない少女はそれからも叔父の家に泊まりに来て、ダイエットの為に「高価なコーヒー」を飲みたがるのでした。

    ラストもこの作品が「睡眠姦モノ」としてベストかなと思います。

    このブログ的には「姪」ではなくて「妹」とかにして欲しかったですが、「恋愛感情」や「近親愛」などを絡めずに「欲望」だけをひたすら描いているのが良いのかも知れませんね。

    双つには分けられない母の「近親愛」

    サークルさんかくエプロン (山文京伝)の『山姫の実 双美子 ―過程―』は、以前に紹介した『山姫の実 双美子』の母親視点の作品です。
    山姫の実 双美子 ―過程―
    甘えん坊の次男にせがまれて密かに乳房を吸わせている母親。
    「・・お兄ちゃんには内緒よ・・?」
    そんな関係は徐々にエスカレートしていき、少年は風呂場で母の乳首を吸い立て、痛いほど勃起したペニスから精液を母の裸身に放つ。
    「双美子・・っ、双美子ぉォっ!」
    興奮した彼は母に抱きつき、その唇を奪った。
    「・・はっ、あ・・ダッ、ダメッ、あっ、俊・・則・・っ」
    しかし、彼女は息子を突き離せず、幼い舌を受け入れてしまう。
    「ボク・・兄ちゃんより父ちゃんより双美子が好きだっ、双美子をぜんぶ・・っ、全部ボクのにしたいっ! 双美子が一番だっ、だから・・双美子の一番がいいっ、双美子を、ボクだけの双美子にしたいんだよぉ!」
    再び固くなった肉棒を下腹部に押しつけながら抱きついてくる少年。
    「と・・しっ、の・・り・・っ」
    彼女はそんな息子を愛しげに抱きしめてしまった。

    もともと次男に甘かった母はストレートな求愛によって「近親愛」に目覚め、夫や長男に隠れて「近親相姦」をするようになり、息子の「女」になっていきます。
    内容的には完全に「母子相姦漫画」なのですが、兄視点の前作を読んでいるので、どうしても「母親ネトラレ」の印象が強いですね。
    次男は兄をライバル視しているので余計にそう感じるのでしょう。

    個人的には、母が息子を受け入れるまでの過程をもう少し長くして欲しかったですね。
    堕とされた後の関係は前作で描かれているので、それとは違う「母親の顔」をもっと見たかった。一度は息子をひっぱたいて拒絶するくらいはあっても良かったかも知れない。
    次男に対する「近親愛」は本物なのかも知れませんけど、「俊之なんて、も・・ずっと前から、あ・・愛してないわぁっ」って言っちゃうのが悲しいなあ。


    八百屋さんのシャッターは開かない

    今回紹介するのは、サークル華フックの『母親失格・私と息子のメス豚寝取られ復讐劇』です。
    母親失格・私と息子のメス豚寝取られ復讐劇
    以前に紹介した『母親失格・私と息子のメス豚寝取られ性教育』の続編でありますが、「母親失格シリーズ」の中心キャラだった“健太”は登場せず、健太によって「性教育」を受けた母子の「その後」が描かれています。

    母親を孕ませた息子――タカシ。
    そんな彼も八百屋を営んでいる「家」を出れば根暗で弱虫な少年であり、特に友一というワンパクな男の子に苛められていた。

    タカシはその「復讐」として友一の母親を寝取るんですね。
    かつて自分が健太にそうされたように、熟女を「メス豚」へとゆっくりと調教していきます。
    内容的には同作者の『お母さんの交尾。』に似ていますが、この作品は262Pの大ボリュームなので、明るくて快活な母親がチビメガネの少年に堕とされていく「母親ネトラレ」の過程が「母親視点」や「息子視点」も絡めてじっくりと描かれています。

    タカシに犯されながら携帯で息子と話している母――紀子。
    「お母さん、あなたの事大好きよ!!・・だから友一もお母さんのこと好きって言って!? 言ってくれたら、お母さんすぐにでも帰れる気が・・・」
    『ヤダよ! 何ってんだ!! 変なこと言わせんな!! もう切るからな! 早く帰って晩飯作ってくれ!!』
    そして、母子の通話が切れた。

    まあ、事情を知らない息子がこう言うのは当たり前ですよね。
    しかし、完堕ち寸前だった彼女の「家族愛」や「理性」は、この言葉によって崩壊してしまうのでした。


    息子が真実を知った時には既に母はタカシの「性奴隷」になっており、最後には友一がタカシに土下座します。

    「お・・お願いします。俺も・・お母さんと・・タカシ君のメス豚と、セックス・・させてください」
    その言葉を鼻で笑うタカシ。
    「ダメだよ。君だけは絶対にダメだ」
    自分の母親にペニスを咥えられ、同級生の母親に首筋を愛しげに舐められながら、少年は冷ややかに宣告した。

    タカシの「寝取り」は「復讐」なので、健太のような器のデカさはありませんね。
    結局、紀子もタカシの子を妊娠し、友一の両親は離婚してしまうのでした。

    「母親失格シリーズ」の「第4作」があるのなら、やっぱり「悪ガキ調教師」の健太が主役の方がいいかなあ。


    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索