FC2ブログ

    Entries

    僕が欲情する女性は唯ひとり

    (息子の性教育を始めてから4年)
    (私の息子のシンジはいまだ・・・)
    (一人で自慰をすることができません・・・)

    サークル彩画堂の同人誌『M-bation FD(フォーリングディーパー)』は以前に紹介した『M-bation』の続きであり、某超有名アニメの主役の母親がヒロインの「母子相姦漫画」です。
    M-bation FD
    母が息子の精通を手伝って結局は「近親相姦」をするようになるというのは「母子相姦漫画」によく見られるパターンですね。
    息子が自分だけでマスターベーションできるように指導しながらも、「特別な異性」として求められることに悦びを感じている母親。

    (このまま息子が立派な大人になって・・・)
    (私がおばさんになってからも・・・)
    (力づくでくみしいて・・・私の身体を求め続けるかもしれません・・・)
    (私を母と呼びながら・・・)
    (もし息子とそうなっても・・・)
    (母親である私の責任ですから・・・)
    (受け入れる覚悟はできています・・・)

    息子が中学生になった今も自分が「おばさん」ではないと思っているんですねえ。
    まあ、確かにそのスレンダーな肉体はまだまだ若々しいです。
    成長した息子に犯される「未来」を想像したシーンではもう少し肉感的に描かれており、個人的にはこちらの方が熟女的な魅力があるようにも感じました。

    夫が仕事で不在の夜、台所で息子に犯された彼女はベッドでも激しく交わり続け、その精液を膣内に注がれて「禁断の快感」に震える。
    「あ・・ああ・・母さん・・・すごく・・気持ち良かった・・・」
    「ええ・・・母さんもよ・・シンジ・・・」
    (息子の望む限り・・・)
    (私はこの子の母親として・・・)
    (息子の求めに応じ続けようと思います・・・)


    原作アニメでの彼女は物語が始まった時点で肉体が消失していますし、その考え方も「異形の生命体になって人類の生きた証を永遠に残したい」などという常人には理解しがたいものであり、ある意味では計画の黒幕的な存在でした。
    漫画版の立場も基本的には同じですが、マッドサイエンティスト的な表現は抑えられて、「親」として人類世界の終末と再生を息子に委ねるという面が鮮明になっているのが良かったですね。

    この作品にはパラレルワールドのようなラブコメ調のゲームや漫画が存在し、その世界の彼女は家庭の中の「母親」としてしっかり生きており、今回紹介した同人誌はそちらのイメージを元にしていると考えられます。
    理知的な美母である彼女はとても魅力的なので、ぜひ「続編」も期待したいですね。

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/716-2f88f257

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索