FC2ブログ

    Entries

    遠くの美少女より近くの熟母(前)

    前回に続いて今回は灰司のデジタル漫画『近女誘惑(ママ編)』の「前編」。
    近女誘惑(ママ編)前編
    麻里が目隠しを外すと部屋の扉が開き、アイマスクを付けた息子がふらつきながら入ってきた。
    (あー、どうしよう、本当に実(息子)が!)
    「お、お姉さんが、ヤらせてくれる人なの?」
    その言葉に彼女の胸の鼓動が高鳴る。
    (やる・・・今から実の息子と・・・)

    この息子の名前は実(みのる)というのですけど、「実(じつ)の息子」という表現もあったりしてちょっとややこしいですねぇ。
    息子との性行為に「罪悪感」を覚えながらも彼女はビデオカメラの前で恋人同士のような口づけで舌を絡ませ、豊満な乳房を揉まれ、赤ん坊の時とは違う吸い方で乳首を愛撫され、秘肉を舌と口で刺激されて絶頂に達してしまいます。

    太腿で息子の頭を挟んだままビクンビクンと女体を痙攣させる麻里。
    しばらくして彼女が脱力すると少年が顔を上げる。
    「お姉さん、今のイッたんだよね? そうだよね?!」
    「・・・聞かないで」
    「やっぱりイッたんだ?! やったぁ!」
    (何これ?? こんな感覚・・・初めて?!)
    上機嫌の息子はさらにフェラチオを求める。
    「普段・・自分でしてたりするの?」
    目隠しをした息子のペニスに触れながら母が問う。
    「うん。た、たまにだけど」
    恥ずかしそうに答える少年。
    「・・・内緒だけどママの下着とかでもしてる」
    (嘘! 私のなんかで?)
    (いくつか下着が無くなってたのは・・)
    「いけない子ね!」
    彼女が肉棒を少し強く握った。
    「あ!」
    「もうしちゃダメよ?」
    「えへへ・・ママに怒られてるみたいだな」
    「・・・・」
    動揺を隠すように麻里は眼前の亀頭を舐める。
    「ママはこんな事しないでしょ?」
    「うあ!」

    彼女はそのままペニスを咥えこんで息子の射精を口で受け止め、ついに「近親相姦」をしてしまいます。
    生挿入の「快感」を久しぶりに感じながら熟母は自分の「理性」を保てるうちになんとか息子を早くイカせようとしますが、少年は母を正常位だけでなくバックや騎乗位でも犯しまくるのでした。

    「もうガマンなんかしないでイッってよ!」
    母を身体の上に跨がらせた少年が乳房を鷲掴みしながら腰を突き上げる。
    「あ! ダメ!」
    「僕、お姉さんをイカせたいんだ!」
    「いやぁ! そんな!」
    (そんな下から突かれて!)
    「あぁ!」
    (胸も責められたら! もう!)
    「だめ! いやぁ! あぁ! いやぁ!」
    (だめ! さっきギリギリまで我慢してたから!)
    「あぁ! ダメ! だめぇえ!」
    (その反動で! すごいの・・がぁ・・あ!)
    「あ゛あ゛っ!! んっぁ、はっあ゛あ゛ぁ!!!」
    「うわ! すごい締め付け! 中がビクビクしてるよ?! イッたんだ!」
    はしゃぐ息子を抱きしめる母。
    (イカ、された・・・とうとう・・)
    (それも今までのとは比べ物にならない位の・・・)
    (わたし・・ホントの絶頂を知らなかったんだ)
    (それを息子に教えられるなんて・・)
    「お、お姉さん! さっきから締め付けるから出ちゃうよ! 早く抜いて!」
    「え?! ダメ!」
    「もう出ちゃうから!」
    「まって!」
    必死に彼女は身体を離そうとするが足に力が入らず、逆に伸し掛かるように倒れ込み、息子の精液を膣内に注がれてしまう。
    「うあ゛ぁっ!! あ゛っあ!! はっひっぃ、いやあぁあ」
    (で、射てる!)
    (射ちゃってる!)
    (熱い! 精子がぁ!)
    (凄い勢いで射精してるのがわかる!)
    (射精の痙攣と精子の発射でまだ私の膣を責め立てるみたいに)
    「あ゛ぁっん、くっぅあ゛っあぁ」
    (本能的に奥に奥にと射精してる)
    (子宮めがけて精子を送り込もうとしてる)
    「はっ、やっんっ、うあぁ」
    (女を妊娠させようとしてる)
    (私は・・・)

    (この子の女にされたんだ)

    「禁断の膣内射精」によって「理性」のタガが外れてしまった彼女は、積極的に息子とのセックスを求めるようになり、色々な体位で何度も何度も交わります。

    「ねぇ、お姉さん! またこーやってHしてくれる?」
    「・・・・目隠しだけは外さないって約束できる?」
    「やったぁ! じゃあ約束の!」
    バックから犯されながら息子と指切りげんまんをした美母は、指を切ったと同時にまた精子を注がれ、涙を流して甘い歓びの喘ぎ声を上げる。
    「あぁああ!」

    (それを私から破ることになるなんて・・・)


    「序章」では息子の視点で描かれていましたが、「前編」は母親の視点になっています。
    「目隠し相姦」というと『たとえば母』でも同じようなシーンがありましたけど、あの時は母親の方が目隠しをしていて相手が息子であることを知りませんでした。
    今回は息子の方が目隠ししているので、母が「近親相姦」を自覚しているのが大きな違いですね。
    息子も本当は相手の女性の正体を「知っている」わけですけど、(録画しているとはいえ)アイマスクで愛する母の裸身を直接見ることができないのは残念でしょう。
    この「目隠し相姦」の主目的は息子自身の欲望実現ではなく、母親の「禁忌の欲望」を目覚めさせることにあるんですね。

    「後編」は今年の前半をメドに制作予定ということなので楽しみです。

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/785-fe5a1510

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索