FC2ブログ

    Entries

    【簡単レビュー】じゅりざんまい

    【作者名・作品名】
    雪雨こんの『じゅりざんまい』
    じゅりざんまい

    【収録媒体】
    雑誌『COMIC LO 2018年6月号』、電子書籍

    【概要】
    JCの少女が自宅に帰ってくると、実家を出て一人暮らしをしているはずの兄が実妹のパジャマに顔を埋めながら自慰をしていた。
    「お兄ちゃん? 私の部屋で何やってるの?」
    「えっ? じゅり! もしかして射精による召喚に成功してしまった?」
    GWで大学が休みになった兄は、呆れ顔の妹を抱きしめ、中一の制服姿をスマホで撮りたいとねだる。
    「も~好きにすれば? 私、三時半に家出るからそれまでだよ」
    妹が友達の家に遊びに行くまでの数分間、約束通り兄は「好きにした」。
    そして、じゅりは友達の家には行かなかった。

    【感想】
    いろいろ文句を言っている妹ですけど、この物語以前に兄とは「禁断の関係」になっており、内心では勝手に家を出たことに怒っていたりするので、なんだかんだで相思相愛な「近親相姦」が楽しめます。
    唐突なラストシーンも妹の屈託ない笑顔が可愛いのでOKです。

    【評価】(100点満点)
    画力 :78点
    物語 :75点
    エロ :77点
    キャラ:80点
    背徳感:76点
    近親愛:79点


    【簡単レビュー】ママショタイム ドリームエクスプレス

    【作者名・作品名】
    サークルpink-noiseの『ママショタイム ドリームエクスプレス』
    ママショタイム ドリームエクスプレス

    【収録媒体】
    CG漫画

    【概要】
    若くして夫を亡くしてから九州で暮らしていた姫野桜子は、夫の七回忌を機に北海道の実家へ行くことにした。
    せっかくだからと申し込んだ豪華列車のチケットを手に入れ、彼女は息子の翔とふたりで旅に出る。
    列車最後尾のデラックススウィート、広々とした展望車両、長時間停車して楽しめる各地の観光地。
    仲良くなった同乗者が母子ばかりなのを少し不思議に思いながらも、「日常」から離れた夢のような時間を堪能し、「常識」を突き破るように進む列車の中で、桜子は「理性」の衣を脱ぎ捨てていく。

    【感想】
    豪華列車での旅の中で「近親相姦」が発生するという内容ですね。
    ちょっと列車旅行の気分を味わいながら気軽に楽しめます。
    仲良しな母親と息子の容姿が似ているのが良いです。

    【評価】(100点満点)
    画力 :77点
    物語 :79点
    エロ :75点
    キャラ:78点
    背徳感:73点
    近親愛:78点


    【簡単レビュー】とりっくSister

    【作者名・作品名】
    ぷよちゃの『とりっくSister』
    とりっくSister

    【収録媒体】
    電子書籍、雑誌『COMIC BAVEL2018年6月号』

    【概要】
    (・・私には秘密がある・・・)
    (その秘密は誰にも言えないし・・・)
    (・・ましてや「家族」には死んでも言えない!)
    (なのに・・私の秘密は・・・)
    (あっけなくコイツ(兄ちゃん)にバレた・・・)
    数日前に兄の脱ぎたてパンツでオナニーをしているところを兄本人に見られてしまったが、兄は「見なかったことに・・」と冷静に対応した。
    (元々ベタベタする兄妹でもなかったが・・)
    (あれ以降・・兄ちゃんは何も言わず)
    (私を避け、距離を取っている・・)
    (・・この気持ちは絶対家族にバレるわけにはいかない)
    (でも、このまま・・)
    (兄ちゃんとの関係が微妙なままなのは絶対に嫌だ・・!)
    (・・だから、私は賭けてみようと思う!)
    その「賭け」とは、「兄を全力で誘惑して本当の気持ちを確かめること」だった。

    【感想】
    キッチンに母親がいる状況で、居間のソファに座る妹が豊満ボディで兄を誘惑します。
    「妹の自慰に兄が気づく」という設定は前回紹介した『ボーダーライン』と同じですけど、全然違う雰囲気の展開になっていきます。
    たぶん、こちらの方が「エロ漫画」としては楽しめるでしょう。

    【評価】(100点満点)
    画力 :79点
    物語 :76点
    エロ :83点
    キャラ:78点
    背徳感:80点
    近親愛:77点


    【簡単レビュー】ボーダーライン

    【作者名・作品名】
    関谷あさみの『ボーダーライン』
    ボーダーライン 

    【収録媒体】
    雑誌『COMIC BAVEL2018年6月号』

    【概要】
    兄の部屋のベッドで制服姿のまま密かに自慰をする少女。
    その「小さな禁忌」に気づいていた兄は、それとなく妹に注意して止めさせようとする。
    「次からすんなよな。お前、片付けていかないし・・・」
    「漫画読んでただけだし・・そんなに散らかしてないもん・・・」
    「勝手に入るなって言ってんの」
    (伝わってんのかな、これ)
    (最悪、気を付けてくれればいいか・・・)
    そう思いながらも、兄は会話の最後に告げる。
    「・・まぁ、そんなに俺の布団がいいなら寝に来てもいいけど」

    【感想】
    兄の言葉を聞いた少女は、母親が夜勤で不在の夜に、兄と一緒のベッドで寝ます。
    不用意な発言から同級生の女子を泣かせてしまった過去がある兄は、背中越しに感じた妹のオナニーをさりげなく止めようとしますが、結局は「近親相姦」をすることになるのでした。
    兄妹の心理描写が非常に繊細で、上質な「近親恋愛物語」だと思います。

    【評価】(100点満点)
    画力 :90点
    物語 :79点
    エロ :73点
    キャラ:93点
    背徳感:78点
    近親愛:87点


    【簡単レビュー】近女誘惑 第三弾 友達のお母さん編 後編

    【作者名・作品名】
    灰司の『近女誘惑 第三弾 友達のお母さん編 後篇』
    近女誘惑 第三弾 友達のお母さん編 後篇

    【収録媒体】
    CG漫画

    【概要】
    息子の学友である少年との「不倫」は、血が繋がった息子との「近親相姦」へと繋がっていた。
    ひとつ屋根の下で暮らす母と子は、夫(父)に隠れながら淫らな交わりを繰り返す。
    (きっと・・・)
    (いつか裕太も私に飽きて歳の近い娘と恋に落ちるだろう)
    (・・・それでいい)
    (だからこそ今は・・・)
    (今だけは!)

    【感想】
    すでに「禁断の関係」となった母子がひたすらにセックスしており、『中編』の序盤で役割を終えた実君は全然出てきません。
    父が隣の布団で眠っている状況で「母子相姦」をしたりもしますが、一番印象的だったのは息子の精液まみれの顔で香世が出勤する夫を見送るシーンですね。
    「今」を謳歌する母子を気楽に楽しむ作品だと思います。
    実君の母親からメールが来たラストからすると「続き」もありそうです。

    【評価】(100点満点)
    画力 :90点
    物語 :77点
    エロ :79点
    キャラ:76点
    背徳感:78点
    近親愛:76点


    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索