FC2ブログ

    Entries

    小さい穴に突っ込んでガクガクいわせて生で射精す♥

    ザキザラキの初単行本『小ガクガク生』(2012年11月発行)は帯の裏に書いてあるように、このご時世に反旗を翻すような「危険度MAXのガチロリコミック!!」です。
    小ガクガク生
    今回は、その収録作品の中にある「近親相姦漫画」を紹介したいと思います。

    『誰もがみんな狂ってる。』に登場する小6の少女(さえ)は父親と「禁断の関係」にありました。
    誰もがみんな狂ってる。
    (私がお父さんとこういう関係になったのは一年前――)
    (お母さんが浮気をして家を出ていってからです)
    (お父さんに「寂しいからママの代わりになってくれ」と言われてするようになりました)
    今日も小さな口で父の勃起を咥える少女。
    そんな娘の未成熟な割れ目を舌で愛撫する父親。
    「ん・・はあああ・・あっ、あっ」
    (・・私・・ホントはわかってるんです・・Hは大人になってから子供を作るためにするものだって・・・)
    (いくら気持ちいいからといっても・・決して親子でするものではないということ・・・)

    すでに父親の調教によって「禁断の快楽」に溺れてしまっている彼女ですが、「禁忌への意識」にも苦しんでいます。
    父はそんな娘に「じゃあ明日は休みだし・・いい所に連れて行ってあげよう」と告げるのでした。

    連れて来られたのは近所にある見知った一軒家。
    「・・お父さん・・ここって・・・」
    「ああ・・お前の大親友の家だよ」

    実は少女の親友である光も父親に「近親調教」されていたんですね。
    (・・そうなんだ・・私だけじゃなかったんだ・・・)と安堵した彼女は親友と共に「父娘スワッピング」でアヘ顔を晒しながら堕ちていくのでした。

    「しかし冷静になってみると・・やはり少し罪悪感感じますなあ・・・」
    セックス後の一服をしながら光の父が呟く。
    「なあに・・気にすることないですよ・・本人達もあんなに喜んでるんだ・・・」
    父親達の目の前では精液まみれの少女達が舌を絡ませている。
    「それに・・こんな世の中だ・・どうせ誰もがやってますよ・・・――誰もがね・・」

    「欲望」で「理性」を押し潰すハードな「父娘相姦漫画」ですね。


    『俺の娘は俺の嫁』に登場する父は5年前に妻と死別してから娘と二人暮らしですけど、『誰もがみんな・・』の父とは違って普通のお父さんです。
    俺の娘は俺の嫁
    小六の娘はしっかり者で亡き母に代わって家事もしているようですが、父に対して「家族愛」を超えた感情を抱いており、「私が大きくなったら・・絶対パパのお嫁さんになってあげるから・・ね」と告げるのでした。
    愛娘からそんなことを言われ、スタミナ料理を食べたこともあって勃起が収まらずに眠れない父。
    久しぶりに自慰をしようと思っているところに娘が現れます。
    「パパ・・一緒に寝てもいい?」

    パパ大好きの彼女はやる気満々なんですねえ。一緒の布団に入った少女は父の股間をまさぐり、「オナニーの手伝い」としてHサイトなどで勉強したフェラをするのでした。
    最初は必死に拒絶しようとしていた父ですが、娘の裸身に欲情してしまい「近親相姦」をしてしまいます。
    普段は地味な感じの少女のヌードがとても扇情的に描かれており、お父さんが暴走したのも納得ですね。
    本気で将来は父の「嫁」となる気の娘は、その後も父と交わり続けるのでした。


    『お兄ちゃんだぁい好き!』は浪人生の兄貴が幼い妹とセックスする「兄妹相姦漫画」です。
    お兄ちゃんだぁい好き!
    妹のパンチラや乳首で「理性」が飛んでしまったロリコンの兄。
    たちまち全裸にされた少女は「お兄ちゃん・・やっぱ兄妹でこんなの変だよ・・・いったん落ち着こ? ね?」と兄を説得しますが、無理やり処女を奪われ膣内射精されるとすっかり「禁忌の快楽」に目覚め、その後はスクール水着で兄を誘うなどノリノリになってしまうのでした。


    これが初単行本の作者ですが、ロリータを描く技術は高く、他の作品では豊満な熟女も描けているので、「父娘相姦」や「兄妹相姦」だけでなく「母子相姦モノ」なども期待できそうです。


    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/684-e93d6cf3

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索