FC2ブログ

    Entries

    母子陥落

    10月に入っても暑いんだか寒いんだか分からない毎日ですね。
    皆様お元気でしょうか?

    さて、今回紹介するのは黒岩瑪瑙の単行本『イクリプス』。
    イクリプス
    スタイルの良い美女とショタの組み合わせが得意な作家で「母子相姦漫画」もかなり描いていますが、このブログではまだきちんと紹介したことがありませんでしたね。


    『月は無慈悲な夜の女王』(全3話)に登場するヒロイン太野陽子は会社社長として働きながら母子家庭で息子を育てています。
    月は無慈悲な夜の女王
    そんな彼女の片腕となっているのが有能な秘書であり掛け替えのない親友でもある大津清美。
    大きな商談が決まった夜、祝杯で泥酔した母を息子の待つ家に清美が連れて帰ってきた。
    汗をかいた身体を拭くと言って清美が眠っている母の服を脱がし、少年は母の美しい下着姿に顔を赤らめる。
    「恥ずかしいの? 恥ずがしがることないじゃない母子(おやこ)なのに・・・でも、わかるわ。キレイだものね、陽子のカラダ・・・エッチな気分になってしまうのも無理ないわよね・・・」

    そう言って清美は母の乳房や秘裂を少年に見せつけ、「泥酔相姦」へと導いていくのでした。
    少年が眠っている母親を犯して膣内射精までしてしまう展開は良いのですが、その後で清美に誘われてアナルセックスするのは個人的には必要なかったですね。
    「中編」や「後編」でも「母子相姦」は描かれているのですけど、「夜の女王」の顔を持つ清美の存在が大きかったです。
    ちなみに本のタイトルにもなっている『イクリプス』にもちょろっと出演しています。


    『母子善哉』はエロ本に興味を持ち始めた思春期の息子に母親が自慰の仕方を教えているうちに「近親相姦」をしてしまうというストーリー。
    母子善哉
    マスターベーションを手伝ってくれたお礼として息子の舌でイカされてしまった美母。
    「母さん・・ぼく・・・」
    少年は勃起したペニスを母の濡れたヴァギナに埋めていく。
    「!! ケンタッ! だめよ・・ッ、それだけは・・ッ!」
    (と・・止めないと・・ダメ・・声が・・・)
    「へ・・へあ・・」
    (からだに・・力が・・はいらな・・)
    「いッッ!!」
    息子の肉棒が母の膣内の奥まで突き入れられる。
    (たった一突き・・)
    (たった一突きで私の全てが打ち砕かれました)
    (大人の女の余裕も)
    (母親の威厳も・・・)
    「ああ・・母さん・・母さん・・ッ、ああ・・これが・・母さんのなか・・やわらかくて・・あったかくて・・・ちんちん・・ッ、トロけちゃいそうだよ・・ッ!」
    「・・・・・」
    恍惚とした表情の息子を荒い息をしながら見つめる母。
    (最後の一線を突破されてしまった私には・・・)
    (もはや取り繕うべき体裁も建前もありませんでした)
    「ケンタ・・・」
    性器を繋げたまま全裸の母が上半身を起こし、息子の顔を豊満な乳房に抱く。
    「こんな事・・いけない事なのに・・悪い子よ・・とっても悪い子・・・でも・・私も悪い母親ね・・だから・・罰して! 悪い母さんを罰して!」
    そう叫んで母が腰を淫らに振りたくる。
    (血をわけた肉体同士の交わりがもたらす暴力的なまでに甘美な快楽に・・・)
    (私達はただ獣欲の赴くままにお互いを貪り合いました)
    「罰するだなんてそんな・・母さんは悪くないよ・・ッ!」
    「ああっ、ケンタッ」
    「それにしても・・ふしぎだ・・はじめてなのに・・はじめてじゃないような・・・」
    「ケンタ・・・」
    交じり合いながら唇を重ねる母子。
    (そうよ・・)
    (はじめてじゃないわ・・・)
    (だってあなたは・・・)
    母の膣内に激しく注がれる息子の精液。
    「はあ・・ッ、ああッッ!!!」
    (ここから生まれてきたのだから・・・ッ!!)

    ヒネリなしの王道ストーリーですけど、やはり「近親相姦漫画」は「第三者」がいない方がいいなあと思いました。

    諸事情で局部のモザイクが大きくなっていますが、そんなに気にはなりませんでした。
    特にパイパンの設定も無いのに陰毛ゼロのツルツル熟女が登場する作品よりは全然マシですね。
    個人的には『母子善哉』のお母さんにさりげなく腋毛があったのがポイント高かったです。


    父親失格

    サークル華フックのCG漫画『母親失格・エリート親子のM豚寝取られ転落人生 エピローグ母娘編』は、以前に紹介した『母親失格・エリート親子のM豚寝取られ転落人生』の続編です。
    母親失格・エリート親子のM豚寝取られ転落人生 エピローグ母娘編.
    前作で優等生の小学生だった学は同級生の悪ガキ調教師健太にエリートママの明美を寝取られてしまいますが、親子で「母子相姦ビデオ」を撮ってその売り上げを健太に貢ぐという条件で母親と「夫婦」として暮らすようになり、美穂という可愛い娘を授かります。
    ラストではいよいよ学が美穂も犯して「父娘相姦ビデオ」を撮ろうとするところで終わるのですけど、続きとなる今作ではその調教開始の日に健太が家を訪れるのでした。

    突然現われた健太に驚く学。
    「け・・健太様!? ど・・どうしてここに!? 入金はしてるはずじゃ!!」
    「私が呼んだのよ」
    「・・!?」
    それまで「妻」であり「メス豚奴隷」であった母の言葉に息子が振り返り、その肩を掴む。
    「何でだよ!!」
    「あなたも言ったじゃない。今日から娘の調教を始めるって」
    「ま・・まさか」
    「そうよ」
    メガネを外した明美が健太に寄り添う。
    「私たち家族は健太様の性奴隷でしょ!!」

    息子とずっと夫婦生活をしながらも明美の本当の「御主人様」は健太だったんですね。
    100Pのボリュームの大作ですが、その内容のほとんどが健太による「母娘調教」となっています。
    学も一度だけ美穂と「近親相姦」をしていますけど、お父さんが大好きだった健気で無垢な娘は調教によって完全に変わってしまい、完全に健太の虜になってしまうのです。

    正直、今回は「ネトラレ色」が強すぎて個人的には楽しめませんでした。
    成長した健太は子供の頃のような余裕がなくなってひたすらに学をいたぶっているし、明美は完全に色欲に狂った馬鹿女だし、主人公の健太も冒頭で娘を「メス豚」に出来ることを想像してニタリと笑うゲス男だし。どいつもこいつもクズばかりです。
    それに対して美穂は本当に愛らしい少女なのですけど、ずいぶんと早い段階で健太の調教に感じてしまうのが少し残念でした。
    まあ、全く救いのないラストというのは「ネトラレ漫画」としては最高の結末なのかも知れませんけど、「母子相姦」や「父娘相姦」が好きな人は覚悟して読んで下さい。


    背徳!!!

    艶々の単行本『たとえば母がExtra黒』には前回紹介した『赤』と同様に『たとえば母が』の「番外編」が収録されていますが、こちらは商業誌で発表された作品集となっています。
    たとえば母がExtra黒
    『赤』の時のように『たと母』と無関係な作品はなく、個人的には未読の作品もあったので楽しめましたが、こちらの本にも描き下ろしのショート漫画を載せて欲しかったですね。


    『プライベートビデオ』は本編後のマコトが美晴との蜜月時代にプライベートエロビデオを撮った思い出を振り返る作品です。
    プライベートビデオ
    美晴の乱れた姿を見ることができますが、まあ個人的には興味無いストーリーでした。
    マコトくんは相変わらず『番外編』に登場した食堂のおばさんと不倫の関係にあるようです。


    『たとえば母が35+』は本編でマサキが初めて美晴と「目隠し相姦」をした『第35話』の内容を膨らませたものです。
    たとえば母が35+
    「母子相姦」が描かれているので読む価値はありますが、『第35話』を初めて読んだ時の(ついに母子が結ばれた!)というタイムリーな興奮は蘇りませんでした。
    やっぱり榊が邪魔ですね~


    『峰子抄』は本編の終盤で活躍した峰子(榊の妻)が夫の逮捕後にちょっとマサキ似の青年と一夜限りの交わりをする話。
    峰子抄
    色事に長けた峰子が「大人の女」の風格を見せる物語ですね。
    彼女はこうして時々寂しさを紛らわせながら榊を待ち続けるのでしょう。


    『家政婦ミツコの大冒険』はこのブログでも紹介したように『家政婦のミツコさん』とのコラボ作品です。
    気楽に楽しみながら母子の「夫婦生活」を知ることができます。


    『なつやすみ』も「夫婦」となったマサキと美晴の物語ですが、マサキの同僚ОLが20歳くらい離れたオバさん妻からのマサキ略奪を目論みます。(と言ってもコメディのノリですが)
    なつやすみ
    そんな彼女に対して美晴がナイスバディの水着姿を浜辺で見せつけるんですね。
    しかし、家に帰った母がマサキの要望で着た水着を恥ずかしがったり、マサキが若いОLにもてていることに嫉妬したりするのが可愛いです。

    「まーね、いつかそりゃさ、いつかマサキが若い女の子に惹かれる様になったら・・それはそれで母さん仕方ないかなって思うけど・・・」
    家の近くにある海から戻った美晴が浴室で水着を脱ぎながら寂しげに呟く。
    「先のこと保証できるほど自信家ではないけど」
    マサキが後ろから母の豊かな乳房を揉みしだく。
    「若いからとか姿形がどうとかより、美晴(かあさん)だからいいんだからね――――俺」
    「あっ」

    その後は母子で激しく交わり合って「近親愛」を確かめ合うのですが、注目すべきはその時の美晴がパイパンであったこと。マサキの嗜好に合わせて永久脱毛したそうです。
    『赤』の中のコメントで艶々はつるつる方面に萌えるようになり「いい年した女が剃毛しているというアンバランスが好き」と述べています。
    個人的な好みでは「熟女には陰毛が不可欠」であり、腋毛があるくらいの方が興奮するのですけど、まあ美晴の場合はずっと陰毛を見せてきたので剃った姿も新鮮味があったかな。


    『たとえば母がEX』は娘を保育園に預けてドライブ中の母子が青空の下で開放的なセックスをするというだけの内容ですが、美晴の眼鏡顔やマサキの子供っぽい姿が見られるのが良いですね。
    野外で素っ裸になって草むらを駆けながら「私バカみたーい」と巨乳を揺らしてはしゃぐ美晴もエロ可愛かった。
    ただ、雑誌掲載時に気になった“マサキが美晴を一度も「母さん」と呼ばない”という点は単行本収録時に修正して欲しかったです。


    『たとえば母がZERO(前編・後編)』は夫と別れた美晴が榊と出会って「牝」として調教されていくまでを描いたストーリーですね。
    雑誌掲載版では(母である事すら全て忘れ、ただただ、女である悦びに浸っていた・・・)という美晴のモノローグで終わりますが、単行本版ではその後に母を信じて待ち続ける幼いマサキの笑顔が描かれています。


    これで『たと母』も本当に終わりですかね~
    もう「実写版AV」もやったし。
    あとあるとしたら、「アニメ」かなあ・・・

    禁断!!!

    今回紹介するのは艶々の単行本『たとえば母がExtra赤』です。
    たとえば母がExtra赤
    長編母子相姦漫画『たとえば母が』の「番外編」を纏めた本ですね。
    当初は一冊の予定でしたが作品数が多かったので『赤』と『黒』の二冊となったようです。
    ただ二冊分までの量はなかったため、『お隣さんからデリバリー』や『マスオさんのおしごと』や『みずあそび』という『たと母』と無関係な作品もあります。(もちろん、このブログではスルーです)

    『赤』は同人誌で発表された「番外編」が収録されており、全て既読でしたが美晴のカラーイラストや描き下ろしの『たとえばことみが』があったので購入しました。


    『たとえば母が 蜜月』は同人誌『眼鏡女と公衆便所』に収録されていた作品ですね。
    まだ物語が前半のマコトとラブラブになり始めの頃の話で、ドライブ帰りの公衆便所でセックスをするという展開です。
    マサキに感情移入していた自分にとっては素直に楽しめない内容でしたが、美晴の眼鏡顔がいいですね。


    『たとえば母が28+』は本編28話~29話の間の物語で、美晴が榊に調教される様子が描かれています。
    こちらも内容的には好みではありませんけど、「同人誌版」は比較的セックスシーンが本編よりもハードになっているので、榊の性技によって美晴が堕ちていく絶望的状況をより実感することができます。


    『たとえば母が49+』は本編49話を更に深く描いた物語です。
    内容的には本編を読んでいれば十分ですが、榊から母親を寝取り返したマサキと美晴の「近親相姦」が描かれているので読む価値はありました。


    『たとえば母がAfter』では本編の最終回で描かれていなかった「空白の期間」を知ることができます。

    風呂場で息子の身体を洗いながら「まるでお殿様ね」と微笑み、手を繋いで夜道を歩きながら星空を見上げ、「もし・・サカキが本当に母さんを“愛してる”って言ったら・・・どうだった?」と聞かれれば「あの人のもとへ・・行ってたかもしれない・・・」と答え、団地の入口で全裸にされて犯されながら「あなただけのオマ○コですッ・・お尻の穴もっお口もっ、マサキのチ○ポのためのッ」と叫び、「あなたの赤ちゃん・・欲しいわっ、だから・・たくさん・・たくさんちょうだいっ」と泣きながら哀願して膣内射精され、「今度の町では、二人は夫婦だって言おう」と告げられると幸せそうな笑みを浮かべる美晴。
    「ん・・外ではちゃんと美晴って呼ぶのよ・・・――あなた」

    「母子」であり、「恋人」であり、「夫婦」であり、「牡と牝」である二人の関係性が伝わってくる物語で、『たと母』のファンなら必読の作品だと思います。


    『たとえばことみが』はギャグ調の4ページ漫画で、特筆すべき点は何もありませんが、ことみが幼稚園児になっても美晴が全然老けてない、というかストレートヘアでむしろ若返っているのが驚異的ですね。
    まあ、二人が幸せそうなので、これはこれで良いのですけど、もうひとつエロエロな「描き下ろし」も描いて欲しかったなあ。


    『黒』については次回。


    母よ今夜もありがとう

    「夜ふかししないで寝なさいよ」
    風呂上がりの母がコップに飲み物を注ぎながら息子に告げる。
    「うん」
    パジャマに包まれた母の熟れたカラダを舐めるように横目で眺めながら答える少年。
    「おやすみ母さん」
    「おやすみ」
    今日も母は何も知らずに「ソレ」を飲んだ。

    (すぐ行くからベッドで待っててよ、母さん)

    みやびつづるの同人誌『眠り母2』はこのブログの「母子相姦漫画ベスト10」にもランクインした「睡眠母子相姦漫画」の傑作『眠り母』の続編です。
    眠り母2
    息子がネットで仕入れた怪しげなクスリを母に盛って「睡眠近親調教」をするという内容ですね。
    ちょっと母子が前作よりも若く描かれているような感じがします。

    暗く静まり返った夫婦の寝室で息子によってパジャマを脱がされ豊満な乳房や股間の秘裂を愛撫される母。
    (母さんいつもより感じてる・・・)
    (新しいクスリの催淫効果と催眠作用すごいな)
    (父さんは強力睡眠薬で朝までグッスリだし)
    (今夜もいっぱい愛し合おうね、かあさん)

    母親は何をしても絶対に起きませんが「催淫効果」もあるクスリなので息子の愛撫には敏感に反応し、目に涙を溜めて「イクっ、イクぅぅっ」と叫びながら腰を震わせて絶頂を迎えたりします。
    前作『眠り母』での説明によれば、混迷状態で意識が朦朧としているので翌日には「夢」を見たように全て忘れているという実に都合の良い効能になっていますね。
    「睡眠姦モノ」としては眠っている女性が無反応の方がリアル感がありますが、みやびつづるが描くのであればやっぱり「反応有りまくり」の方が正解なんでしょう。

    隣のベッドで父親が眠る寝室で母親を犯し、膣内に射精する少年。
    (くううッ、子宮まで届け息子(おれ)の精子ッ)
    (孕んで)
    (孕んで、お母さんっ)
    乳首を勃たせて裸身を痙攣させている母の唇を息子が貪る。
    「はふ、んふぅ・・・」
    (目の前のオンナ(母親)を孕ませたい・・っ)
    (息子(おれ)のちんぽに夢中にさせたいっ)
    そして少年は眠っている母親を徹底的に犯し続けるのだった。

    前作は最初だけでしたけど、今作では最初と最後に「日常」の母との会話シーンがあるのが良いですね。
    「エアコンのフィルタ掃除してって言ったでしょ、もうっ」と怒られ、ちょっとイラついた息子は携帯画面に映った母の淫らな姿を眺めながら(今日の夜はお仕置きだよ、母さん)と心の中で宣告するのでした。

    あとがきによれば「『眠り母3』は未定ですが、下描きだけはたくさんあります」ということなので、
    絶対に描いて下さい!
    最優先事項です!!!


    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索