FC2ブログ

    Entries

    義母(ママ)と、実母(かあさん)と、ボクが片方(どちらか)を選ぶなんて・・・(その1)

    板場広しの単行本『母ふたり』には、本のタイトルにもなっている『母ふたり』(全6話)が収録されています。
    母ふたり(単行本)
    (これは母子相姦モノか?)と期待して読み出すと、『第1話』でいきなり主人公の両親が離婚し、母親が家から出て行ってしまいました。
    母ふたり(第1話)
    息子――隼士は玄関に呆然と立ち尽くして母の背中を見送ったが、振り返った家の中にはすでに新しい母と妹が微笑みながら立っていた。

    彼の父親は浮気相手の女を家に入れて、妻を追い出したんですね。
    しかも父は新しい妻となった妃里だけでなく、義娘となった真悠を犯しまくっていました。
    少年は強引にその狂った交わりに参加させられ、父に突かれながらよがっている義妹や義母と淫らに舌を絡ませ、義母に肉棒をしごかれながら義妹の顔に射精するのでした。

    (なんだよ・・これ)
    (どこいったの、お母さん・・・)
    (助けてよ、お母さん・・・・お母さん・・・)

    今夜もまた父と交わる妃里の姿を見させられ、真悠の番の前に仕事の急用で父が出かけると、隼士は代わりの「男」として二人に弄ばれる。
    (お・・お母さん、助け・・て・・)
    ベッドの上でなすがままにペニスを舐められていた少年の上に全裸の熟女が跨った。
    「すごい立派なオチ〇チン・・・見て隼士さん、今から義母(ママ)が童貞チ〇ポを食べちゃうから」
    義妹のマ〇コを舐めながら、義母とセックスする隼士。
    「お義兄ちゃん、もっと舌を中に入れてよ。私も一緒にイキたいの。あ・・それ・・いい」
    「私も・・イクわ。あああっ、家族で一緒にイキましょう」
    (義母の膣内に射精した瞬間からボクの記憶は無くなっていた)

    (目が醒めた僕を待っていたのは、父が死んだという訃報(しらせ)だった・・・)


    『第2話』で父の死は交通事故が原因だったことが明らかになるのですけど、まあ物語に邪魔な存在をサクッと排除したっていう感じですね。
    母ふたり(第2話)
    葬式のシーンで隼士の実母が有村杏子という女優だということが分かり、息子に会いに来た杏子は、そこで妃里と真悠とも顔を合わせます。

    「ちょうどいいわ。あなた達に言っておく。家も土地も全ての財産はあなた達にあげるわ。その代わり、私は隼士を連れていきます。お互いそれが一番でしょ」
    「そうかもしれません・・・でも今は私が隼士さんの母親です。私は真士さんの代わりに・・そしてあなた以上に隼士さんを愛していきます」

    結婚したばかりで夫と死別しても義息子を実母に返そうとしない妃里。
    杏子が帰った後、彼女は隼士の心を繋ぎ止めようと喪服のまま交尾します。

    「私の肉体(カラダ)は隼士さんのもの・・・いっぱい使って気持ちよくなってください」
    豊かな乳房と股間の性器を曝け出した喪服姿で少年の上に跨り、義母が淫らに腰をくねらせる。
    「イクの? いいわよ・・しっかり膣内で射精してね。そうだ・・ねえ隼士さん・・隼士さんの赤ちゃん産んであげましょうか・・・新しい家族・・作りましょ」
    「!?」

    隼士は「やだよ・・ボクはもうイキたくない。射精したくないんだぁ」と叫びながらも、また義母の膣内に射精してしまいます。
    真悠がまだ小さい頃に夫を亡くした妃里は、愛すべき「家族の男性」を強く欲していて、再婚相手の真士があっさり死んだことによって、その「愛情(欲望)」を義息子の隼士に注いでいるらしいです。
    また、真悠は義父を「最低の人間」だと思いつつ、母の願いを叶えるために抱かれていたという面もあったようですね。

    「エッチは嫌いじゃないしね」
    一緒に浴室に入っている義兄に真悠が告げる。
    「だから、ママがあんたを本当の息子と思うなら、私もあんたを兄だと思う。あんたは私の義兄(あに)。私はあんたの義妹(いもうと)」
    浴槽から立ち上がった少女が隼士を見下ろす。
    「そして、あんたは私の玩具・・・」

    そんな中、一度は引き下がった実母が再び登場します。
    「杏子さん・・何の用ですか? すみません、お引き取りを・・・」
    突然の来訪に困惑する妃里。
    「この家の名義の半分はまだ私のものです」
    「だから・・財産はお渡ししますと・・・」
    「いりません・・その代わり」
    「・・何ですか」
    「私もこの家に住みます」

    義母と義妹に支配されていた「家」に実母が加わり、ついに『母ふたり』の物語が本格的に動き出すのです。


    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/995-1abd6028

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索