FC2ブログ

    Entries

    溺れる兄が掴むもの

    関谷あさみの『溺れる夜の』(雑誌『Juicy No.5 2014年04月号』に掲載)は、以前に紹介した『暑い夜』の続編です。
    溺れる夜の
    『暑い夜』は母の実家にやって来た兄妹の「禁断の関係」を知ってしまった伯父が主役でしたが、今回は日常の生活に戻った兄の視点で物語が進んでいきます。

    母親が台所で洗い物をしている時、二階では兄と妹がベッドの上でセックスをしていた。
    「直希ー 秋穂ー お父さんが帰ってくる前にどっちかお風呂に入っちゃって!」
    一階から聞こえてきた母の声に「近親相姦」の余韻に浸っていた兄妹が慌てて離れる。
    (母さんがいる時はちょっとヤバいな・・・次からやめとこう)
    湯船に浸かりながら少年はボンヤリとそんな反省をした。

    学校の帰りに直希は友人とレンタルショップに入っていた。
    「後で翔太のバイト先にも行ってみよーか・・ん?」
    彼が触れているDVDに気づく友人。
    「何? なんか借りるの?」
    「借りないよ」
    「こんな少女マンガみたいなの見るん?」
    そのDVDの説明には『兄妹の禁じられた愛の行方は・・・』と書いてある。
    「最近こういう禁断のどーのって流行ってるよなぁ」
    「全然禁断じゃないよ、これ 血繋がってないし。ぬるいだろ、こんなの」
    直希は、そう淡々と言い放った。

    このブログを読まれている方なら彼の発言に頷く人も多いのではないでしょうか。
    自分も「近親相姦漫画」だと思って読んでいたら「血が繋がっていない」とか「義理」というセリフが出てきてガックリした経験が何度もあります。
    しかし、このお兄ちゃんは「近親相姦」の実行者なので言葉の重みが違いますね。
    彼にとって「血の繋がり」は「禁忌の罪」の象徴であると同時に、妹との関係が「特別」であることを示しているのでしょう。

    母の帰りが遅い夜、少年は居間で妹とセックスをする。
    (誰にも言えない)
    (友達にも)
    (きっとわかってくれないから)
    「も・・っ、やめなきゃ、おかあさんが・・・・」
    兄に後ろから激しく犯され膣内に精液を注がれながら少女が告げた。
    (その事が時々)
    (息苦しくなる)

    「禁忌への意識」に苦しんでいる直希。
    そんな彼の側で帰宅した母が実家の伯父と電話をしている。
    「えっ、そうだけど・・・お正月くらい・・・うん・・・うーん・・そうね、うん。うん、じゃあまた・・・」
    「ねぇ、電話おじさんだった? なんだって?」
    電話の会話を聞いていた秋穂がたずねる。
    「うん・・・」
    (俺と同じような・・人間だって絶対いる)
    「お兄ちゃん来年受験生になるでしょ? 勉強とか大変になるだろうから」
    (同じ立場ならきっと・・・)
    「お正月は来なくてもいいよって」

    一応、兄が来年受験生だからという理由がありますけど、これは完全に「禁忌の罪」を犯した少年に対する伯父の拒絶ですよね。
    『暑い夜』でもいろいろ想像した伯父の過去は今回も全く描かれていませんが、かつて「妹」を「特別な異性」として意識したことがあるのは間違いないでしょう。
    そんな伯父からも彼は拒絶されたのです。
    ただ、お悩み中の直希は母と妹の会話がほとんど耳に入っていないようですし、伯父が「自分と近い立場の人間」であるのをどれだけ理解しているのかも不確定ですね。

    「行かないの?」
    妹が少し意外そうに母の背中を見つめる。
    「さあー? どうしようか。お父さんにも後で聞いてみないと」
    「だってさ、お兄ちゃんは正月も勉強しろって!」
    少女が同じコタツに入っている兄を突っつく。
    「ふぅん」
    彼が気のない返事をすると、秋穂は再び母の方に顔を向けた。
    「あっ、でもそれなら友達と初詣行っていい?」
    妹の明るい声を聞きながら直希は虚空を見つめる。
    (それならきっと)
    (わかってくれると思う)

    ラストの兄と妹の対比がいいですね。
    「禁忌の罪」はやはり「年長者」であり「男」である兄が先ず背負うべきものだから。

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/734-61b93bcb

    0件のトラックバック

    2件のコメント

    [C456] 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    [C457]

    面白そうな作品ですね。
    貴重な情報をお教え頂きありがとうございます!
    こうしたコメントを貰えると本当に励みになります。
    • 2014-04-24
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索