FC2ブログ

    Entries

    ショッKINGタブー

    今回紹介するのは、高津の『王様アプリ~杉野美保の場合~』(雑誌『コミックミルフ』2013年10月号 VOL.15に収録)です。
    王様アプリ~杉野美保の場合~
    スマホのゲームアプリ年間ランキング1位の少年。
    ゲームの中の美少女たちには褒められまくりモテまくりの彼ですが、現実の学校では苛められっ子で、父親が単身赴任で不在の家でも教育ママに怒られまくりなのでした。

    「あーあ・・現実マジでクソゲーすぎるだろ・・・」

    そんな彼のスマホに送られてきた『王様アプリ』。
    「各ゲームアプリにて優秀な成績を修める貴方へだけの配信! 本アプリは使用者の望みを何でも叶える為のものです」といういかにも怪しい説明文でしたが、お試しの無料アイテム「何をしても怒られない」の対象者として母親の顔写真と名前があったのです。

    思わずOKボタンを押してしまった少年だが、いつも通りテストの点数で母に説教されて落胆する。
    (なんだよ全然効果ないじゃん! 騙された・・ただのごっこゲームかよ、ふざけんな!)
    「ママだってねぇ、仕事で肩凝ったり色々疲れてるのよ? 時間を割いて――」
    (そんなデカいのぶら下げてるからだろ・・・)
    半ば自棄になっていた彼が呟く。
    「いっそ服脱いで色仕掛けでもしてみろよ・・・」
    「・・今、何て言ったの秀一」
    低いトーンになった母の声。
    「しまっ・・ち、違うんだって、ごめんママこれはそのっ!」
    「そんな汚い言葉遣いはすぐに止めなさい!」
    焦りまくっている息子の目の前でブラウスのボタンを外していく母。
    (え・・? ちょっ、なに・・してるのママ?)
    「服くらい言われれば普通に脱ぐんだから・・・」
    巨乳を包んだブラジャーを見せながら母が呆れたように告げた。
    (・・・まさか、まさか、まさか)

    そうです。これが『王様アプリ』の力なんですね。
    「催眠相姦モノ」のジャンルに入ると思いますが、以前に紹介した『母さんは僕の人形だ』のように完全な言いなりになるのではなく、息子に胸を揉まれたりしながらも母が説教をし続けるのが面白いです。息子の(エロい)要求を当たり前のように受け入れるだけで、それ以外は普段と同じ反応をするんですね。
    乳房を揉んでいる時に指が乳首に触れて母が甘い声を上げたことから少年の中に「禁断の欲望」が芽生え始め、その後は説教されながらディープキスしたり精液飲ませたり、トイレに乱入して母親の秘部を弄りながら「お漏らしイき」をさせたり、母が隠し持っていたバイブを挿入した状態で何度もイかせながら料理をさせたりします。

    「はぁっ・・!」
    ソファに座った母が溜息をつきながら自分の肩を叩く。
    (ここ 二~三日ヘンな疲れが身体に残るのよねぇ・・・・やっぱり秀一のことが心労になっているのかしら。でも最近は妙に聞き分けがいいのよね。さっきも自分から洗い物をするなんて言い出して・・・まぁどうせ)

    お母さんは息子が小遣いアップを目論んでいると勘繰っていましたが、その「お願い」の内容は全然違いました。

    「この後ママ時間があればだけど――僕とガチハメセックスしようよ」
    その言葉によって『王様アプリ』が発動する。
    「・・・それならいいけど」
    平然と答える母。しかし彼女の股間はこれから起こる「禁忌の情事」に熱く切なく疼き始めていた。
    「もちろんゴム無しね。中出ししまくるからさ」
    「それくらい判ってます。それより場所は? ここ? それともお風呂行くの?」
    「やだな・・もっといい場所あるじゃん」
    少年が選んだ場所は両親の寝室だった。
    「秀一にはまだ判らないでしょうけどね、ここでパパ以外とセックスしちゃったら・・・」
    「知ってるよ、浮気になるよね」
    催眠状態の母を前にしても俯いた少年の胸の鼓動は激しく高まっていく。
    「で、でもさ、その上で僕としてはママを堕としたいっていうか」
    「・・・・・・」
    無言で息子を見下ろす母。
    (こ・・これは流石にアプリの力でも駄目・・か・・)
    「今の・・僕の言いなりなママって悪くないし、どうせなら、あの、身も心も僕のモノにしたいなぁって・・・」
    「顔を上げなさい、秀一」
    「はっ、はいっ!」
    「要はママの事を寝取りたいんでしょう! 言いたい事はハッキリ簡潔に言う!」
    そう叱りながら母は服を脱いでいく。
    「それに話してる時はちゃんと顔を向けなさいって、あれほど――」
    「ご、ごめんなさいっ・・・」
    顔を上げた少年が目の前で揺れる乳房と股間の淫裂を見つめる。
    「・・じゃあ改めて言うけどママのこと、今から寝取っちゃうね」

    そして彼はM属性を告白させた母親の大きな尻を叩いて「マゾ豚」として堕とし、一晩中種付けして完全に父親から寝取るのでした。
    息子に犯されまくって喘ぎながらも宿題が終わっているのかを心配したり、日課として朝から息子とセックス中も相変わらず「親」としての説教はしているお母さんが良いです。

    「ママへの陵辱も良いけれど・・・勉強もしっかりやるのよ」
    「はいはい・・ん、出そうっ」

    (これから僕は王様になる――どの仮想世界(ゲームアプリ)でもない)
    (この現実で)

    この物語は連載モノなのですが、残念ながら次回の対象は「母親」から「女教師」に変わるようなのでまだ読んでいません。
    「催眠相姦」でお姉ちゃんを徹底的に犯した『 姉(シスター)・コントロール』のようにずっとヒロインがお母さんだったら良かったんですけどねえ。
    まあ、主人公は変わらないみたいなので「母子相姦」の場面がまた出てくるなら「続編」も紹介したいと思います。


    ちなみに次作の『王様アプリ』の効果は「自分が認識されなくなる」で、クラスメイトの目の前で先生を犯すらしいですが、このシチュエーションはAVの『透明な生徒』を思い出しました。
    透明な生徒
    こちらの「自分が認識されなくなる理由」は単に「存在感が無いから」という無茶な内容ですけど、同じ設定で『透明な息子』という作品も2作観たことがあります。
    透明な息子 永原美代子
    家庭訪問に来た教師の目の前で母親を犯しまくったりと、バカバカしくも面白エロい「母子相姦」が楽しめました。


    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/713-15c996b7

    0件のトラックバック

    2件のコメント

    [C431] 母親編があったんですね

    女教師編は読みましたが、その前日譚(?)があったんですね。知りませんでした。
    どこかで読めないものかなあ。
    • 2014-01-14
    • 疋田文吾
    • URL
    • 編集

    [C432]

    疋田さん、コメントありがとうございます!
    「女教師編」は面白かったですか?
    「母親編」はまだ単行本には入っていないと思うので、雑誌のバックナンバーを買うしかないかなあ。雑誌単位では電子書籍化されているようです。

    • 2014-01-15
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索