FC2ブログ

    Entries

    清楚な母が堕ちる時。(その4)

    南雲医師にアナル調教されて朝帰りした熟母。
    帰宅した彼女はテーブルに残されたご馳走とプレゼントの袋を見て、やっと思い出した。
    (私の誕生日だ)

    『母が白衣を脱ぐとき』の「第4巻」では、いよいよ息子が「母親ネトラレ」と向き合うようになっていきます。
    母が白衣を脱ぐとき(第4巻)
    「ナース時計ね。とっても嬉しい、ありがとう。よく知ってたわね」
    起きてきた息子に向かって必死に笑顔を作る朝美。
    「これスイスのメーカーなのよ。使うのもったいないかなぁ」
    「母さん、本当に仕事だったんだよね」
    「え?!・・えぇ」
    息子の問いに動揺してしまう母。
    「喜んでくれてよかった。僕もう少し寝るよ」
    そう言って自室に戻った少年は、ベッドの枕を力一杯叩きつけた。

    (バレた? まさかね・・・)
    (約束を破ったことを怒っているのね)
    彼女はテーブルの料理を一口食べ、昨晩行われるはずだった息子との誕生パーティーを思う。
    (本当ならここに・・・)
    (どれほどの幸せな時間が流れていただろう)
    息子から送られたナース時計の重みを確かめる母。
    (なんてことしてしまったの私)
    (自分のことでいっぱいいっぱいで・・・)
    (いつもならあの子が何を考えてるかなんて読み取れてたハズなのに・・・)
    (誕生日だって、毎年のこと・・・)
    (私どうかしてきてる)
    朝美は「母」としての「家族愛」が「女」としての「欲望」に浸食されていることに愕然とした。
    (こんなんじゃいけない)
    (南雲先生とのこと)
    (ハッキリさせなきゃ)

    みなは昨晩の朝美が残業ではなかったことを陽平に伝えませんでしたが、彼は帰宅した母が香水をつけていたことから「嘘」を確信していました。

    朝美はみなから陽平が「母の男」の存在に気づいていることを伝えられると同時に、息子と付き合っていると告げられた。
    (何も言えなかった)
    (母親として)
    (何も・・・)

    しかし、それでも熟母は南雲にカラダをまさぐられれば「女」になってしまうのでした。

    (こんな時でも求められれば拒めない)
    (南雲先生は私のなに? この人とどうなりたいの?)
    医師の前に跪いてペニスをしゃぶる看護師長。
    (この人のことが好きなの?)
    (将来的にこの人を陽平の父親として迎えるの!?)
    (あり得ない)
    (なら愛人でいたいの?)
    (自分の気持ちがわからない)
    彼女は剥き出しになった尻を突き出す。
    (ただわかっていることは)
    (コトが始まってしまえば、すべてを忘れて)
    (どうしようもなく)
    (身体が求めてしまう)
    「あはあぁ」
    後ろから朝美に挿入した南雲は、そのまま椅子に座って彼女を犯し続ける。
    「アン! アアッ、ホア!」
    豊満な乳房を揺らして甘い喘ぎ声を上げながら、朝美は息子に帰りが遅くなるとメールを送った日のことを思い出していた。
    (私はあの時)
    「アウッ、アー!」
    (自分の意思とは関係なく)
    (何かを選択してしまったのかもしれない)
    再びバックで激しく突かれまくる。
    「アアア、あ゛あ゛あ゛」
    (今さら考え)
    (自分で選ぼうとしても)
    「い゛い゛、イク、イっくウウゥ~~~~!」
    (きっとすべてが)
    (遅すぎた)

    「母」としての自分を取り戻そうとした彼女ですが、すでに「女」として堕とされているという「現実」に気づく結果となりました。
    その後の朝美はさらに堕ちていく一方で、着物姿で南雲と一緒に初詣に行っては犯されまくり、休日に南雲の自宅に行っては1日中アナルを犯され、ついには自宅の近くで野外セックスしながら「好きです、南雲先生」と告げてしまうのです。

    一方、息子の方もみなとの「恋人関係」を深めていき、「僕はみなさんと結婚するもん」と甘えるような仲になっていました。

    朝美が犯されながらよがり声を上げていた頃、みなも陽平に「女」としての悦びを与えられていた。
    「アハア!」
    (陽平くん無しの生活なんて、もう考えられない)
    「イイ! スゴイ!」
    (師長が陽平くんを蔑にするなら)
    「もうダメ、ダ・・あぁ」
    (私が奪ってみせる)
    「あうう! イクイク、またイク」
    裸身をのけぞらしながら、彼女は絶頂に達した。

    (私が守っていく)
    (その思いとは裏腹に)
    (陽平くんの中で芽生えはじめた闇に)
    (私は気づけずにいた)

    「第4巻」は南雲の「女」となった朝美が地方学会にかこつけた温泉旅行先で、雷山部長の「愛人」となっていた佐藤夕子と一緒に犯されるシーンで終わります。
    もはや「母子相姦」など望めそうもない状況ですが、息子の中で芽生え始めた「闇」だけが「希望」なのでした。


    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/846-acb73c64

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索