FC2ブログ

    Entries

    そこは誰にも邪魔されない「禁忌」と「絆」の世界(その5)

    前回まで紹介した『意識の境界線』(全3話)は、弟の悪戯から始まった「睡眠相姦」によって姉弟が「近親愛」に目覚めていく意識変化の過程が描かれていました。
    しかし、本のあとがきに「実はもともと5,6話のつもりでした。色々あって約半分にすることに」と書いてあるように、ちょっと物足りない感じがしましたね。
    そんな読者のために、単行本『このまま膣内で・・・』には本編の後日談として描き下ろしのおまけ漫画『姉弟の境界線』が収録されています。
    姉弟の境界線
    「ちょっとアンタ何考え・・辞書貸してって言うから私は」
    「ちょっとだけ・・ちょっとだから」
    「何言ってるのよ! 下にママいるのよっ、もし見つかったら・・・」
    「すぐ終わるから・・な?」
    「何よ、その言い方、私は英治の・・あ?! まちなさっ・・はっ、あぁ」
    少年は姉のスカートをまくり上げてパンティをずらし、バックから一気に突き入れた。
    「ふっ、ん゛ん~~~~」
    (弟とこの関係になって一週間)
    (毎日)
    (この行為を続けている)
    (夢の正体を知り)
    (事の運びを知って)
    「美優姉っ!! 美優姉!」
    英治は勉強机で身を支えている姉の尻を激しく犯し続ける。
    (私を苦しめた弟)
    (なのに・・・)
    「好きだ!!」
    「あ!?」
    「美優姉好きだっ!! 美優姉!!」
    「やだっ・・・ん、もぉ・・・はぁ」
    (好きと言われる度、私は)
    「あ、あん、もっ・・あ、ばかあっ、あぁ、はぁ」
    (拒めない・・・)

    もうお姉ちゃんもすっかり「近親愛」に目覚めていますね。
    「近親相姦への欲求」に突き動かされて強引な弟に、彼女は「お・・お願い、逃げないから、だ・・だからその・・もっと、優しくして・・よ」と告げます。

    「美優姉・・やっと俺の気持ち・・」
    「かっ勘違いしないでよね。しっ・・下のママに気付かれたらどうするのよっ」
    「それは・・・」
    振り向いた姉は勉強机の上に腰をかけると股を広げ、自らの指で濡れた女陰の中を晒した。
    「本当何も考えてないんだからっ、ほら・・・」
    (ちがう、言わなきゃいけないのは)
    「さっさと済ませなさいよ・・・ばか英治」
    (真逆の事なのに・・・)

    「禁断の欲望」が「理性」を凌駕してしまっている彼女は、弟と抱き合うような姿勢で交尾し、膣内射精によって絶頂へと導かれました。

    「あ、熱っ・・ふあぁ、でて・・」
    「美優姉・・・」
    「もっ・・ばかぁ・・・」
    英治が姉を抱き締める。
    (この感覚を)
    「美優姉・・・」
    (弟のこの言葉を聞くたびにわからなくなる)
    (何が正しくて、何がダメなのか・・・でも)
    「好きだ・・・」
    (一つだけはっきりしてるのは)
    (心の底から感じるうれしさと安心感)
    (これを感じれるのは、弟とこうしている時だけ)
    「・・ばかっ・・・」
    美優が弟の肩に顔を寄せる。
    (ダメなのは弟だけじゃない。私も・・・)

    酒によって眠らせて犯しまくっていた美人のお姉ちゃんと「禁忌の絆」で結ばれるという、弟くんにとっては最後まで夢のような物語でしたね。


    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/942-98103618

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索