FC2ブログ

    Entries

    純真無垢な可愛い妹が俺の手でどんどんセックスに目覚めていく・・・。(後編)

    前回紹介した杜拓哉の『こんなコにしたのお兄ちゃんでしょ!!(前編)』で「禁断の関係」となった兄妹は、その後も母親の目を盗んで毎日のようにセックスをしていました。
    こんなコにしたのお兄ちゃんでしょ!!(後編)
    怪しまれないように母親の前で仲の悪いフリをしたり、安全日でも兄が「生セックス」を避けたり、全裸になって玄関でセックスした時には外の足音に妹が怯えたりと、「背徳感」の描写もされているのが良いですね。
    セックスが終わって賢者タイムになると、妹を誰よりも大切に思っているお兄ちゃんは、「「愛」ゆえに「近親相姦」を求め、「愛」ゆえに「近親相姦」を否定する」というジレンマに悩んでいます。
    一方、妹は両親の離婚によって「夫婦」や「恋人」という関係性の脆さを感じており、「近親愛」の重要な要素である「家族愛」という「絆」を強く意識しています。

    「お兄ちゃんは・・ずっとお兄ちゃんだよね?」と問いかけた少女は、「そうだな・・うん、ずっとだ」と言ってくれた兄と愛し合う。
    「今日ってさ、膣内でいいんだよな」
    腰を振りたくりながら兄が問うた。
    「え・・うん・・・」
    甘い喘ぎ声を漏らしながら妹が答える。
    その言葉を聞いて兄の腰の動きが激しくなっていく。
    「射精すの? 怖いんじゃ・・なかったの?」
    「できたらできたでいいかなって・・・そしたら産んでくれよ」
    「えー・・スゴイこと言ってる・・・」
    「イヤか?」
    「・・・・いいよ・・・お兄ちゃんの赤ちゃん・・産んであげる・・・」

    兄によって大量の精液を膣内に注がれると「大好きだよ・・お兄ちゃん」と微笑む少女。
    『前編』ではあまり見せなかった兄への「想い」をストレートに表現するようになっていますね。
    作者の作品解説でこの前後編は「一度オーソドックスな妹モノをきっちり深いトコまでやりたいなあ、と思って描いた作品」と書いてあるように、「兄妹相姦漫画」のポイントをしっかりと押さえた作品だと思います。


    『こんなコにしたのお兄ちゃんでしょ!! ~After ~』は描き下ろしの後日談。
    こんなコにしたのお兄ちゃんでしょ!! ~After ~
    相変わらずセックス三昧の兄妹だったが、暇さえあればカラダを求めてくる兄に対して妹は「悪いけど・・ちょっと考えるとこあって、しばらくHやめる」と宣言する。

    「近親相姦への欲求」=「近親愛(家族愛+恋愛)」+「性欲」という方程式において、「家族愛」の強さは確信していた妹ですが、自分をセックスの道具扱いするような兄を見て、彼にとっては「性欲」という要素の割合が非常に大きいのではないかと感じたのでしょう。
    確かに「性欲」に暴走気味の兄でしたが妹を大切に思う気持ちは変わっておらず、妹も兄に抱かれたいという「欲望」は持っていたので、結局は仲直りしてデートの帰りに公園のトイレで全裸セックスをすることになります。
    兄の肉棒で突かれながら「ゆずかがエロくなるの・・お兄ちゃんにだけだからね・・・」と告げる妹が可愛いです。
    ラストはコンビニで雑誌を立ち読みしている兄がグラビア写真を見ていることを知った妹が再び怒って「またしばらくHやめる!」と言って兄を困惑させてコミカルに終わります。


    ちなみに雑誌『COMIC 阿吽 2014年01月号』にはコミックス発売記念の4ページ漫画が載っていました。
    こんなコにしたのお兄ちゃんでしょ!! 後編その後
    母親不在の夜にセックスしまくった『後編』の翌朝の話ですね。
    朝っぱらから隣に寝ていた全裸の妹を再び犯す兄。
    「もう学校・・・・サボっちまうか?」
    「・・・・いいよ・・・」
    「よし」
    そして、またまた兄は膣内射精をするのでした。

    「ホントはね・・もともと学校サボっちゃうつもりだったんだ」という妹の言葉を聞いて今日もヤリまくれると思った兄だが、妹は服を着ると部屋の掃除を始めた。
    「当たり前じゃん、母さん帰ってくるまでに痕跡消さなきゃ。そのあとお風呂場もねー」
    「うへーい」

    昨晩は「お兄ちゃんの赤ちゃん・・産んであげる・・・」などと言っていても「禁忌の欲望」に溺れず「現実」を忘れない妹の切り替えの早さがいいですね。


    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/728-33584337

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索