FC2ブログ

    Entries

    抜けて温もる愛と変態の奇跡(後編その1)

    doumouの単行本『惚れときどきヌクもり』に収録されている『お父さんお母さんごめんなさい(笑)』では、独身中年サラリーマンの石渡が新人事務員である清川麻美に誘惑されます。
    お父さんお母さんごめんなさい(笑)
    仕事はできるがチャラい見た目の麻美は、職場でやたらと石渡にベタベタしていたが、新人歓迎会でお互い酔っ払うとついに彼を押し倒した。
    石渡もそこまでされると「性欲」のスイッチを入れ、一回り以上歳の離れた部下の女を犯し、その後も彼らは肉体関係を続けていくことになる。

    現在は恋人も作らず風俗通いをしている石渡ですが、若い頃は女の子を取っかえ引っかえだったらしく、麻美から強引に誘われても冷静に対応し、カラダの相性がすごく良いと感じると会社のトイレの中でもセックスしたりするようになります。

    Sっ気もある彼は自分が3日間の出張に出かけている期間を「オナ禁」にして、帰ってくると欲情しまくっている麻美をラブホテルに連れて行き、性器丸出しで大股開きした格好で拘束してAⅤ撮影のようにビデオカメラを向けた。

    石渡はふざけて年齢や出身地などを質問し、彼女が小〇生の時に母親を亡くし、父親については顔も名前も不明であることを知ります。
    さらに初体験の話を聞き、自分とのセックスのことも話させると、ビデオを撮り続けながら麻美を犯すのでした。
    まあ、ここまでの内容はただの「歳の差オフィスラブ」で、お互い独身なんだから勝手にすればいいし、彼女が「結婚しよっか?」と言うと同棲するようになる展開はありきたりですね。
    しかし、結婚の準備で取り寄せた麻美の戸籍謄本を彼が見た時、物語はやっと「転」の段階に入ります。
    彼女が話していたように父親の名前は空欄でしたが、母親の名前「清川この美」に見覚えがありました。
    石渡が若い頃に一度だけ結婚を申し込まれ、曖昧にしているうちに別れた女性と同じ名前だったのです。

    彼が帰宅すると、この前撮影したセックスビデオを見ながら彼女がオナニーをしていた。
    「今日はコレ観ながらシたいなって」
    裸エプロン姿で擦り寄ってくる麻美。
    「わかった。準備したら行くから」
    「ん~~~早くね?」
    彼が隣の部屋で「DNA鑑定書」を見ると、清川麻美に対する石渡勝の父性確率は99.9999999999%になっていた。
    襖の向こうから聞こえてくるビデオの声。
    『あっ、あっぁ、んん』
    『こんなチ〇ポぐるいに育ってお父さん可哀想に。親御さんに謝っとけば?』
    『あっ、も・・ッイ、へはっ、お父・・しゃんっ、ごめ・・らはっ・・・んんんっっ、ふ・・はあ・・・お・・とう、さん・・っ、おかあ・・さんっ、あ、あさみっ、麻美は・・・』
    『スケベな娘で?』
    『す・・うあっ、しゅけべなむふめれ・・・ごべ・・らはぁああっ!』

    こうして退屈な「歳の差オフィスラブ漫画」は、「父娘相姦漫画」という真の姿を現わすのですけど、ここで物語は終わってしまいます。

    麻美が自分の実娘だと知った彼はどうするのか。
    石渡が自分の父親だと知ったら彼女はどうするのか。
    その答えは「続編」にあります。


    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/947-cbefb4a9

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索