FC2ブログ

    Entries

    底無しの禁断愛(その3)

    「瞳~ 私のビールも残しておいてよ~ ひとみ~?」
    風呂場から出た悦子が脱衣所で髪をとかしながら声をかけるが返事はない。
    居間に行くとテレビはつけっ放しなのに誰もいない。
    寝室のドアが少し開いていることに気づいた彼女が暗い部屋の中を覗き込むと、そこにはベッドの上で拘束された妹がいた。
    母子沼(第3話)
    Clone人間の『母子沼』(3話)では、暴走状態の少年が叔母に続いて母も身動きできないように隣のベッドに縛り上げ、ついに「近親凌辱」を開始します。

    「博之・・・っ、あなた・・何を考えてるの・・っ、こんなもの外しなさい・・っ」
    「お風呂上がりのいい匂いがする。凄く艶めかしいね・・ママ」
    「ひろ・・ゆき・・!?」
    母の言葉を無視して彼はベッドの上の叔母の肢体に触れる。
    「博之・・何の冗談、ママ怒るわよ・・っ、外しなさい。博之っ、聞いてるの・・っ、瞳に変なことしないで」
    「貴女に指図される覚えはないよ、変態雌ブタ女」
    「・・・・・博之・・?」
    バスタオルを捲って叔母の秘裂を露わにする少年。
    「これから大好きな瞳さん犯すから、そこで見てて」

    息子の言葉から母親に対する愛憎の想いが感じられます。
    18歳になっても母親を当たり前のように「ママ」と呼ぶマザコン少年にとっては、愛する母に裏切られた「憎しみ」こそが「禁断の扉」を開く最後の鍵になったのでしょう。
    「愛情」や「欲望」だけではおそらく母を悲しませるような行為はしなかったと思います。
    そういう意味では悦子の「ビッチ設定」も必要だったのだと言えますね。

    博之はノートPCに転送した「ハメ撮り動画」を母に見せた。
    「忘れられないんだ。8年前のあの日のママのあの表情が・・・」
    「・・・・!」
    剥き出しのペニスを勃起させながら悦子に近づく息子。
    「わかったんだ。ママの本当の姿を見て、あの日の表情の意味が。息子が帰宅するかもしれないスリリングなシチュエーションで若い男との情事に酔いしれた女の顔してた」
    「違うの・・聞いて博之」
    「いいんだよ、ママ。許してあげる・・ただこれからは僕だけにあの表情は見せてほしい」
    (8年前・・・高屋君とのこと!?)
    (この子・・あのときのこと・・まだ覚えて・・・)
    「聞いたよ、中出しされるのが好きなんだって? 赤ちゃんほしかったんだね」
    「え?」
    「いいよ 僕が、孕ませてあげる」
    (何て言ったの・・・今・・!?)
    息子の亀頭が母の美しい顔に擦りつけられる。
    「ば・・バカをい・・いわ・・言わないで・・・」
    (この子・・母親を・・ハラマセ・・!?)
    「拒むの?」
    「あ・・当たり前でしょ、あなた頭おかしいんじゃないっ、お・・親子よ、私たち・・・っ」
    悦子が「母子相姦」を拒絶しようとすると、博之は叔母の瞳を犯して孕ませようとする。
    「瞳は関係ないわ。はなれなさいっ、やめ・・っ」
    「瞳さんの旦那さん、ママのこと好きだよね」
    「・・・・え」
    「凄いよね、妹の旦那まで虜にしちゃう。信頼している姉が最愛の夫と関係しているなんて・・・酷いよね、瞳さん」
    ボールギャグを咥えさせられて裸身をくねらせる叔母に話しかける博之。
    「ちょ・・ばか・・っ」
    「親族にばれたらどうすんのさ」
    (俊也さんとの行為まで知られてる・・・!?)
    「瞳違うのよ。あれは俊也さんから誘ってきて・・っ」
    「あはははは、本当だったんだ。カマかけただけなのに。PCに痕跡あったけど信じがたくて・・・」
    「・・・・・っ」
    「二人、昔から雰囲気よかったもんね。大丈夫、瞳さんは耳栓をしてるから聞こえてない」
    「そ・・人をバカにして」
    「バカにしてるのは貴女でしょう・・・・・よっ」
    ノートPCを閉じた博之は口枷が外れた叔母の耳栓を口に咥えて外した。
    「どうする? 挿入れちゃうよ。瞳さんと関係もっちゃうよ」
    「姉さんっ、どうなってるの、博之くんがいきなり・・っ、た・・助けて・・っ」
    「・・・・・」

    このお母さんは妹の夫とも不倫をしていたんですねえ。
    果てしないビッチっぷり。
    彼女は妹を息子の魔の手から守りたいという以上に、その「秘密」を妹に知られたくないという「弱み」を握られてしまいます。

    (博之はすべてを知っている)
    (・・姉として・・女として・・母として、崩壊のトリガーを息子に握られている)
    (瞳に私の醜態を晒すわけにはいかない)
    (この娘は昔から私を慕って憧れて・・・・すべてが終わるわ)

    (でも・・実の息子を受け入れることは・・許されない)

    (ああ・・どうしたらいいの)
    「やめて、博之くん・・・興奮しないで、姉さんどうにかして。ああ、いやしないで・・・お願い」
    妹の裸身に息子が覆いかぶさっている。
    (瞳を博之が孕ますなんて・・取り返しがつかない・・絶対に)

    (そ・・それならいっそ・・・息子と・・・・)

    拘束はしていますが「強姦」ではない方法で母親を「近親相姦」へと追い込んでいく息子。
    『第3話』の後半は次回。

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/769-fc212323

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索