FC2ブログ

    Entries

    義母(ママ)と、実母(かあさん)と、ボクが片方(どちらか)を選ぶなんて・・・(その4)

    前回まで板場広しの『母ふたり』(全6話)を紹介してきましたが、同タイトルの単行本にはこの作品以外にも「近親相姦漫画」が収録されています。


    『義母を犯し続ける日々』はタイトル通りヒロインが父の再婚相手の「義母」なので、「近親相姦漫画」としては弱いですね。
    義母を犯し続ける日々
    ただ、出会った頃はまだ幼くて、「家族」として数年暮らした後に成長した息子が「禁断の欲望」を爆発させているので、押し倒された義母が「そんな・・私達親子なのに。だめ・・・・やめてっ」と叫ぶのも自然に感じられます。
    最初は抵抗した義母も何度も何度も膣内射精されると、その後は言葉では拒みながらも強くは抵抗しなくなり、息子が幼馴染の少女を家に連れてくると嫉妬して、自分から「近親相姦」を求めるようになります。
    食卓で父と話しながらテーブルの下でお互いの性器をまさぐっている義母子の関係がなかなかエロティックです。


    『わがまま』ではファミレスでバイトをしている姉弟がアパートで二人暮らしをしています。
    わがまま
    弟は就職活動の末に少し遠方の会社から採用通知が届き、学校を卒業したら会社の寮に引っ越すことを決めますが、すっかり弟に依存した生活を送っていた姉は反対し、ついには夜這いで「近親相姦」をして弟を繋ぎ止めることに成功します。
    結局、弟は内定を辞退してしまうのですけど、まあ「就職」より「姉」を選んだのは自分だからハッピーエンドですかね。
    ほっとけない「ダメ系お姉ちゃん」が好きな読者なら楽しめる作品だと思います。

    『母ひとり』は『母ふたり』の番外編で、実母の杏子が息子と二人旅に出かけます。
    母ひとり
    旅行ガイドを研究しまくって「旅のしおり」を作ったお母さんが可愛いですね。
    本編では義妹の真悠がヒロインっぽく手を繋いだエンドでしたが、今回は実母がメインとなっています。
    母親が最初からノリノリなので「背徳感」はほとんど味わえないですけど、AⅤでも定番な「母子温泉旅行相姦」を楽しめました。
    最初は触られるのも嫌がっていた肛門の処女も息子に捧げて、美しい熟母が温泉旅館で乱れまくります。
    最後の最後で義母と義妹も旅館にやって来て4Pする流れになるのもこの物語では良い終わり方だと思いました。


    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/998-f086c6e2

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索