FC2ブログ

    Entries

    教育的ジドウ(1時間目)

    あ~る・こがの単行本『パパのせーきょーいく』には、様々なご家庭で「禁断の関係」になった父娘たちを描いた全8話のオムニバス作品が収録されています。
    パパのせーきょーいく
    その1作目の『穂美久の場合』では、専業主夫のパパが娘のスマホを見て、自撮りのヌード写メがあるのを発見してしまいます。
    穂美久の場合
    「親」としての心配より、娘のヌードに「男」として欲情してしまった父。
    仕事で疲れている妻が先に寝室に消えると、彼は台所で椅子に座りながら自慰をして「禁断の欲望」を発散させようとするが、知らぬ間にダイニングテーブルの下に潜り込んだ娘に肉棒を咥え込まれて射精してしまう。
    「穂美久、お前・・パパに何て事を・・・」
    そう言われても少女は笑顔を見せながらテーブルの下から出てきた。
    「口内しゃせーしたクセに。ねっ、コレ、ママに言われたくなかったらー」
    「え?」
    下半身丸出しの父に幼い身体をすり寄せる娘。
    「相談に乗ってよ、性の悩みの」

    その悩みというのが「恋人から性器が狭すぎると言われている」というもので、お父さんは娘の濡れた性器の中まで見て、味を舌で確かめ、勃起した肉棒で膣の狭さを試すのでした。

    椅子に座った父に背を向けて乗る形で交わる少女。
    「んっ、んっ、んっ、はぁ、あ~~~~~~~~~~~」
    未成熟な膣の奥までペニスを迎え入れると、穂美久は甘い喘ぎを漏らした。
    「ちょっ、声が大きいよ!」
    「ん、ごめ、ん、どう・・? パパ、穂美久のここ狭すぎ・・る?」
    「うん・・でも、ぎゅっと包み込んで・・きもちよすぎる・・・」
    「ほんとに?」
    「本当だよ。穂美久のまんこ、サイコーだ」
    「はっ、ありが・・と・・パパ・・穂美久の・・膣に・・射精していいよ、あ、あ」

    結局、父は「禁忌の快楽」には逆らえず二度も膣内射精をしてしまい、その後も妻(母)には秘密の「禁断関係」になるのでした。
    JSの娘に「恋人がいる」というのは大きなマイナスポイントですけど、その件に関しては後の作品で説明があります。


    『志織の場合』では、少女が父親との二人旅行先の旅館で「近親相姦」をしまくります。
    志織の場合
    2ヶ月程前、一緒に風呂に入った娘が浴槽の中で太股に跨って股間を擦り付けてきたことから父の「理性」は崩れていく。
    (私は激しい劣情と同時に)
    (ひとつの使命感を覚えた)
    (志織に性教育して「女の悦び」を教えるのは)
    (父親である私しかいない・・・)

    高齢になってから授かった娘を溺愛している彼は、人見知りが激しい少女に「男」を教えるという理由で「禁断の欲望」を解放します。

    他の男も入っている露天風呂で父親が娘の処女を奪い、幼い子宮内に射精した。
    「よく頑張った。パパも気持ち良かったよ」
    荒い息を吐く娘の裸身を父が支える。
    「でも、パパ限界だ。部屋に戻って休もう」
    「・・ダメです。もっともっとSEⅩしていただきます」
    そう言って少女は妖艶に微笑んだ。

    「今晩中にパパのおち○ちんに志織の事を覚えさせておきたいんです」と告げた娘は、その言葉通りに部屋に戻っても父親と交わり続けます。

    (やっと気付いた)
    (主導権は私ではなく)
    (志織が握っていた)
    「はや・・く、パパと、あ、ん、2人きり・・になりたかっ・・あ」
    布団の上で父親の肉棒を突き入れられながら、少女が甘い艶声を漏らす。
    (私は志織に性教育していたのではなく)
    「あぁ・・パパ、イク、イク」
    (されていたのだ)

    初老の父親を操る少女の魔性が感じられるのが良いですね。
    この本ではこうした様々なパターンの「父娘相姦」が描かれていきます。

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/873-7d6e2f2c

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索