FC2ブログ

    Entries

    母じゃない・・女としての本能にまみれた性が解き放たれる!!(その6)

    御手洗佑樹の『いかにして母は女を解放したか』の「第11話」のラストで秋月母子の家を訪れたのは、静也の味方である綾城千鶴でした。

    その「第11話」の後にWeb雑誌に掲載された『いかにして母は女を解放したか~Chizuru Chapter~』は「番外編」のスピンオフショートストーリーとなっていましたが、単行本では「第12話」として本編に組み込まれています。
    いかにして母は女を解放したか(第12話)
    「第12話」は少し時間が遡り、「第10話」の母と三木司のセックス動画を見てしまった静也が千鶴にメールを送り、少年売春の客である谷口薫をイカせまくってから、母親のいる浴室に向かうまでの間の内容です。

    「僕・・先に帰りますね。延長料金もらってないんで早く帰らないと・・・」
    ベッドで荒い息を吐きながら裸身をヒクつかせている薫に事務的に告げる静也。
    「ご利用ありがとうございました」
    少年がホテルから帰ろうとすると、ポケットの中のスマホが震える。
    それは千鶴からのメールだった。

    『隣の部屋に いるから おいで』

    「やめていいんですか? 僕・・・」
    「うん、だってイヤイヤやってたんでしょ、君。あそこは本人の意思でする秘密のバイトなんだから。ダメよ、そんなの・・・」
    ベッドに座った千鶴が少し寂しげに微笑む。
    「木辺くんにその事を話したら大慌てだったわよ。彼、全く状況を把握してなかったみたいだね」

    静也の事情を聞いた彼女は、少年を「売春の世界」からあっさりと解放してくれました。
    千鶴はどこまでも彼の味方でしたね。
    ちなみに、単行本に載っている設定によると、彼女の旦那は資産家ですが老齢の性的不能者なので「少年売春遊び」を公認しているそうです。

    「でも・・どうして・・・こんな事仕組んだのかな? 桐野くんは・・・」
    「仕組んだ? 桐野くんは何も仕組んだりしてないですよ。ちゃんと約束守って母さんの動画をUPしないでくれてます」
    「まったく・・人が良すぎるわよ、静也くんは・・・」
    「え?」

    ここまでされても桐野をまだ憎んでいない静也。
    他人を疑うことを知らない無垢な少年ではあるのでしょうけど、それと同時に「友との絆(友情)」に対して過剰な期待をしていないのではないかと思います。
    彼が絶対的に信じていたのは「母子の絆(家族愛)」だけだったのでしょう。

    「しよっかH? あんまり時間ないけど」
    「・・あ・・でも、もうやめてもいいんじゃないんですか? 僕・・・」
    「そうよ。だから・・・ちゃんと愛のあるSEⅩをするの。した事ないでしょ・・静也くんは」

    これまで「ビジネスセックス」しか知らなかった静也が、ここで初めて「愛の営み」を経験するんですね。
    「セックス」に肯定的な意味を見つけたことは、母との「絆」を取り戻すための「近親相姦」へと繋がっていきます。

    「最後のセックス」で千鶴は危険日にかかわらず少年に膣内射精することを許可した。
    「膣内に射精してっ!! イかせてっ!! 愛のある・・ん、SEⅩだもんねっ」
    静也の腰の動きに合わせて豊満な乳房をタプンタプンと揺らしながら千鶴が告げる。
    「いいんですか? はっ・・!!」
    「いいわっ、私に膣内射精してっ!!」
    美しい熟女と少年が舌を淫らに絡め合う。
    「ふぇ、ふぇきたら、産んでっ・・あん、キミを育てて・・っ、あげるっ!!」
    唇を離した千鶴は必死で腰を振る少年を愛しげに見つめた。
    「はっ、初めてのキスは?」
    「千鶴さんです!!」
    「はっ、初めてのフェラはっ? あっ、ゴックンは?」
    「千鶴さんです!!」
    「H・・SEⅩは? 中出しはっ?」
    「千鶴さんです!!」
    「う!! っく!! っく!! うっ!! いくっ!! いっく――ああああァァ――――!!」
    いくつもの「初めて」を与えられた女性の膣内に少年は「最後の射精」をした。
    「お・・送って・・あげるから・・・も・・もう・・戻ってきちゃダメよ・・・」

    そして千鶴は車でマンション前まで静也を送り、翌日に母親の春香に会うことになります。
    その会話のシーンは描かれていませんが、彼女は静也が母親の「淫らな秘密」を守るために少年売春で働かされていたことを教えに来たのです。
    千鶴が秋月親子に与えた影響は非常に大きかったと言えますね。

    「あの千鶴さん・・・」
    「ん? なぁに?」
    「母親って・・・そんなに女でいたいんですか・・・」
    「うーん、皆が皆そうじゃないと思うけど・・・キミのママはそうかもしれないわね・・・」
    「そっか・・・そうだったんだ・・・」


    次回で母子は新しい「絆」を結びます。


    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/811-4bc09be3

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索