FC2ブログ

    Entries

    姉(わたし)が犯すなら常識だけど、弟に犯されるなんて・・・

    碧木誠心の単行本『弟のくせに』は全6話の『崩心』が収録されています。基本的には「姉」である真琴がメインヒロインだと思うのですが、3人の女性が主人公を奪い合うという愛憎劇が展開されます。作者の後書きによると、「嫉妬」をテーマとして「昼ドラ」を目指したという事です。「物語」の冒頭で優位に立っているのは主人公の「彼女」である芽衣。自分の事を「ボク」と呼ぶ ショートカットの可愛い少女ですけど、年上の女性達...

    「禁断の性欲」を抑え込む衝撃

    最近発売された 冴草こはく の単行本『いもてん』には前々回に紹介した『お兄ちゃんとは呼びたくない!!』が収録されています。その続編である『お兄ちゃんとは呼びたくない!!2』だけでなく、『おねがいシスター』(全3話)などの「兄妹相姦漫画」が満載です。シリアスな展開の「作品」はありませんが、エロ可愛い妹がお好きな方にはオススメですね。さて、本題です。アシオミマサトの『PINKS LINKS After Links』は、前回紹...

    双子のシンパシー

    「双子」というのは特別な「家族関係」であり、血の繋がり以上の「絆」を持つ「分身」とも言える存在です。それゆえに、一方が感じた「感覚」を共有するという設定の「物語」も多いです。現実には信じがたいけど、どうなんでしょう?「エロ漫画」では「性的快感」を双子が共有するというパターンが見られます。相手が自慰やセックスをしていると自分にも快感が伝わるというのは ちょっと困りますよね。ゼロの者の『りんくっ』では...

    弟に残された「選択肢」は「姉」だけ!

    最近、やけに仕事が忙しくて心身共に疲れています。こういう時は良質な「近親相姦漫画」を読んでストレスを発散させたいですね。『実姉双姦ルート』は椿十四郎の初単行本です。先ずタイトルがいいですよね。「近親相姦漫画」を収録してある本は、このように分かりやすいタイトルにして欲しいです。さらに素晴らしいのは、収録されている9作品が全て「姉弟相姦漫画」である事。まさに「タイトルに偽り無し」と言えるでしょう。今回...

    危険な片想い

    「肉親」を「異性」として愛してしまう。世間では「禁忌」とされている「禁断の想い」ですが、それはそんなに異常な感情でしょうか?現実世界でも「淡い恋心」くらいのレベルの意識なら、かなり多くの人達が感じた経験があるのではないかと思います。ただ、普通は「常識」がその「想い」にブレーキをかけ、表面化しないのです。しかし、「近親相姦漫画」ではブレーキではなく、アクセルを踏んでしまうわけですね。東磨樹の『誰がた...

    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索