FC2ブログ

    Entries

    不朽の妹シリーズ!!

    ゼロの者の『シス・ブラR』(雑誌『純愛果実』2013年11月号に収録)は「長編兄妹相姦漫画」である『シス・ブラっ』の「番外編」です。
    シス・ブラR
    ヒロイン八重のフィギュア発売記念の作品ということで特に内容のある物語ではないですけど、八重の妄想とお兄ちゃんとの「近親相姦」を久しぶりに楽しめます。


    ちなみにゼロの者の単行本の宣伝ページで「妹は、どっちのタイプがお好み!? 守りの真央派? 攻めの八重派?」と書いてあったのがちょっと気になりました。
    ゼロの者妹シリーズ単行本
    言いたいことはイメージ的に分かるのですけど、八重はお兄ちゃんに対してガンガン攻めるタイプじゃないですよね。
    彼女が自分の「近親愛」を明確に意識するのは最終回ですから。
    『わすれな』の真央は確かに「想い」を口にしない期間が長かったですが、ラスト間際で「禁忌の世界」に堕ちていくことを兄に決断させるシーンの印象が強いです。
    「・・もし・・ダメ・・なら・・・・もう・・会わない・・ね」という妹の言葉は、「近親愛」を抱き続けてきた兄にとっては首元にナイフを突きつけられているような最上級の脅し文句でした。
    まあ、どっちが好みかと言えば、自分は圧倒的に真央なんですけどねえ。


    同じ雑誌の7月号では「父子相姦漫画」の『くいちがい』を描いています。
    くいちがい
    母に内緒で顔も覚えていない別居中の父親に会いに来た娘。
    初めて頼んだデリヘルを待っていた父。
    そんな父娘が誤解をしたままセックスをしてしまうというストーリーです。
    父は最後まで相手が実の娘だと気づかぬまま犯してしまい、性の知識が皆無らしい少女は「近親相姦」を「父娘のスキンシップ」だと思いながら感じまくるのでした。


    来年もゼロの者には攻めの姿勢でドロドロの「近親相姦漫画」をガンガン描いて欲しいですね。

    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/709-f37105e5

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索