FC2ブログ

    Entries

    実の父親に変装してイタズラ逆ナンをした結果wwww

    今回紹介するサークルTLBのノベルCG『娘びっちはパパ専用』では、地味な印象の眼鏡少女――如月菜衣が自分と同じ誕生日の父親に可愛く着飾った娘の姿を見せて喜ばそうとします。
    娘びっちはパパ専用
    これまで彼氏も出来たことがないというコミュ障気味の彼女ですが、その肉体はムチムチHカップに育っており、「ダサ眼鏡を外せば美少女」というお約束もしっかり守っています。
    本人は(もっと美人に生まれたかった)などと思っていますけど、実際はダサい格好でもかなりの需要がありそうな女子高生です。
    そんな彼女は眼鏡を外すだけでなく、ブルーのカラコンや金髪のウィグを装着し、ギャル風の派手なメイクや超ミニスカートのへそ出しファッションにエロ下着と徹底した結果、見た目は駅前で見知らぬ男に値段を聞かれるような「ビッチ少女」になってしまいます。
    まあ、その中身は値段を聞かれたことの意味も分からないような純朴なファザコン娘なんですけどね。

    (もしクラスの誰かに駅で会って私だってバレたら死のう)と思いながら駅で仕事帰りの父を待つ少女。
    やっと帰ってきた父の腕に思わず抱きついてしまったが、告げられた言葉は全く予想外のものだった。
    「だ、誰かと間違ってますよね?」
    「・・・え?」

    本当ならここで父親を驚かせて終わりの予定が全く気づかれなかったために、菜衣は腹立ち紛れに「ビッチ少女」として父を逆ナンしてバーへ行くことになってしまいます。
    自分で誘っておきながら娘の誕生日に見知らぬ女と飲みに行ってしまう父に内心イラつく少女でしたが、初めてまともにお酒を飲み、父が娘(=自分)を大切に思っていることや母が浮気しているらしいことを聞いているうちに「家族愛」が「近親愛」へと変容していき、店のトイレで半ば強引に「近親相姦」をしてしまいます。
    彼女にとって初めての性交渉でしたが、化粧品のビンでとっくに処女は喪失していた菜衣はなんとか「ビッチ少女」のフリを続けながら父親に膣内射精されたのでした。

    そして「見知らぬ他人」のまま別れた父娘だったが、少女の心の中に芽生えた「禁断の欲望」はもう消え去ることはなかった。
    (一晩中・・・お店での事を思い出す度に体が熱くなってアソコが疼いて興奮して落ち着かない)
    (お父さんの指、舌、ペニス・・・力強く私の腰を突く時の荒げた声・・精液の匂い・・味・・・思い出すだけで頭がおかしくなるぐらい欲しくなる)
    彼女は「それら全てと永遠に別れる」か「お父さんと父娘以上の関係を改めて結ぶ」かの2択に迫られ、人生を大きく歪ませる決心をした。

    翌朝、眼鏡を外して制服をセクシー仕様に改造した彼女は、昨晩の「真実」を父に告げ、母親が浮気をしているなら「今日から私と浮気しよ♪」と誘うのでした。
    知らないうちに実娘を犯してしまったことに動揺しながらも父は娘と期間限定の「愛人契約」を結びます。
    期間は娘が成人するまでの2年間、あるいは母親が自発的に浮気を止めるまで。
    条件は『絶対バレないようにする事』と『必ずこの関係は終わらせてそれ以降2度としない事』。
    一応、親としてなんとか「近親相姦への欲望」に歯止めをかけようとするお父さんですが、「愛人契約」が始まってしまえば台所に立つ妻のすぐ後ろで股を広げた娘の性器をまさぐるようになり、妻がカラオケと称して浮気に出かけた夜にたっぷりと「近親相姦」をしまくります。

    父のペニスをねだりながらオナニーを見せた少女は3時間犯され続けた。
    「・・・おっと、もうこんな時間か。そろそろお母さんが帰ってくるな」
    精液まみれの娘に父が告げる。
    「うん、そうだね。お父さん先にシャワー浴びて」
    「ああ、わかった」
    ベッドを降りようとする父の背中を見つめる少女。
    「お父さん。愛してるよ」

    そんな彼女は数ヵ月後の卒業式当日に他に誰もいない教室で中年教師に豊満な肉体をまさぐられていた。
    「あんっ! あっ! やだぁっ! 先生! もうやめてっ! お願いっ、嫌なのっ!」
    「イヤってワリに・・じゃあなんでここの締め付けがどんどん厳しく・・なるんだよ・・如月・・・」
    「し・・らないよっ! そんな事っ! お願いですっからっ・・やめてっくださいぃっ!」
    必死に拒絶の言葉を吐いてもすでに制服のスカートもパンティも剥ぎ取られた少女は豊かな乳房を揉みしだかれていた。
    「他の先生や・・生徒達にも犯られてんだろ? 今さらいいじゃねーかよっ!」
    「やだぁっ! やっ! あんっ! もうっ・・もう許してよっ!!」
    結局、菜衣はこの教師に膣内射精までされて絶頂を迎え、その後もパイズリでダサ眼鏡をかけた顔に大量の精液をぶっかけられ、幸せそうな微笑みを浮かべた。
    「それにしても・・ホントにべっとべと・・・このまま卒業式出ちゃおうかな・・・♪」
    「ふぅ・・ああいいぞ。それぐらいでちょうどいい。今の格好に戻してもお前に付く虫は後を絶たなかったからな。卒業後だって安心できない。だから俺のものだって分からせてやるんだよ」
    「そんな風に思わなくても、私は生まれた時から先生のものなのに」
    「・・・そうだな。お前は生まれた時から俺のものだ」
    「ふふ・・お母さんの時にもそれぐらい強引に出ていれば離婚する事にはならなかったのに。ね? お父さん」
    「こら。学校では『せんせい』だ。まだあと数時間はな」
    「そうでした。ごめんなさ~い♪ ア・ナ・タ♪」
    「こぉ~ら」
    「あはっ♪」

    娘が本当の「ビッチ少女」になってしまったという「ネトラレエンド」かと思いきや、実はその教師は父親であり、父娘が学校内で会える最後の「教師と生徒プレイ」であったことが分かります。
    娘の改造制服を初めて見た時に「・・だめだ・・そんな格好。校則違反だ・・・」と言っているのが一応伏線なのでしょう。
    タイトル通り、少女の「ビッチ」は父親専用でした。
    物語冒頭と同じ格好の眼鏡顔での「父娘相姦」が一番生々しくて良かったです。
    離婚もしたようですし、父と娘の「愛人契約」は無期延長の「夫婦契約」になりそうですね。

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/747-2250579f

    0件のトラックバック

    4件のコメント

    [C476]

    こんにちは。
    「夏の良さは何か?」と尋ねられたら、「女性(但し好みに限る)が薄着になること」と答え、周りを凍りつかせる一究でございます(滝汗
    ほんとは夏嫌いです(笑

    さて前回購入した作品のうち、読んだ感想を少し。

    へのへのさんの「きもちいい家族」「禁忌の彼岸」「追熟」の三冊を購入して読みました。
    あまり詳しくはないのですが、奥付を見るとざっと10年くらい前の作家さんですね。
    以前「追熟」を新刊発売時くらいにざっと立ち読みした記憶があって、今回古書店店頭に数冊並んでたので、近親物が多そうな本を大人買いしてみました(笑
    一作品の中でも絵が安定しなかったり、女性器描写など適当感の拭えないところ、ストーリーに目新しさが少ないなどありますが、まずまず愉しめたかなと。
    息子の誕生日に妻と近親相姦させる夫の話「円満な家族」(禁忌の彼岸入り)、幼い娘に赤ちゃんの作り方を聞かれて、息子と近親相姦することになった母の話「ねえねえお母さん!」(追熟入り)や「夢から堕ちた朝」「ママはボクの」などが良かったです。
    近親相姦物をたくさん描かれているので頑張って欲しいところですが、はっきり分かりませんが今は活動されてないようです。残念ですね。

    あと、鬼束直さんの「morning view」を読みました。
    こちらは、雑誌掲載時に何作品か読んでいて、以前こちらにコメントしたと思いますが、個人的にお気に入りの「Hide and seek」「It just a XXX」などの相姦物、九州博多弁?も可愛い「はるのいろ」(今作の中で一番好きなキャラとストーリーかも)など、絵も上手くまたキャラが立ちストーリーも良い、完全保存版と認定しました(笑

    刻一刻と暑くなってまいります。
    お体お気をつけ下さい。
    ではまた。

    • 2014-07-12
    • 一究
    • URL
    • 編集

    [C477]

    一究さん、コメントありがとうございます!
    台風一過で猛暑となっていますので、夏バテには気をつけたいですね。

    へのへのは物語や絵柄がちょっと大雑把な感じがしていましたが、かなりの「近親相姦漫画」を描いてきた作家ですよね。
    『相姦家族』という作品で母を犯している少年の「僕らいま何してるか言ってよ」という言葉に母が「セ・・セックスでしょ?」と答えると、息子が「ちがうよ! 近親相姦っていうんだよ!!」と叫ぶシーンが印象的です。
    もう活動されていないのなら残念ですね。

    鬼束直の『morning view』は最近の単行本ですね。
    『Hide and seek』や『It just a XXX』はこのブログでも紹介しましたが、『はるのいろ』は自分も大好きですよ。
    「ごめ・・好きなってごぇんねぇ」と泣き出す少女が可愛すぎです。

    それでは、またのお越しをお待ちしております♪
    • 2014-07-13
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C478]

    どうも。二日続きですみません(笑
    「・・・近親相姦っていうんだよ」いいセリフですよね。
    ただ、後半妹が出てきたところで何故かボクの中で評価が下がってしまって・・・

    たくさん作品を読まれてる大橋さんはどんなエロいセリフが好きですか?
    ボクは、今思い浮かんだところだと、「(体の)相性が凄くいい」みたいなセリフ・・かな(笑

    鬼束直さんの「はるのいろ」
    大橋さんもお好きで良かった。
    なにしろ近親相姦物じゃないので、書き込もうか一瞬迷いました(大げさ
    あの泣き顔のシーン、ツボでした。

    ではまた。
    • 2014-07-13
    • 一究
    • URL
    • 編集

    [C479]

    一究さん、こんばんは!

    自分も「近親相姦漫画」は「閉じた二人の世界」を描くのが一番良いと考えているので『相姦家族』の後半で妹が乱入したのは蛇足な感じでしたね。
    しかもそれが父親の差金だったりするのは、この作者らしいなと思いました。

    「近親相姦漫画」における「エロいセリフ」というと、「お、お願い、私達母子(おやこ)なのよ。それだけは・・お願い許してっ・・・っ!! いやぁ――ッ、やめてっ・・許して!! 堪忍してッっ、おねっ・・がっあ!!」(飛野俊之の『母犯』より)というような必死に挿入を拒絶するものや、「愛してるっ! 母さん!! これからは僕が一生守るから! 僕と結婚してっ! 受精してっ! ぼくの赤ちゃん・・・産んでぇぇぇ!!」
    「はあぁぁぁっ、はひぃぃっっ・・っっ、産む・・わぁぁっ」(飛龍乱の『孤島にて』より)のような膣内射精のシーンの受精宣言なども良いですね。

    いつかこのブログで「名台詞ランキング」みたいなものもやってみたいと思っているのですけど、実現できるかなあ・・・
    • 2014-07-14
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索