FC2ブログ

    Entries

    彼女のヒミツを知ったとき・・僕の人生が変わった!!!(その3)

    (俺の斜め前の席にいるのは椎葉(しいば)さん)
    (俺はいつも斜め後ろから)
    (椎葉さんの綺麗な横顔を眺めている)

    柚木N'の『椎葉さんのウラの顔。』(全5話)のヒロインは、主人公のクラスメイトであるクールな美少女です。
    椎葉さんのウラの顔。(第1話)
    (見とれているだけで、話しかけたことはない)
    (「俺なんかが話しかけちゃいけない」と思わせるような空気の女性だから)
    「・・!」
    斜め前に気を取られていた彼が机の上にあった消しゴムを落としてしまうと、彼女が拾って手渡してくれた。
    「はい」
    しかし、その整った顔に笑みはない。
    (椎葉さんは――)
    (無口で、ミステリアスで)
    (クラスの人と話しているところをあまり見たことがない)
    (そのせいもあってか)
    『椎葉さん援交してるらしいよ。オジサンと親しげに歩いてるとこ見た人がいるって!』
    『私はどっかのサラリーマンの愛人って聞いた』
    (こんな噂をよく耳にした)
    (そして、ついたアダ名は「愛人」)
    (高●生離れした雰囲気や色気を纏った女性だから、「年上の恋人がいる」言われると思わず納得してしまう)
    (・・・勿論噂は信じていないけど)

    しかし、少年は夜の街中で三十代くらいの男と一緒に歩く彼女を目撃してしまいます。
    学校では決して見せない笑顔で男と手を繋ぎながら歩いていく少女。
    思わず彼が尾行すると、ふたりは一軒の家の前に着き、彼女はその男を「お父さん」と呼んだのでした。

    (一気に緊張が解けた)
    (何だ・・仲の良い親子だったのか・・・みんな誤解してたんだな・・ と)

    そんなことを考えていた彼の視線の先で父と娘は口づけをした。
    彼女が父親と涎が垂れるほど淫らに舌を絡ませている。
    「おい梢子、家に入るまで待てよ」
    「ごめんね、お父さん」
    親子の姿が玄関の扉の向こうに消えた。

    椎葉梢子はすでに父と「禁断の関係」になっているんですね。
    「家」に帰った父娘はカーテンを開けたまま激しく交じり合い、庭に侵入した少年に「父娘相姦」を覗かれます。
    学校ではクールな彼女が甘えるような喘ぎ声を上げながら父のペニスを求めるシーンがきっちり描かれており、「父娘相姦漫画」として満足な内容となっていますが、この物語の主人公はクラスメイトの彼なので、まだこれで終わりとはなりません。

    「あ~~・・しきゅうにっっ、しきゅうにお父さんの精液っっ・・・子宮にトドメさされちゃったよぉ・・ッ」
    父に膣内射精された彼女が「禁断の快感」に蕩けた顔でカラダを痙攣させているのを眺めながら少年も庭の芝生を精液で汚していた。

    (次の日)
    (俺の斜め前にはいつものように椎葉さんがいて)
    (だけど俺は今まで知らなかった椎葉さんのウラの顔を知っている)
    (興奮や嫉妬や優越感・・色んな思いで胸の奥がチリチリした)


    少女の「禁断の秘密」を知ってしまった少年。
    そんなふたりの距離が縮まる「第2話」は次回。

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/675-69f6be13

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索