FC2ブログ

    Entries

    相思相姦

    「義理」の「兄妹」や「姉弟」の場合、「家族」としての「絆」が深まれば深まるほど、「男女」としての「恋愛」は難しくなりがちです。

    しなまの『義姉電』の義姉は過保護なまでに義弟を管理しています。
    義姉電

    友達からシスコンとからかわれる義弟は、姉離れをすると宣言する。
    そんな彼を教室まで迎えにやって来る義姉。
    「こらッ、こんな時間まで、なにバカ話やってんのよ!」
    「姉ちゃん・・・」
    「下校時間過ぎてるんだから早く帰りなさい。ほら圭一も行くわよ」
    彼はクラスメートと義姉の3人で帰宅の道を歩く。
    「待ちなさい圭一」
    義姉が彼を呼び止める。
    「ホラ、ネクタイ曲がってる」
    そう言って彼女は義弟のネクタイを直す。
    「えー、もう帰りだし、いいじゃん」
    「バカモノ!帰宅までが学校!」
    彼の姿を見ながら義姉が満足げに微笑む。
    「よし!いい男になった」

    こういう「お姉ちゃん」は好きですね。
    料理が上手で、特に義弟には一品多い料理と大盛りゴハンを用意してくれます。
    「たくさん食べて大きくなりなさい。それだけでお姉ちゃんはうれしい」
    頼りなげな母親より、よっぽど「お母さん」みたいな存在です。
    でも、彼女は義弟が好きな一人の「女の子」でもあったのでした。

    公園の公衆トイレの壁に書かれた番号に電話すると、隣のボックスに現われるという痴女。
    義姉はその噂に興味を持った彼を蹴り飛ばす。
    「ばか者!とにかくッ、そんな淫らな行為は禁止ッ!少しは自重しなさい、このケダモノ!」
    そして、彼女は夜中に抜け出さないように義弟の部屋のドアの前で見張る。
    しかし、そんな夜更かしが何日か続くと、義姉は彼の部屋の前で眠ってしまうのだった。
    こっそりと部屋を出た彼が眠っている義姉を見る。
    (まったく・・カワイイ寝顔しちゃって・・普段の態度からは想像できん)
    義弟は彼女に毛布をかける。
    (ゴメンな姉ちゃん、やっぱオレら姉弟だわ。好きだけど・・許されねえよな・・・)
    (迷いを断つ為にも、俺はいくぜ)

    彼は義姉に「恋愛感情」を持ちながらも、「姉弟」としてその「想い」は間違っていると判断します。
    しかし、眠ったフリをしていた義姉は噂の痴女に成りすまして、義弟に自分の処女を捧げるのでした。

    彼は女性の膣内に射精した後で、その相手が義姉である事に気づく。
    「姉・・ちゃんッ」
    「う・・く・・圭一・・・」
    「ど・・どういうことだよッ、俺・・姉ちゃんとヤッちまったのか?」
    混乱しながら彼女に詰め寄る義弟。
    「イヤッ」
    彼から逃げるようにして、しゃがみ込む義姉。
    「ね・・・姉ちゃん・・・」
    「やっぱりいけないよね、こんなの・・・けど・・イヤだったんだもん。圭一が他の誰かとHするなんてッ、圭一は私のだもん。圭一の童貞も私のだもん。ずっと何とかしなきゃって思ってて、でも私は厳しい姉でしかなくなって・・・」
    (姉ちゃんが・・泣いてる・・・?)
    「いまさら告白なんて出来るわけないじゃん・・・」
    (あんな強気な姉ちゃんが・・・)
    「でも・・ッ、誰にも渡したくなかったんだよぉッ」
    「禁断の想い」を吐露した義姉が立ち上がる。
    「でも・・よかった・・処女・・あげられたから・・・圭一の童貞・・貰えたから・・・」
    そして、彼女は義弟の前から去って行こうとする。
    「・・・忘れて」

    好きな「女」にそこまで言われた彼は、彼女を再び抱いて、「ずっと姉ちゃんの傍にいるよ」と誓います。
    もともと相思相愛だった二人なので、ハッピーエンドですね。
    個人的にはストーリー展開に関してちょっと不満があるのですが、お姉ちゃんが可愛いからいいんじゃないでしょうか。


    ショート続編の『はじめての○○~義姉浴~』では自宅の風呂場でセックスしてしまいます。
    はじめての○○~義姉浴~

    風呂場の喘ぎ声が両親のいる部屋にまで聞こえてくる。
    「はっはっはっ青春だねぇ」
    「孫が楽しみね」
    ノンキな笑顔の両親。

    まあ、こういうノリの「作品」もいいですよね。
    二人の将来は明るそうです。

    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/70-c9b82904

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索