FC2ブログ

    Entries

    禁忌は巡る(その3)

    これまで紹介してきた東西の「ぼくたちの禁忌シリーズ」は次女の結婚話から始まりましたが、「第3話」にあたる『ぼくたちの禁忌〈春〉』(雑誌『COMIC MILF Vol.17』に収録)でその次女の結婚式が描かれています。
    ぼくたちの禁忌〈春〉
    式の準備中に控え室で秋一と二人きりになると、神聖な白のウェディングドレス姿の夏鈴が乳房を曝け出して弟を淫らに誘う。
    「好きなの・・秋一・・っ、お姉ちゃんからの最後のお願い・・・ね・・? 最後にもう一度だけ・・・」

    結婚式の直前に「最後のセックス」をするというのは、「近親相姦漫画」では珍しくないパターンですよね。
    「他の男のもの」になる前にもう一度愛する弟と心とカラダを重ね合わせた夏鈴ですけど、今回のタイトルでも分かるように彼女がメインヒロインではなく、結婚式が終わった後半に本命の長女との「姉弟相姦」が描かれます。

    まだ下に秋一や冬菜がいる今は全く結婚など考えていないと言いながらも、「とりあえず一度目を通して」と伯母から渡されたお見合い写真を受け取ってしまう春花。
    (結婚なんてする気無いなんて言いながら、強引に押されれば折れちゃうのかよ)
    (春ねぇ・・りんねぇのように・・・! そんなのいやだ・・!)

    次女に続いて長女も自分から離れて行ってしまうのではないかという不安に駆られた少年は、三女の冬菜が修学旅行で不在の夜に風呂に入ろうと服を脱いでいた春花を襲ってしまうのでした。

    生挿入で強引に犯した長女がまだ処女であったことは少年を余計に興奮させた。
    「好きだから・・ごめんね・・春姉・・・っ」
    「秋くんは・・私の・・弟・・で・・っ、こんなこと許されないのよ・・っ」
    狂ったように腰を振りたくる弟を諭すように涙を流しながら春花が告げる。
    「許し? 許しって誰に対して許してもらうの?」
    「そ・・それは・・っ、ひっあっ、おねがい・・っ、せめてやさしく・・あ゛ぅ」
    限界まで膨張した弟の「禁断の欲望」が姉の膣内に激しく注がれていく。
    「あ・・ッ、あ゛・・あうああッ! だめぇええ!!」
    (どうにでもなればいい・・・)
    (これで春姉がどこにも行かなくなるなら・・・)
    肉棒を引き抜かれた春花がまだ裸身を震わせながら弟の手に触れる。
    「わ・・私はどこにも行かないわ・・・あなたたちが立派に巣立つまで・・・父さん母さんに誓ったんだもの・・・」
    「春姉の夢・・は?」
    「私の夢は・・・あなたたち3人がただ幸せに育ってくれる事。いままでもこれからも・・・」

    次女や三女の時と違って強姦型の「近親相姦」となってしまいましたが、無理やり犯されても不変の「家族愛」を告げた長女。
    秋一はそんな愛する姉にせめて「女としての歓び」を感じて貰おうとさらに犯し続けます。

    (ぼくは、ぼくたちは・・・)
    (越えてはいけない禁忌を犯してしまった・・・)
    (姉二人と妹と関係を・・・)
    (けれど誰に許しを乞えばいい?)
    (――いいや誰にも許されなくていい。ぼくたちだけで生きてゆくから――・・)


    これで美人姉妹三人全員と肉体関係を持った少年。
    彼を中心に「禁忌の繋がり」を持った「家族」の物語の結末は次回。


    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/757-4bcee487

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索