FC2ブログ

    Entries

    妹に溺れる

    (自分の気持ちを隠していたつもりはなかった)
    (ただ気づかなかった・・・)
    (まさか酒の勢いで小学四年の実の妹、心優しい弥子(みつこ)を犯してしまうなんて・・・・・)
    (真実を知った時、全てが遅すぎて)
    (自分にできるのは一つだけだったんだ)

    いくさりゅうじの『君のとなり』(単行本『サカリザカリ ―盛りざかり―』に収録)はそんな妹が中学生になった三年後の物語です。
    君のとなり
    親が共働きで弥子が赤ん坊の時から成長を一番に見てきた年の離れた兄。
    中学に入ってからすぐに体調不良を理由に休み続けて一ヶ月程自室に篭っている妹を心配しながらも彼は頼まれた物を買ってきてあげて、「ケガしてるとこ濡らしたくないの、だから優斗がして」と言われれば一緒に浴室に入り、「タオルはイヤ」という言葉に従って素手によって性器を含めた妹の未成熟なカラダの隅々まで洗う。
    「ねぇ、今の彼女とうまくいってるの?」
    兄の手によって小さく膨らんだ乳房を揉み洗いされながら問う少女。
    「え? どうして・・・」
    「だって、いろいろ女性と付き合ってはすぐに別れて、記憶なくなるまでヤケ酒してさぁ」
    「そうだった。いつも迷惑かけたスマン・・・」
    兄の指で秘裂の中まで洗われた妹が湯船に歩き出す。
    「明日、優斗のお仕事休みで何も予定ないでしょ?」
    「え?」
    「今の彼女ともう連絡取ってないの知ってるんだから」

    このお兄ちゃんは酒癖が悪くて失恋すると記憶がなくなるまで泥酔するんですね。
    まあ、それが冒頭に書かれた「三年前の事件」に繋がっているわけです。
    ただ、普段の彼は親代わりとして成長を見守ってきた妹に対して激甘で、「だからデートしよ、そしたら学校行ってあげる」と言われれば決して断らないのです。
    そんな彼はデートの途中の試着室で妹にフェラチオされたりするのですけど、それよりも衝撃的だったのは最近連絡が途絶えていた彼女からのメールでした。
    そのメールに添付されている画像は、幼い弥子を犯している自分の姿だったのです。

    「一ヵ月セックスしてないとこんなに濃いんだね、優斗の精子」
    試着室で兄の精液を飲み干した妹が肉棒から口を離して告げる。
    (そう、このデートは、一ヵ月前にした彼女とのデートと同じだった)

    「今日は楽しかった~~優斗も楽しかったでしょ」
    「弥子・・・聞きたいことあるんだけど・・・」
    兄妹のデートが終わり家の前まで帰ってくると、彼は携帯の画面を見せた。
    「・・ああ、それ見たんだ・・・・」
    動揺の色も見せずに少女が淡々と告げる。
    「私はただ今までの彼女に送りつけただけ。私と優斗の真実の関係をね」

    小学四年の時に弥子は酔った兄によって処女を奪われますが、兄はそれを覚えておらず、その後も彼女と別れるたびに酒を飲んでは妹を犯していました。
    そんなバカなという感じですけど、酒飲みってこういう「自分に都合の良い記憶喪失」がありがちなような気もしますね。
    普段は「優しい兄」である彼は泥酔した時だけ「禁断の欲望」を解放していたのです。

    「そんなのに慣れた時、優斗と彼女のデートを見たの。楽しそうにしてもどうせ別れるのに、私のところに優斗は戻ってくるのにって・・・」
    (――いっそ、それなら関係を晒してさっさと別れさせよう)と考えた少女。
    「いけないことしてるってわかっていたけど止められなくて・・・別れたら優斗は強く私を抱いてくれるからこれでいいと思ったの」
    「今までずっと・・・」
    「罪は償っているつもりだよ。今までの彼女の数だけ・・・だから」
    妹は手首に巻かれた白い包帯を見せる。
    「私は幸せになっていいんだよね」

    やっと「真実」に気づいた兄はそれを受け入れることを決意し、弥子の目の前で彼女に電話して「あなたと妹の関係を見ていろいろ考えて・・・それでも私はあなたが好きで! だからね、これからも私と―――」と言ってくれた相手に「悪い、もう弥子を離したくない!!」と宣言します。
    携帯が繋がったままセックスをする優斗と弥子。
    電話の向こうで「兄妹でそんなこと許されるわけないじゃない!!」と叫ぶ彼女に妹は「私、優斗の子妊娠してるの」と告げるのでした。

    (そう・・・)
    (幸せはある)
    車で学校まで妹を送ってあげた兄。
    「弥子ちゃん久しぶり、体調よくなったんだ」
    「うん」
    学校の友達と話しながら校門へと歩いていく妹の背中に彼は手を振る。
    (二人一緒だから見つけられる幸せ)

    「ねぇねぇ、あのカッコイイ人誰? お兄さん? いいな~~」
    「そうかなぁ」
    振り返って少女が兄を見つめる。
    「浅ましい人だよ」

    最後の辛辣な言葉と裏腹な妹の表情がとても印象的です。
    同じ単行本に収録されていた「父娘相姦漫画」の『自由研究もラクじゃない!』は特に語る必要もないおバカな内容でしたが、『君のとなり』のような作品が描けるのですから今後も期待したいですね。

    お父さんがわからない 娘はもっとわからない

    関谷あさみの単行本『千と万』(第1巻)は「父子家庭」の父親と娘の物語です。
    千と万(第1巻)
    この作者は同人誌で「父娘相姦」を描いていますが、『千と万』は健全な「一般漫画」であり、「近親愛」はもちろんベタベタした「家族愛」も描かれていません。
    娘の詩万は中学一年生という非常に微妙な年頃で、子供らしい無垢さが失われつつある一方で大人のような思慮深さは持ち合わせていない、まあ父親にとっては扱いがとても難しい存在なんですね。
    TVのトーク番組で「童貞」や「処女紛失」というフレーズが出てくる下ネタにウケている娘を見て動揺する父。
    叔母さんが買ってきてくれたドーナッツに妙にはしゃぎながらガサツな食べ方をした父にイラついて睨みつけて舌打ちする娘。
    物語はそんな父娘の心のちょっとギクシャクした触れ合いがさらりと描かれています。

    「こんなの育ててさ・・・・将来農家のヨメにでもなるの?」
    ベランダでガーデニングをしている娘に父が問う。
    「えーないよ、ただのシュミだもん。てか私結婚しないと思う」

    可愛い娘に「結婚しない」とか言われると父親としたら嬉しいかも知れませんけど、詩万は続けて「めんどくさそうだもん!」と表情を変えずに言い放ち、父もそんな言葉を聞きながら(そういう事言う奴は大抵さっさと所帯持ってくんだよ・・・)とぼんやりと考えているのでした。

    基本的に「良い子」なんだけど父親に対しては小生意気な面を見せる詩万が可愛いです。
    友達の母子関係に対する心情などは女性作家ならではの視点からの描き方のような気がしました。
    初めてピザを電話注文する時にあたふたした姿も微笑ましかったです。

    しかし、個人的に詩万と同じくらい気になった女性キャラがいます。
    それは少女の「叔母」であり、父の「妹」である那由です!
    千と万(第10話)
    詩万が幼い頃に母親代わりとして面倒見ていたこともあるらしく今でも仲良しの優しい叔母さんであり、父の千広の視点で見るとまさに理想の「妹」なんですね。登場シーンは少ないのですけど、兄妹の会話の場面はとても心地良いです。
    まあ、この作品で父娘や兄妹の「近親愛」が描かれることは無いでしょうが、ついつい(兄妹で夫婦のように暮らしながら詩万を育てればいいのに)とか妄想してしまいます。

    父の日の前に兄には内緒で姪におこづかいをあげる那由。
    「何か買うでしょ? これ使って・・ね!」と叔母に言われ「ありがとー! そうするね!」と答える詩万。
    しかし、少女はその「何か」が「父の日のプレゼント」であることを理解しておらず、後日「そーいや、もうすぐだね。詩万ちゃんは何か買った?」と友人に言われると思いっきり面倒くさそうな顔で「あ――・・あげなきゃだめかな?」と言う。

    確かに父親へのプレゼントって難しいんですよね。
    それでもなんだかんだでプレゼントをする娘と父の対応も面白いです。


    「エロ」とは全く無縁そうな「父娘物語」ですけど、「近親相姦漫画」の合間にこういう作品を読んで少し心を清めるのも良いかも知れませんね~


    健全な親子を襲う恐怖の調教 それは母と息子の強制セックス!!

    『華フック・原作 近親凌辱長編!!母親失格 私と息子のメス豚寝取られ性教育 翔田千里』はCG漫画『母親失格・私と息子のメス豚寝取られ性教育』の「実写版」です。
    華フック・原作 近親凌辱長編!!母親失格 私と息子のメス豚寝取られ性教育 翔田千里
    この「熟れコミ」というシリーズでは以前に紹介した『たとえば母が』の他にも中華なるとや風船クラブなどの作品もAV化されていますが、今回は同人作品である『母親失格』が原作となっています。

    内容は原作と同じ流れで、途中で何度か漫画のシーンが実写と対比するように挿入されているので原作が好きだった人なら楽しめると思います。
    さすがに漫画のような熟女と小学生の体格差は見られませんけど、少年二人もそれらしい男優を使っていますし、女優も(好みの問題はありますが)問題ないでしょう。
    まあ、この物語は『たと母』のようなドラマ性はありませんし、終盤で「近親相姦」をするといっても肉欲に狂った母に「親子愛」や「近親愛」を感じることはありません。
    エロければそれでいいという作品ですね。
    原作と違ったのは熟母が服従の証としての「鼻フック」をしなかったこと。
    これは「メス豚」に堕ちることの象徴であり、ペンネームを見ても分かるように作者もこだわっている部分だと思いますが、特に実写の鼻フックなんて醜いだけですからねぇ。
    女優に拒否されたのか監督の判断なのか分かりませんけど、これで良かったと思います。


    さて、原作の『母親失格』のシリーズは『エリート親子のM豚寝取られ転落人生 エピローグ母娘編』でちょっと残念な終わり方をしましたが、また新たに『調教師・ミソギの仕事』というシリーズが始まりました。
    調教師・ミソギの仕事 その1 とある母子の強制近親相姦
    父親が突然蒸発したために貧しい暮らしをしながらもお互いに助け合って幸せな生活を送っていた母と息子。
    『その1 とある母子の強制近親相姦』では、父が作った莫大な借金の取立てに来た「調教師」のミソギによって純朴な母子が強制的に「母子相姦ビデオ」を撮られるのです。
    「近親相姦」のビデオで金を稼ぐという発想は『エリート親子のM豚・・』と同じ発想ですね。
    プロであるミソギの調教はムチを使ったりして『母親失格』の健太よりも本格的ですけど、決して自分はセックスに参加せずに「母子相姦」を撮るカメラマンに徹しているのが良いです。
    今回の「鼻フック」は母親だけでなく、女装っぽい格好をさせられたショタの息子も対象となっています。
    「豚」となった母子は「理性」を捨て去って欲望のままに膣内射精をして狂ったように交尾し続けるのでした。

    今後もミソギの調教目的が「強制近親相姦」ならば、大いに期待できるシリーズになりそうですね。


    血のつながりよ サヨウナラ・・!!

    最近は低年齢ヒロインの作品を続けて紹介してきたので、今回は「熟母モノ」にしましょう。

    「見えてきた」
    「へぇ~なかなかいい雰囲気の旅館じゃない」
    (どういう風の吹き回しか息子たちが温泉に連れてきてくれた)
    (少しは親の有り難みが分かってきたってことかしら)

    草津てるにょの『メス・ママ』(雑誌『COMIC X-EROS』第10号に収録)では二人の少年が母親たちを連れて温泉旅館にやってきています。
    メス・ママ
    母子二組の温泉旅行というと以前に紹介した『交換息子5』を思い出しますね。
    こちらの息子たちはショタではありませんけど、やはり友人の母親と関係を持っています。
    引きこもりだった祐也を友人の京介が部屋から連れ出すようになり、そんな京介に感謝していた祐也の母(志保梨)は彼と肉体関係を持つようになって、祐也の社会復帰に協力していた京介の母(真奈美)もなんだかんだで祐也とセックスをしていました。
    そんな「交換息子状態」の母子たちは旅館でも当然のごとく淫らに交じり合い、母親たちはすぐ隣に息子がいる状況でも犯されます。

    と、まあ、ここまでは「友人の母モノ」なわけですが、最後に彼女たちは目隠しをさせられるのです。

    「ちょっと・・これどういう趣味?」
    「いいじゃん、一回やって見たかったんだよなあ?」
    「うん・・・」
    黒い布で視界を奪われた全裸の熟母たちが並んで座って勃起したペニスを咥える。
    (・・やべえ)
    (目が見えないってだけで、結構わからないもんだな)
    (ああ・・マジで母さんが俺のをフェラしちゃってる)
    そして牝母たちはバックから犯されて美しい巨乳を艶かしく揺らす。
    「はあっ」
    「あっ、激しい」
    「ああっ、いいっ」
    「いいのかよ、母さん」
    「やあっ・・言わないで」
    「すごっ・・激しい」
    「「くっ・・イクぞ、オラ」」
    「ああっ」
    少年たちは甘い喘ぎ声を上げる母の膣内に射精した。

    (やべえ・・意外と出来るもんだな)

    ホントに最後の最後だけですけど、実の母子の「目隠し相姦」が描かれているんですね。
    やはり息子たちは美しい実母とセックスしたいと思っていたのでしょう。
    自分のイメージだと草津てるにょは「母子相姦漫画を描きそうで描かない漫画家」だったので嬉しかったです。
    「熟女漫画家」としては超一流ですから、これを機に「本格母子相姦漫画」を描いてくれたらなあ。

    「このロリがいいね」とナニが勃ったから(後編)

    さらだの『もっと知りたい2』(雑誌『COMIC LO』2011年10月号に収録)は前回紹介した『もっと知りたい』の続編です。
    もっと知りたい2
    (――夕暮れの薄暗い路地裏 そこが――)
    (――姪が半ば強引に初めての性交をすることになった場所――)
    (――そんな異常な経験の後も――)
    (――姪は春休みの宿題をすませたかのようにケロリとしたふうだった――)

    そんな少女に彼はこれからもセックスで遊ぼうと提案する。
    (姪が何を思っていたのかはわからない)
    (ただこっちの頭の中は)
    (ついにキメた小4の肉体(カラダ)、このチャンスを手放したくないという思いで必死だった)
    「これから金曜日はさ、二人でセックス遊ぶ秘密の日にしない?」
    「え゛ー セックスぅ? マジで痛いんだけど・・・」

    結局、欲望を笑顔で隠した彼の説得によって紗英は「・・・――火曜日なら、大丈夫かな」と答え、毎週火曜日の予定でとりあえず10回はセックスを試してみることになります。
    セックスに対する好奇心を見せずに主導権を握る子供と、「万引き」をネタに脅すことはせずにあえて主導権を渡して責任の所在を曖昧にする大人。
    このシーンの叔父と姪の駆け引きも面白いです。

    約束通り少女は毎週火曜日の学校帰りに叔父の家を訪れて少しずつ未成熟な膣口を拡げられ、約束の10回の半分を過ぎた頃にはペニスを抵抗なく受け入れられるようになり、8回目にはフェラチオを覚え始め、二週間ぶりとなった9回目には児童(コドモ)の膣肉の感触に我慢しきれなかった叔父に4回連続でコンドーム越しに射精された。

    そして10回目となりますが少女の好奇心はもう加速しており、「まだまだ気持ちいいこといっぱいあるよ――もっと知りたくない?――」と聞かれれば「――あ、知りたいかも」と答えるのでした。

    小4の姪っ子に「誕生日プレゼント」として膣出し射精をさせて貰うことになった青年。
    「一応 大丈夫だよね?――生理まだだし」
    「くーっ、生 気持ちいい、大丈夫! 大丈夫! 責任取るからぜんぶ取るから」
    無責任な言葉を吐きながら、貪るように叔父が姪の唇を奪う。
    「安心して受精していいからネ」
    幼いヴァギナに出し入れされる大人のペニス。
    「あ゛ぁ、でも、女のコはいいなぁ。この間までオギャーオギャー泣いていたあの赤ん坊が、たった10年でこうしてセックスの相手してくれるうえに、オ○ンコに種付けまでさせてくれるんだから」
    腰を振りたくりながら彼は「禁断の快楽」に酔いしれる。
    「ほんと義姉さん、いいコ産んでくれたよ」

    犯している少女の赤ん坊の頃も知っているというのが普通の「ロリ姦」とは違うところですね。
    彼と同じように自分も10歳の姪っ子がいるので、その成長の早さに驚かされています。(でも、さすがに欲情はしないですね~)

    その後も彼らは「近親相姦」を続けていきますが、そこに「近親愛」は感じられません。
    まあ、「欲望」と「好奇心」だけで結ばれた叔父と姪の肉体関係というのは、ある意味リアルな「禁忌」なのかも知れませんね。


    来年にはこの作者の単行本『しょうびっち』が発売予定です。
    この作品以外にも義理の妹とセックスする『その日から』や、実の妹とセックスする『うちの妹』も収録されるようなので「ビッチロリ」に興味がある方にはオススメです。
    「1月17日はさらだ記念日」と覚えておきましょう。

    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索