FC2ブログ

    Entries

    法の下の衝動(肝っ玉母編)

    同人CG集『母親による筆おろしが義務化された世界』に登場する二人目のお母さん――小川洋子は元どぼじょ(土木作業の仕事をする女性)です。
    小川洋子
    黒猫スミスの『母さんの女穴『あな』つかわせて』に登場する母親も建築大工の現場監督をしていましたね。
    こういう職業の母はやはり男勝りの性格なのが定番で、塾講師だった山田里美とは異なったタイプになっています。
    息子も真面目で優しいタイプから母親の言うことを聞かないやんちゃタイプに変わっていますね。

    しかし、物語の流れはほとんど同じで、息子の「初めての夢精」から法的に義務づけられた「母親による性教育」が始まり、その最後には「筆おろし」をすることになります。
    荒っぽい口調で話しながらも優しく息子を射精に導くお母さんがいいです。
    未亡人だった里美とは違い、小川家には夫(父)がおり、妻が息子とセックスすることに嫌そうな顔を見せます。
    まあ、そりゃあそうですよね。国民の義務とは言え、父が「母子相姦」を認めたくないのは当然でしょう。
    洋子自身も「私だって息子とセックスするのは抵抗あるよ」と言っています。
    しかし、ラブホテルで「筆おろし相姦」をすると、「禁断の欲望」を暴走させた息子が母親の肉体を求めるようになり、それを拒絶できない彼女は夫に隠れて「近親相姦」をする関係を続け、いつしか実の息子を「異性」として愛してしまうのです。

    居間で夫がテレビを見ている間にトイレで息子に後ろから突かれ、夫が仕事から帰って来る前に息子と一緒に狭い湯船に入り膣内射精をされた。
    「もう・・息子とセックスしてるのバレたら、母ちゃん離婚されちゃうよ・・・」
    「大丈夫。そんときは俺が母ちゃん貰うから」
    「その言葉・・忘れんじゃないよ。本気にするからなっ」
    「いいよ、母ちゃん愛してる」
    「ば~か・・・・愛してるよ」

    完全に相思相愛となった母子は父が眠りにつくと、全裸でトイレに入って初めてのアナルセックスを経験し、パート先のパン屋でも客がいない間に交わり、ついには一週間のオナ禁で溜めた精液で「子作り相姦」をします。

    夫が眠ると洋子はパジャマを脱いで布がほとんど無いエロ水着姿になり、居間に布団を敷いて息子の前で淫らに股を開いた。
    少年は父親が襖の向こうで寝ている状況で母に挿入し、激しく腰を振りたくりながら母と舌を絡め合い、「禁断の絶頂」へと向かっていく。
    「ああッ! 洋子ッ、イクよ!」
    「んゥッ! 出してッ! おグッ! 孕ませてぇッ」
    暗い部屋で熟母が豊満な乳房を揺らしながら喘ぎ叫ぶ。
    「うんッ! 洋子ッ! 洋子っ!」
    「あぁッ! ああッ! あッ! ああァッ!」
    「ああっ、イクッ! ああっ・・・」
    「ああッッ」
    濃厚な精液を注がれて裸身をヒクつかせていた洋子が顔を上げて息子を見つめる。
    「ああ・・母ちゃんのお腹、あんたの子種でいっぱいだよ」
    「気持ちよくていっぱい出た。赤ちゃんできたかな?」
    「妊娠するまで・・・してくれるかい?」
    「もちろんだよ」

    やはり夫(父親)がいる状況での「母子相姦」は「山田家編」よりも「背徳感」や「スリル」を感じられますね。
    愛する息子の子を妊娠しても洋子は旦那に「真実」をなかなか打ち明けられませんでした。

    土木の親方である夫が弟子たちと懐妊を祝う宴会をしている中、彼女は息子と夫婦のように呼び合いながら交わっていた。
    「洋子ッ、洋子ッ」
    「うぐッ! あなたッ! はぁッ、あなたッ!」
    「ああッ」
    腹の膨らんだ母が布団の上で四つん這いになって後ろから息子に犯されている。
    「あ゛ァッ、はぁっ」
    「母ちゃんと結婚したいっ」
    「んぁッ!? あぁッ、あッ、結婚・・ッ、ええ・・っ! あッ・・はぅ」
    息子からの突然の求婚に目を見開く洋子。
    「本気だよ! お風呂で母ちゃん貰うって言ったじゃん」
    「あぐッ、はぁッ、あッ」
    「俺を父ちゃんにしてよ!!」
    「あッ、んあっ、嬉しいッ、あんッ」
    「母ちゃんっ、出すよ!」
    「ハァッ、ハァッ、あぁッ! んぅッ! あぁッ! あぁッ! っあぁぁッ!!」
    「ああッ、イクッ!!」
    「んアッ、ア゛アッ」
    少年はさらに激しく突き入れ、子宮内の我が子に届けとばかりに射精した。
    「はぁっ!!」
    「あぐッ!! あ゛ッ、あ゛ア゛ッ」
    「うっ・・あっ・・母ちゃん・・・愛してる」
    「うん・・私も愛してるよ。はぁっ、はぁっ、でも・・母ちゃんと結婚は出来ないよ」
    息子のペニスが引き抜かれ、大量のスペルマが母のヴァギナからこぼれ出る。
    「あ゛っ・・」
    「親子の結婚を認める法改定がされるってテレビで言ってたよ」
    「え・・」
    「筆おろしで妊娠した夫婦が離婚するケースが多くなったから・・・」
    「はぁっ、はぁ」
    荒い息を吐きながら母は息子の顔を見つめ、決意の笑みを浮かべた。
    「愛してる。結婚しよう、母ちゃん」
    「あんたと夫婦になれるなんて夢みたいだよ・・・幸せにしてくれるかい?」
    「絶対にするよ!」

    「山田家編」よりも「母子結婚」が法的に認められるようになるタイミングが多少早くなっていますけど、その法改正前に母と子が「近親愛」で強く結ばれていることが大きなポイントになっていると思います。
    『母親による筆おろしが・・』に登場する三人のお母さんの中では、この母ちゃんが一番好みでしたね。

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/883-42289cf8

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索