FC2ブログ

    Entries

    裸の女王様

    高津の『王様アプリ~杉野秀一の場合~』(雑誌『コミックミルフ 2014年10月号 VOL.20』に収録)は、このブログで『第1話』『第3話』を紹介してきた「王様アプリシリーズ」の最終話になります。

    今作で特筆すべきは『第1話』のヒロインだった杉野美保(主人公の実母)が再登場したことです!
    王様アプリ ~杉野秀一の場合~
    かつてはいじめられっ子であった杉野秀一は「王様アプリ」で周囲の者を催眠状態にしてクラスを完全に支配しており、女教師も生徒の母親たちもエロ水着を着た異常な状況で授業参観を行わせます。
    ちなみに彼の支配力はクラス内だけでなく、電車の女性専用車両に乗ればОLたちは下半身丸出しで立っており、当たり前のように少年に凌辱されていたりします。

    授業参観で秀一は担任に「クラスの代表として参観に来られたお母様方の中からお前の好きに何人か選んでお手伝いして差し上げなさい」と言われ、子供の勉強風景を間近で見ている母親たちを公然と犯す。
    そして彼の提案で教室は熟母と子供の乱交パーティーになっていくのだった。

    いかにもエロ漫画らしい展開で絵的にも見栄えはいいですが、これで主人公の母親も他の少年に犯されたりすると、このブログ的には大減点なんですよね。
    しかし、作者はその点をしっかり分かっていました。

    「あっ?」
    淫らな喘ぎ声がそこかしこから響き渡る教室で立ち尽くしていた美保は息子に手を掴まれて頬を赤く染めた。
    「秀一・・も、その する・・?」
    「ううん、今はいいからさ。ウチに帰ろうよ・・ママ」
    家に帰ると全裸になった母子が抱き合って愛しげに舌を絡め合う。
    「んふ・・っ、んち゛ゅっ、ぁふっ・・ん」
    (僕のママだけは特別だからね・・・誰にもヤらせるもんか)
    (僕だけが犯していい、僕だけのママなんだ。他のおばさん奴隷と一緒にされたら困るよ)
    「ねっ、ママぁ、早く寝室行こうよぉ! 我慢出来ないよ」
    「帰ってくるなりこれなんだから・・ほんとにもう。じゃあ、お夕飯その後ね?」
    息子に勃起したペニスを擦り付けられながら平然と答える母。
    「ああ、そうそう貴方、今日の授業参観・・なぁにあれは」
    「お、お説教なら後にして―――」
    少し焦った顔になった息子の頭を美保は微笑みながら優しく撫でた。
    「秀一もママの見てないところで随分頑張ってたのね」
    「・・・っ」
    「見直したわよ」
    そんな母の顔を頬を赤らめながら呆然と見上げた少年が次の瞬間にはうつむいて唇を噛んだ。
    「・・・もっと早く、言って欲しかったな。そういう・・・言葉は」
    肩を震わせている息子を不思議そうに見つめる全裸の熟母。
    「? どうしたの?」
    「・・・ううん」
    秀一の口が邪悪な笑みの形に開かれる。
    「なんでもないよ。それよりもさぁ、今日はアレをやる予定だったよね?」
    「あ・・そうね、準備するわ」

    このシーンは非常に重要ですね。
    先ず、『第2話』から『第4話』までは他の女を好き勝手に犯しまくっていた秀一が「母親」を「特別な異性」として認識していたことが分かります。
    そして、少年が本当に望んでいたのは誰かに(特に母親に)自分の「存在価値」を認めてもらうことだったのも理解できるでしょう。
    今回母が息子を褒めたのは秀一がクラスの代表になっていたからですけど、もちろん本当の彼女ならあんなハレンチな授業参観を認めるはずもなく、つまりはこの褒め言葉も所詮は催眠状態でのものであり、少年の心は決して救われないのです。

    もはや「王様」を続けるしかない彼は白いベールをかぶった母と夫婦の寝室のベッドで「セックス結婚式」を行ないます。
    美保はその最中に夫へ電話して報告しますが、父親も「王様アプリ」の支配から逃れられるはずもなく、少年に『パパからママを寝取るなんて秀一も成長したな、偉いぞ』と言って妻と息子の結婚を祝福するのでした。

    「ふあ・・おはようママ」
    「おはよう・・最近ちょっと朝遅いわよ秀一! ホラ朝ご飯の前に顔洗ってきなさい」
    (実を言うと僕はもう王様アプリを使っていない)
    (ある課金を最後に使う必要が無くなってしまったから)
    テレビでは異国の女王が彼と交尾するために全裸で来日したニュースが流れていた。
    「女王様のロイヤルま○こ楽しみだなぁ、あ、失礼の無いようしっかり綺麗にしてね?」
    「んっ・・ええ、わかったわ」
    椅子に座った息子の前で跪き、美保は豊満な乳房で勃起した肉棒を挟みながら亀頭を愛しげに咥えている。
    「まぁでも、王様である僕の妻になったんだから、ママも立派な女王様だよね?」
    「も、もう、何バカな事言ってるの!」

    (この世界はもう王様である僕のもの・・だけど)
    (もしキミがこのアプリを手に入れたなら)
    (その世界の王様になってみるのもいいかもね?)

    彼が最後に課金した「王様アプリ」のアイテムは「全世界」を対象とした「全てを思い通りにする」というものでした。
    結局「王様アプリ」の秘密は全く解明されなかったし、基本的には「主人公が(主に復讐絡みで)自由にセックスするだけ」のエロ漫画なのですけど、この最終話が母親との関係性を中心に描かれたことで物語に深みが出たと思います。
    最後の最後に異国の女王が登場したのも「母親」が「息子(王様)」の「妻(女王)」であることを強調するためですよね。
    「全てが思い通りになる世界」でも朝寝坊の息子に母が相変わらず説教しているのも良かったです。

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/762-193da397

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索