FC2ブログ

    Entries

    「あたしの兄貴を返せ~~!!!」→「だ~め」(ニッコリ)

    テレビでは夏の新作アニメがスタートしていますが、終了した「春アニメ」の中でピカイチだったのは、やはり『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(第2期)』です。

    原作が「恋愛系ラノベ」なので女性キャラがわんさか登場しますけど、「ヒロイン級」なのは主人公である京介の「妹」である高坂桐乃、桐乃のモデル仲間&同級生である新垣あやせ、桐乃のオタク仲間であり京介の後輩&部活仲間になる黒猫(五更瑠璃)、京介の同級生であり高坂兄妹の「幼なじみ」である田村麻奈実。
    高坂桐乃新垣あやせ黒猫田村麻奈実
    各ヒロインを個人的な好みで分類すると、「恋人」にしたいのが黒猫、「お嫁さん」にしたいのがあやせ、「奥さん」にしたいのが麻奈実かな。
    もちろん、「妹」にしたい桐乃がナンバーワンであることは揺るがざる真実ですけどね。

    「第2期」では「正ヒロイン」の桐乃だけでなく黒猫やあやせも主人公に恋する少女として活躍しましたが、「最終回」でブラコン小学生の桐乃に麻奈実が笑顔で「お兄ちゃんに恋する妹なんて気持ち悪いでしょう?」と告げるシーンが一番印象的でした。
    おっとりしていて、家庭的で、優しくて、いつでも主人公の味方であった麻奈実。
    正直言って物語の当初は(理想的だけど、つまんねーキャラだな)と思っていましたけど、実は物語がスタートする以前から桐乃に対して黒い感情を抱いていたんですねぇ。
    このブログでも述べたことがあるように「幼なじみ」は、「友達」よりも強い「絆」を持ちながら「家族」のように恋愛が「禁忌」とはならない、「近親愛」を抱く「妹」や「姉」にとって最強最悪の「敵」なのです。

    運動神経抜群で、学業も優秀、全てにおいて自信に満ち溢れていた子供の頃の京介。
    そんな「理想のお兄ちゃん」に追いつくために必死に努力し続けた桐乃。
    それに対して麻奈実は彼に「安らぎ」を与え続け、京介を無理な努力はしない「平凡な男」へと変えていったのでした。
    まあ、リア充人生を爆走中だった少年を「地味子」である彼女が繋ぎ止めておくには、彼の世間的な「魅力」を下げることが最も有効だったのでしょう。
    そして、かつては勉強を教えてもらっていた麻奈実が逆に教える立場になったことに象徴されるように、彼女は京介にとって「必要不可欠な人間」になろうとしたのです。
    しかし、それだけではありません。

    「桐乃ちゃんが憧れていた凄いお兄ちゃんなんて、最初からいなかったんだよ」

    桐乃に言い放ったその言葉には、自分だけが京介の本質的な「魅力」を知っているのだという自信が感じられました。
    麻奈実は桐乃の「敵」ですが、京介に対してはいつも「味方」であり、「人生相談」によって桐乃と京介の距離が縮まっていっても「妹」を大切にしている彼の「想い」を踏みにじったりはしないのです。


    そんな彼女の「願望」を叶えてくれるような物語が「同人界」にはあります。

    サークルNumber2の同人誌『俺の幼馴染にナマで(ry )』では、すでに肉体関係を持っている「幼なじみ」ふたりがセックスしまくっています。
    俺の幼馴染にナマで(ry
    同人誌補正されているとは言え、やわらかそうなムッチリボディがエロエロです。
    大量の精液を膣内に注がれた彼女は「私でよければまたいつでも気持ちよくなってね」と言って「幸せ」に蕩けた顔で微笑むのでした。


    サークルCrazy9の『きょうちゃんと ―京介と麻奈実の明るい家族計画―』では、親不在の夜に夕食を作りに来てくれた彼女を家に泊めることになります。
    きょうちゃんと ―京介と麻奈実の明るい家族計画―
    「全然止む気配ねーな」
    「うん」
    外では先程から降り始めた激しい雨が地面を叩き続けている。
    「でも大丈夫、傘貸してもらえたら帰れるよ」
    「この土砂降りん中追い出せるかよ。ここら辺タクシーも来てくんねーし・・泊まってけよ」
    「はあ!?」
    ふたりの会話を切り裂くような声がキッチンから響く。
    「ダメに決まってんでしょ!? アンタ部屋に連れ込んでなにするつもり!」
    ずっと不機嫌だった妹がその不満を爆発させるように叫んだ。
    「リビングで寝れば問題ねーだろ!」
    (本当こいつはなんだってこんな突っかかって来るのか)
    結局、彼女は泊まることになった。
    (俺と麻奈実はそんなんじゃない)
    (――のハズなのだが)
    自室でペニスをしごく少年。
    『どーせあたしがいなかったら、え、えっちするんでしょ、このへんたい』
    自分を罵倒する妹の言葉を思い出しながらも彼の手は止まらない。
    (あいつのせいで変な事考えちまったじゃねーか・・・)
    「だから、ちがう!!! 麻奈実はただの幼馴染みでそういう対象じゃねーっつの!」

    「幼なじみ」に対する「恋愛感情」を頑なに否定する彼でしたが、丸出しにしていた勃起を彼女に見られ、なんだかんだでセックスをしてしまい、妹が寝ている間にラブラブな関係になるのでした。


    TVアニメの「13話(最終話)」は回想シーンによって桐乃の「デレ」の部分を描いて終わっており、兄妹の関係に決着がついたわけではありません。
    しかし! 実は8月にウェブ配信で「14話」「15話」「16話(真の最終話)」が全世界同時公開されるのです。
    アニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』ラストエピソード世界同時配信
    我慢できずに原作小説の「最終巻」を読んでしまいましたが、この内容がアニメ化される感じでしょう。(小説の感想はアニメが完結してから書くと思います)
    「第1期」 でも「テレビ版」とは違う展開のラストがウェブ配信されていましたよね。
    まあ、全世界同時公開とかどうでもいいし、ちょっとあざとい感じがしないわけでもありませんけど、「最終巻」における「兄妹愛」は「家族愛」ではなく完全に「近親愛」になっていますので、テレビ放送でソフトな表現に歪められるよりはいいのかなあ。
    桐乃(妹)vs麻奈実(幼なじみ)の壮絶なラストバトルが楽しみです。


    蜜の檻

    平本アキラの『監獄学園(プリズンスクール)』という漫画をご存知でしょうか?
    監獄学園(第2巻)
    教育方針が変った全寮制の女子高に入学した5人の男子。
    女子1000人に囲まれる天国のような生活と思いきや、女風呂を覗こうとしたことから裏生徒会によって校内の監獄にぶち込まれ、罪人として迫害を受け続けるのでした。
    タイトルは重々しいですけど、内容は「青春エロコメディ」でバカバカしいと思いながらも読んでいて楽しい作品です。

    そんな物語の「エロ担当」と言えば、裏生徒会副会長の白木芽衣子。
    監獄学園(白木芽衣子)
    ムチムチボディの熟女みたいですが、れっきとした女子高生であり、会長の栗原万里に絶対服従で職務を遂行する生真面目な性格です。
    しかし、乳や尻を放り出したハレンチな服装を見ても分かるように、彼女の「常識」はちょっとズレており、男子生徒や読者にとんでもなくエロい姿を晒してくれます。(もちろん、一般漫画レベルでの「エロ」ですが)


    さて、本題です。

    サークルDT工房の『Sっ気ママのキビシイ子作り性教育』は、教育ママと息子の「母子相姦漫画」です。
    Sっ気ママのキビシイ子作り性教育
    成績優秀だが受験に関係ない「保健体育」の成績は最低レベルな少年。
    息子が歪んだ性知識で人の道を踏み外し性犯罪に手を染めてしまうことを危惧した母は、自らのダイナマイトボディで「性教育」を始めるのでした。

    この母親を見ればお分かりの通り、『監獄学園』の副会長とそっくりです。
    Sっ気ママのキビシイ子作り性教育(メガネ教育ママ)
    副会長が成長した姿というわけではないのでしょうが、「メガネの教育ママ」にピッタリな容姿ですね。
    女子高生よりこちらの方が似合っています。

    教育には恐ろしく厳しい母親ですが息子を溺愛しており、息子も若々しくて美しい母に「異性」を感じて熟女好きになっているくらいなので、「性教育」は母の主導で順調に進んでいき、コンドームを着けての「母子相姦」までしてしまいます。

    「これなら元気な赤ちゃんが出来そうだね」
    コンドームの中の精液をチェックして満足そうに微笑む母。
    (も、もし、今のがゴム無しだったら・・母さんが妊娠・・俺が母さんを・・?)
    「禁忌の妄想」に激しく勃起する少年。
    「流石若いだけあって もう回復かい? これなら性教育の続きが出来そうね」
    「え? 続き・・?」
    「言ったでしょ? 最初にコウジに正しい性教育を教えるって。性教育の最終目的は妊娠の仕方なの」
    (!? に・・妊娠!?)

    完璧主義者の母は「子作り」の実技までもしようとし、妊娠しやすい後背位で息子と繋がる。
    「か・・母さん、俺との子供って・・本当に産むの? それって性教育の為だけに・・?」
    ペニスを抜いた少年が母に問う。
    「何言ってんのよ、急に。もちろんそれもあるけど、愛する息子の赤ちゃんなんだから、喜んで産んだげるよ」
    そう言って母が微笑んだ。
    「か・・母さん・・・母さん! 母さん!」
    再び母の秘裂に挿入した息子が激しく腰を振りたくる。
    「アッ、ア」
    「母さん! 妊娠してッ! 俺の赤ちゃん産んでぇ!」
    「産むよ! 元気な赤ちゃん産むから子宮にたっぷり射精しなさい!」
    「あぁ~~母さんッッ、母さん妊娠させるよッ」
    母の膣内に息子の精液が大量に放出されていく。
    「俺の赤ちゃん・・産んでぇぇ~~!」
    大きく股を開いた美しい母が射精を受け止めながら裸身を痙攣させる。
    「あ・・あぁ・・親子で子作り・・母さんを妊娠・・・」
    「んあぁ・・息子の、コウジの赤ちゃん子宮で作ってるぅ・・・」
    卵子と精子の出会いを感じた時、母は幼い息子と繋いだ手の温もりを思い出していた。


    「保健体育がD評価」から「近親妊娠」へと繋がってしまうブッ飛んだ思考もモデルのキャラを知っているとあまり違和感がありませんでした。
    息子の方には多少なりとも「禁忌への意識」があり、母子の「近親愛」もしっかり感じられるので、個人的には満足の内容です。


    エロ酔い気分のお姉ちゃん

    前回まで柚木N'の単行本『椎葉さんのウラの顔。』について述べてきましたが、本来この作家と言えば「姉弟相姦モノ」ですよね。

    『スキ・キライ・ダイスキ。りたーんず』(雑誌『COMIC天魔』2013年5月号に収録)は、「スキ・キライ・ダイスキ。」シリーズの「続編」です。
    スキ・キライ・ダイスキ。りたーんず
    このシリーズは漫画雑誌(単行本化)だけでなく同人誌アニメという媒体でも描かれている人気作ですね。
    姉恋 スキ・キライ・ダイスキ。 #2
    ちなみにアニメの「第2弾」も発売されています。


    さて、今回はお姉ちゃんが大学進学を期に実家を出て一人暮らしをすることになり、弟が引越しの手伝いをしています。
    「一人暮らし」というのは姉弟や兄妹の物理的距離を離しますが、同時に親の目も届かなくなるので、あまり遠くに引っ越すのでなければ「近親相姦」をしやすい環境であるとも言えますね。

    「姉ちゃん、ここに住むんだな~~」
    運び入れた荷物の整理を終えた弟が部屋を見渡す。
    「別に普通の部屋でしょ」
    「そうだろうけどさ、俺も姉ちゃんもずっと実家に住んでたから、なんか新鮮で。いいなー 俺も一緒にココ住みたいなァ」
    「なっ・・何言ってんのよ。ワンルームに二人で住む気!?」
    「え、じゃあもっと広い家なら一緒に住んでくれるのか?」
    「・・・ッ」
    弟に言葉に顔を背ける姉。
    「バ、バカ、いやに決まってんでしょ!」
    (顔真っ赤だ・・・)

    相変わらずのツンデレお姉ちゃんですが、すでに「禁断の関係」なので「デレ」がバレバレになっていますね。
    真面目な姉が大学生になって酒を飲むようになることを危惧した弟は、ジュースと偽ってチューハイを飲ませて、姉の様子を確かめようとします。
    もちろんお姉ちゃんは缶一本で酔っ払ってしまい、弟に抱きついて甘えるのでした。

    「私が高校にいなくなったからって彼女作ったりしたら許さないからねー!! 芳春カワイイから心配なのよバカ!! バーカ!!」
    「ど・・どうも・・・」
    (デレてきたー!! い、いやデレてるというよりキレてるって感じだけど・・・)
    「・・芳春」
    赤く染まった姉の顔が眼前まで迫ってくる。
    「ちゅーしなさぁい・・!」

    当然のごとく弟はキスをして、そのまま「近親相姦」をすることになります。
    お酒のせいでいつもより甘えた感じなのが良いです。

    「・・姉ちゃん、気持ちよかった・・?」
    姉の膣内に射精した弟が問う。
    「な、なに聞いてんのよ、バカじゃないの・・?」
    「あれ、もう酔い醒めてた?」
    「・・・・・」
    アルコールとは関係なく頬を赤らめる姉。
    「・・ッ、その・・た・・たまには会いに来なさいよ。別に・・寂しくなんかないけど・・・」
    「あーっ、姉ちゃん好きだーっ!!」
    「きゃああっ!?」
    ツンデレ姉のあまりの可愛さに思わず抱きついてしまう少年。
    「・・あ、お酒は俺のいないとこでは飲まないで・・・」
    「え? でもサークルで付き合いでとか・・」
    「なっ?」
    「う、うん・・・」

    気楽に楽しめる「姉弟相姦漫画」であり、特にストーリー性が高いわけではありませんが、キャラに愛着があるので今後も続編を描いて欲しいです。

    彼女のヒミツを知ったとき・・僕の人生が変わった!!!(その6)

    『椎葉さんのウラの顔。』の「最終話」は、「第3話」の続きから始まります。
    椎葉さんのウラの顔。(最終話)
    「私にもね、特別だと思って欲しい人がいるの」
    背中を向けた彼女が制服を着ながら告げる。
    「・・・・ああ」
    (知ってるけど・・・)
    「・・・私が大倉君とセックスしたのもね、その人に・・言われたから・・・」

    少女が彼と交わったのは父親の命令だったんですね。
    父に対する彼女の「近親愛」が絶対であると同時に、「特別だと思って欲しい人がいる」と言っているように父との「絆」には不安も感じていることが分かります。
    「第4話」で描かれた初めての「近親相姦」の後も父の態度はちょっと冷たかったですよね。それでも「繋がり」を求めた少女は父を愛するしか選択肢がなかった。
    彼と同様に彼女も心の中に「孤独」を抱えていたのです。

    「何でそんな事させるんだよ・・!! りょ、両想いなんじゃ・・?」
    「ん・・わからない。そういうプレイなんだって。私はその人のためなら何だってしてあげたかった」
    振り向いた彼女が少年の顔を見つめる。
    「だけど・・大倉君が私に好意を持ってくれているなら、私のしたことは酷いことよね・・・ごめんね、もうしないから」
    そう言って少女が去っていく。
    「それじゃあ・・・」
    最後の挨拶を残して扉が閉まると同時に後ろへよろめいて へたり込む少年。
    「はは・・は・・・」
    (俺は失恋した)
    (それと同時にセフレを失った)
    (椎葉さんを父親(アイツ)から一時的にでも奪っている・・・つもりでいたけど)
    (全部アイツのお遊びかよ・・・)
    彼は握り締めた拳を持て余す。
    (まあ・・・いいか)
    (俺なんかがあんなイイ思いできただけで充分だ)
    (ただ元通りの毎日に戻るだけ)
    (ただ静かに気配を消して)
    (誰も必要としない)
    (誰からも必要とされない――)

    『わかった! 君は私の「特別な人」になりたかったんだ!』

    彼の思考を遮るように、先程の彼女の言葉と笑顔が脳裏に浮かぶ。
    (それで・・・)
    (本当にそれでいいのか・・?)

    おそらく少女は彼に対して「親しみ」のようなものは感じているでしょうが、その「禁断の想い」は全く揺らいでいません。
    しかし、自宅に戻った彼女は父が「別の女」とセックスしている現場を目撃してしまうのです。

    「俺の新しい女だ」
    立ち尽くす娘にそう告げる父。
    「え・・だって、お父さん、私しかいないって言ってたよね・・?」
    「あー 確かそうだったな」
    (いや・・)
    「けどな・・俺はもう」
    (いや・・)
    「お前に――」
    (聞きたくない・・!!)
    「もう椎葉さんに飽きたんですね!?」
    「・・!!?」

    突然庭から侵入してきた大倉くん。
    これまでの彼からは想像も出来ないアグレッシブさです。
    さすがの椎葉さんも「え・・大倉君・・・な・・何で勝手に家に・・・」とコミカルにドン引きしています。
    彼の行為が物語の空気を変えたんですね。

    「うっ!! そ・・それはごめん!!」
    少女に謝ると、彼は彼女の父親を見据える。
    「あ・・あのっ、おじさんはもう、椎葉さんに興味無いんですよね!?」
    「・・!! ちょ・・ちょっと・・・」
    父の口から聞きたくなかった言葉を彼が吐き出していく。
    「平気で他の男とヤらせたりッ、他に女性を作ったりッ、飽きたから椎葉さんをテキトーにオモチャみたいに扱ってるわけですよね!? だったら・・だったらッ」
    「テメェ何をゴチャゴチャ・・」
    父が彼を殴ろうと拳を振り上げる。それでも彼は叫ぶ。
    「椎葉さんを俺にくださ――」
    「ばかあッ」

    大倉くんを豪快に吹っ飛ばしたのは椎葉さんのビンタでした。
    結構シリアスな場面ですが、ここもちょっとコミカルな表現になっていますね。

    「・・・・・・お父さん・・・私、できるだけ早く家を出るね」
    掌の熱い痛みを感じながら少女が告げる。
    「お父さんが幸せなら、私はそれでいいから。二人でお幸せに!」
    「お・・おお・・・」
    椎葉梢子は笑顔で「近親愛」に終止符を打った。

    父親が「浮気」をした理由は明確になっていませんが、大倉くんが言ったように単純に娘を「女」として飽きたということ以外に、「禁忌への意識」や「親としての理性(=家族愛)」も考えられますね。
    それらが複合的に混ざり合ったものであったのかも知れません。

    父に対して「家を出る」と宣言した少女。
    女子高生が実際どうするのか分かりませんが、とりあえず次の場面の彼女は大倉くんの部屋にいました。

    「・・あの女性(ひと)・・お母さんに似てた。そういえば私もお母さん似なのよね。私・・お父さんはお母さんが嫌いになったんだってずっと思ってた。だから私がいてあげなきゃ・・って・・・」
    少年の横に座る彼女が顔を伏せる。
    「でも・・良かった。きっと・・お父さんはずっとお母さんが好きだったんだ・・・」
    そう言って少女は幼子のように声を上げて泣いた。
    (椎葉さんは失恋をした)
    (それと同時に)
    (自由になった)

    「椎葉・・さん、あのさっ・・俺・・! 椎葉さんが好きだ。つ・・ッッ付き合ってくれないか・・?」
    その告白に対して彼女は「・・まだ・・私は大倉君のこと好きになってない」と答えながらも「これから・・大倉君が私の・・私の居場所になって欲しい」と告げるのでした。
    その流れでセックスをするわけですけど、これまでと違って初々しく恥ずかしがって顔を赤らめるのが可愛いです。
    少女は初めて「普通の恋愛」を知ったんですね。

    (良かった・・・初めて大切なもののために必死になれて)
    (そんな気持ちが俺の中にちゃんとあると知れて)
    「こんなに満たされた気持ちになるのは初めてよ」
    膣内射精を受けた彼女は彼を見つめ「ありがとう」と笑みを浮かべた。


    (次の日から)
    (俺の斜め前の席に椎葉さんはいなくなった)

    「いたっ」
    後ろ髪を引っ張られた少年が振り返る。
    「席替えのお陰で大倉君に悪戯し放題」
    そう言って屈託なく微笑む少女。
    「・・・・」

    (俺は一見クールな椎葉さんの)

    (ウラの顔を知っている)


    このブログ的には「娘ネトラレ」な展開ですけど、父親自身が「近親相姦」を止めようとしていたわけですし、主人公の少年の心理描写も多かったので感情移入はできました。
    作者によると、「第1話」の時点では彼が父娘の変態プレイに巻き込まれて複雑な心情ながらもセックスを楽しむという展開を考えていたらしいのですが、それだとちょっと薄い中身になりそうですね。
    ミステリアスな雰囲気の内に「純粋さ」を隠したヒロインが魅力的な作品でした。

    彼女のヒミツを知ったとき・・僕の人生が変わった!!!(その5)

    (母が死んだ)
    (原因は心疾患)
    (・・・本当に突然のことだった)
    「家の中寂しくなっちゃったけど、私 家事ちゃんとするし、お母さんの代わりになれるように頑張るから」
    タバコを吸う父の背中に告げる梢子。
    「私は、私だけは、お父さんとずっと一緒にいるよ」

    『椎葉さんのウラの顔。』の「第4話」は少女の視点で「禁忌の過去」が描かれており、主人公の大倉くんは登場しません。
    椎葉さんのウラの顔。(第4話)
    (お父さんとお母さんは、駆け落ち同然に結婚したらしい)
    (お母さんの両親には随分責められたようだし、お父さんの両親とも連絡が途絶えている)
    (お母さんはお父さんと喧嘩ばかりしていた)
    (お父さんの味方でいられるのは)
    (今までもこれからも私だけ)

    かなりのファザコンであった中学時代の少女。
    まだ性知識も乏しい無垢な娘の「家族愛」に父は「禁断の欲望」で応えます。
    「「お母さんの代わり」をしてくれるんだったな? 梢子」

    「で・・でも・・親子でこんなことしちゃダメなんじゃ・・・」
    「そんなこと知るか」
    実の父親に唇を奪われた少女は、まだ誰にも触れさせたことのなかった乳房やパンティの下の秘裂を強引に愛撫された。

    父の指によって絶頂に導かれた彼女は、そのまま犯されて処女を喪失します。
    破瓜の痛みに涙を流す娘を父はさらに激しく犯し続けたのでした。

    「あ・・あぁ・・ッ、お父ぁさんっ、私・・私っ、大好きぃ・・っ、お父ぉ・・さんっ、大好きなのぉ」
    「・・ッ、そうかそうか」
    父が娘の乳首を捻り上げ、肉棒を膣の奥まで突き入れる。
    「ひあっ、あー、あーッ」
    「じゃあ、お父さんの女になるか」
    「ひぅぅ、うぅぅーっ、はぅぅん、うんっ・・なるよぉ、私っ・・お父さんのモノになるぅぅっ」
    父親の「女」になった梢子は「恋人の印」として膣内射精を受けた。

    「お父さ・・ん、ふぅっ」
    ペニスを抜かれても股を広げたまま裸身を痙攣させている少女。
    「じゃあ、またよろしくな」
    立ち上がって部屋を出ていこうとした父が振り返る。
    「ああ、そうだ。ガキができたら困るからな、病院で事後避妊薬貰っておけ」
    「・・うん」
    それだけ告げて扉を閉める父。
    (お父さんが辛い目に遭ってても)
    (子供の私には何もできなかった)
    (近くにいたのに)
    「あは・・良かった・・・」
    (これでお父さんの特別な存在になれた気がした)
    「お父さんのためにできることがあった・・・」
    ポロポロと泣きながら微笑む娘。

    (どうして涙が止まらないのか、理由は自分でもわからないけど)

    (そんなことはどうだって良かった)


    今回は王道の「父娘相姦漫画」でしたね。
    こうして結ばれた父と娘の「禁断の絆」に対して、「第三者」である大倉くんがどのように関わっていくのか。
    急転直下な「最終話」は次回。


    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索