FC2ブログ

    Entries

    母じゃない・・女としての本能にまみれた性が解き放たれる!!(その12)

    御手洗佑樹の『いかにして母は女を解放したか After Story』は、本編から3年が経った「後日談」です。
    いかにして母は女を解放したか After Story
    この話の静也が17歳ということなので、本編の時は14歳の中二だったんですね。
    母子は今でも仲良しで、毎週日曜日という取り決めで「近親相姦」を続けていました。

    「今日は生でしてもいいでしょ? 母さん・・・」
    ベランダでの散髪を終えた静也が後ろから母に抱きつき、豊満な肉体をまさぐる。
    「あっ」
    「前もその前もずっとゴムつけてたから。いいでしょ?」
    「こっ・・こら・・・」
    (本当は絶対いけない事なのに)
    「母さんと生でできると思って一人でするのずっとガマンしてたのになー」
    (なんてカワイイ事をいわれると)
    「もう・・・」
    春香は振り返り、息子の頬にキスした。
    (何でもさせてあげたくなり)
    (何でもしてあげたくなる―――)
    「晩御飯の間に考えとくわ」
    「なんだよソレー」

    彼女が膣内射精を拒むようになっているのは、いつかは「禁断の肉体関係」に終わりの時が来ることを覚悟しているからですね。
    名作『母コン』の「後日談」では、そういった母親の「理性」と「不安」が丁寧に描かれていました。

    夕飯を終えると母子は全裸になり、春香は愛する息子の精液を飲み干した。
    「どうして、いつも精子飲んでくれるの?」
    「どうしてって・・だってコレは静也の大事なものだから。の・・飲みたい・・のよ・・・」
    目を逸らし少し恥ずかしげに答える母。
    「じゃあ、中にも出していいよね?」
    「ダーメ、生でガマンしなさい」
    「ずっと中に出していいって約束したじゃん。母さんのうそつき」
    「ごめんなさい・・・でも・・こんな事続けていると離れられなくなっちゃうから・・・」
    そう告げる母と静かに唇を重ねる少年。
    「だったら離れなきゃいいじゃん・・・ずーっと二人でいようよ。ね? 母さん・・・」
    「・・・・・・」

    まだ高校生である静也の言葉には被保護者的な響きが感じられ、『たとえば母が』の緑川正樹のように母親を自分が「男」として守っていくという責任感は足らないようですけど、愛する息子から「ずーっと二人でいようよ」と言われた春香は膣内射精を受け入れるのでした。

    「いいの? 母さんの中に出していいの?」
    腰を振りたくりながら静也が問う。
    「いいわっ、射精してっ!! 静也の精子 母さんの中にちょうだい!!」
    (愛しい息子は射精するとき)
    「うっ!!」
    (ピッタリと身体を合わせて)
    (甘えるように私にキスをせがんでくる)
    (出す瞬間は腰をゆっくりと動かして――)
    (こすりながら射精する)
    (最後の最後まで私の体を使ってくれる)

    (それがうれしい)

    少年は母を腰の上に乗せると、下から子宮の入り口まで肉棒を埋め込み、母親に「女」としての悦びを与えた。
    「あっ!! あっ!! あっ!! ああっ!!」
    豊満な乳房をタプンタプンと揺らし、腰を悩ましげにくねらせながら、春香が甘い喘ぎ声を上げる。
    「ダっ、ダメ、静也っ!! かっ・・母さん・・もうっ!! イっちゃう!! イっちゃう!!」
    「僕も、また出るっ!! 一緒にイこう、母さん!!」
    「あっ!! あっ!! うん、いっ、一緒にっ!!」
    「禁忌の快感」が波となって女体を駆け巡り、春香は切なげに美貌を歪ませた。
    「あっ、ダメっ、静也っ!! イって、早くっ!! 早くっ!! 母さんイっちゃう!! イっちゃう!!」
    「うんっ、出す!! また母さんの中に出すよ!!」
    「あっ!! ああああぁ――!! っく・・っ、イっく・・・イくぅ――――――っ!!」
    母の絶頂と同時に息子も射精し、母子は口づけを交わした。

    「母さん・・・今日・・一緒に寝ていい?」
    静けさが戻った寝室で、隣に横たわる全裸の母を見つめる静也。
    「ウフフ、いいわよ」
    春香が穏やかな微笑みを返す。
    「ほら・・もっとこっちにいらっしゃい・・・」

    (開放した扉の先には)
    (素晴らしい毎日があって―――)


    この話で『いかにして母は女を解放したか』のシリーズも本当に完結といった感じですね。
    単行本に載っている「人物紹介」がないと説明不足の部分もありましたけど、後半の「母子相姦」をたっぷりと描いてくれたので満足な内容でした。

    次回は、類似の「母親ネトラレ漫画」との比較考察を少し述べてみたいと思います。


    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/817-c588cc41

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索