FC2ブログ

    Entries

    「おばさん」の秘密(前編)

    (あの時・・)
    (あの時がなければ、こんなことにはならなかったのに・・・)

    今回紹介するのはサークルGNのCG漫画『未亡人盛り狂い-嬌艶の家-』。
    未亡人盛り狂い-嬌艶の家-
    タイトル通り熟女の未亡人が乱れ狂うストーリーです。

    物語は幼い少年が近所に住む未亡人の激しいオナニーを目撃してしまったことから始まります。
    欲求不満の未亡人――敬子は覗きに気づくとショタっ子を淫らに誘い、童貞を奪って毎日のようにセックスをする関係になるのです。
    少年に「チクチクする」と言われた彼女は陰毛を剃り、フィストファックで指を子宮の中まで突き刺されて絶頂を迎え、膣内射精された後は裸身にオシッコを浴びるのでした。
    濃い絵柄は好みが分かれると思いますが、熟女とショタのセックス描写には迫力があります。

    お互いに名前も知らない関係で、父子家庭で育ってきた少年はセックスの時に彼女を「ママ」と呼ぶようになり、彼女は少年を「僕ちゃん」と呼んで「擬似母子相姦」を続けていました。
    しかし、その関係はある日突然終わります。

    (秋に差し掛かろうとした頃、いつものようにおばさんの家に行くと・・・)
    (見知らぬ男性とおばさんがセックスをしていたのだ)
    中年男に尻穴まで犯されて激しくよがり狂う敬子。
    (その時、僕はおばさんに裏切られたというよりもセックスはやっぱり大人同士の方がいいんだと思った)
    (僕ではおばさんと釣り合わないと、その時初めて気づいたんだ・・・)

    (それ以来、僕は・・・)
    (おばさんの家に行くことはなかった)

    それから数年後、成長した彼は偶然に敬子と再会します。
    あの時の男と並んで歩きながら、その間にいる幼い少女と手を繋いでいる。
    それは、どう見ても仲睦まじい「家族」でした。
    しかし、彼の視線に気がつくと敬子は駆け寄ってきて笑顔で挨拶し、「また昔みたいに私の家に来てもいいのよ」と囁きます。

    「えええッ!」
    「だってあの子・・・あの子はあなたの娘なのよ」
    動揺している彼に彼女が静かに告げる。
    「娘に会いに来てちょうだいね・・・」


    まあ膣内射精しまくりだったので、あの頃に妊娠していても不思議ではありませんね。
    彼が更なる「禁断の世界」に堕ちていく「続編」は次回。


    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/686-0d3e8afd

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索