FC2ブログ

    Entries

    ラフ&エロス(その2)

    前回紹介した『あの!お母さんの詳細』の続編である、はいとく先生のCG漫画『あの!お母さんの詳細~息子の夏休み編~』では、夏休みに息子が実家に帰ってきて1ヶ月間お母さんとエッチしまくります。
    あの!お母さんの詳細~息子の夏休み編~
    家に帰って来るなり母の服を脱がしにかかる息子。
    母子はそのまま夫婦の寝室のベッドで激しく交じり合った。
    翌朝、出社する父を見送ると、息子は玄関で母の性器を1時間も弄り続けた後に犯し、家事をこなす母の隙を見つけては熟した女体を味わうのだった。
    それでも彼の「禁断の欲望」はおさまるどころか膨張する一方で、帰宅した父がテレビを見ながらウトウトしている後ろで母の乳房を揉みながら舌を絡ませ、父が寝室に行くと居間のソファで声を殺しながら「近親相姦」をした。

    (次の日からお父さんが家の中にいてもするようになった)
    (服を着たままパンツをずらして挿入れていれば・・お父さんが来ても大丈夫・・すぐにいつも通りに振る舞える・・・)
    椅子に座った息子の上に尻を落として、性器を結合させる母。
    (そんなことをふたりで話し合って納得したフリをしていたが・・・)
    「はッ、はッ、あッ、あッ、はあッ、あッ、はッ、はあッ、はッ、あッ、はッ、あ゛んッ」
    (冷静に考えてみれば、こんなに夢中になっていたらお父さんが来たとしても気づかないはずだわ・・・)
    (ただSEⅩしたいだけ。お父さんに内緒でSEⅩしたいだけの都合のいい言い訳・・・)

    夫に見つかる危険を感じながらも、すでに熟母にとってそのスリルも「禁忌の快楽」になっており、息子の言うがままに家のあちらこちらで隠れてセックスしまくるようになります。

    仕事から帰ってきた夫を出迎える母。
    「お疲れ様でした」
    「ふーっ・・今日は本当に疲れたよー・・取引先でさー・・」
    (あなた・・ごめんなさい・・・)
    (私、そのソファで30分前まであの子とSEⅩしてたのっ。息子に足を無理矢理拡げられながら・・・)
    (あなたのこと考えるたびにすごく興奮しちゃって・・・)
    夫が風呂に入っている僅かな時間にも彼女は息子と繋がる。
    「母さんっ、早くイかないとっ・・父さん上がってきちゃうよっ」
    母の尻に突き入れながら息子が告げた。
    「だめっ、バレちゃうっ、怖いっ、でもっ、興奮してるっ」
    (あなたがうたた寝してるその隣でSEⅩするのも当たり前になってきちゃった・・・)
    (知ってる? あなた最近お酒が弱くなってきて晩酌の後は必ず寝ちゃうでしょ?)
    (私たち、そのたびに隣でSEⅩしてたんだよ? バレないように)
    (あなたが寝室に移動してぐっすり眠ってる頃には・・・隣のあの子の部屋でSEⅩしてたのよ。二人とも興奮して声を殺す余裕もなくなっちゃってた)
    深夜になっても、母子はまだ絡み合っていた。
    「あ゛―――っ、母さんっ、でるよっ、精子でるよッ」
    「あ゛っ、あッ、あんっ、あっ」
    「でるでるッ、でるでるッ」
    「あッ、はっ、だひてッ、しゃせいっっ、お母さんの中にっっ、しゃせいッ、しなさいっ」
    (夜中の2時・・息子の舌先で口の中をめちゃくちゃにされながら、息子の射精を受け止めた)
    (なんだかんだで世界で一番愛おしい息子・・・その息子に見つめられながら射精される)
    (母として、そして女としての悦びを同時に感じながら、どうしようもない多幸感に浸っていた)

    すっかり「息子の女」になった感じのお母さんですが、息子の夏休みが終わると「常識」が蘇り、前作のように「罪悪感」でずーんと落ち込んで終わり。
    家族のためにしっかり働いてくれている父(夫)を裏切るという物語なのですけど、ダークな雰囲気にはなっていません。

    今作はページ数が21Pから54Pと大増量し、舞台もアパートの1室から二階建ての実家となり、「母子相姦」の期間も1泊から1ヶ月となって充実した内容でした。
    なんと言っても父親がいる家の中での「近親相姦」に「背徳感」が感じられて良かったですね。


    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/927-25e9b8b7

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索