FC2ブログ

    Entries

    母と息子の時間割

    今回紹介するのは、サークルうきくさ屋のSS付きCG集『コイビト時間〜母親(わたし)が息子に堕とされた日のハナシ〜』。
    文章量が豊富で、母親視点からの心情がしっかりと描かれていており、なかなか読み応えがありました。
    コイビト時間〜母親(わたし)が息子に堕とされた日のハナシ〜
    この物語に登場する母と息子は既に「禁断の関係」にあり、今回初めて「家」の外に出てラブホテルでの「近親相姦」をします。

    「パパの代わりに僕がママを幸せにしたい」

    冷え切った夫婦関係に心を痛めていた彼女は、まだ幼さが残る息子からそんな告白をされたことを契機に「恋人ごっこ」を始め、いつしか精神的にも肉体的にも息子の「恋人」になっていきました。
    しかし、親子としての「日常」が「禁忌」に完全に侵食されないための歯止めとして、母は「“恋人”はパパの居ない週末の夜8時以降だけ」という約束を息子としていたのです。
    こうした「時間制限」は成田香車の『9時から5時までの恋人』などを思い出させますが、夫が普通に帰ってくる『9時から・・』は「昼型」で、夫が家にろくに寄り付かないこの物語では「(週末の)夜型」となっています。
    つまり、「平日」と「週末の昼間」という「日常」の大部分は普通の母子関係を保とうとしているんですね。

    もう、どう言い繕っても“母子のじゃれあい”なんかじゃない、男と女の性行為。
    勿論、誰に言い繕う必要も無い。
    ここには私と息子の二人だけ。
    私を許すのも裁くのも息子だけが持つ権利。
    そして息子はこの私の淫らを歓んでくれている。
    ・・・少なくとも今は。


    彼女は息子との「禁断の関係」が決して「永遠」ではないと覚悟していました。
    そして、この行為が子供の人生を狂わす「性的虐待」であることも理解しています。

    ある時急に私が常識と理性を取り戻して、関係を拒むかもしれない、そんな恐れを息子も抱いているのだろうか? 私と同じように。

    そんな彼女も息子との「コイビト時間」を続けながら「禁忌の快楽」と「近親愛」に溺れていくのでした。

    数ヵ月後、夫の居ない週末の夜になると、彼女は息子に荒々しく唇を奪われ、性器が剥き出しになった淫らな下着姿に着替える。
    そして、「王様ごっこ」の「召使い役」になった母は、「王様役」の息子によって淫らに調教されるのだった。
    「ところで、いやらしい雪江は、勿論これだけじゃ満足してないよね? 次はどんなことされたい?」
    息子の言葉に股を開いた母が自らの手で濡れた秘裂を拡げる。
    「・・・・オマ○コもお尻オマ○ンも、ちゃんと用意できてます・・・どちらでもお好きな穴を使って楽しんでください・・・それで雪江が祐介さんの所有物だって確認させて欲しい・・です・・・」

    きっと彼は今夜も私の事を何度となく泣かせ、辱め、絶頂を極めさせるだろう。そうして心ゆくまで私を楽しんだ後は、あどけない少年に戻って私の胸で眠りにつくだろう。
    女として、メスとして、母として愛され、それぞれのよろこびを与えられる・・・これ以上の幸せは無いだろう、心からそう思う。



    息子から与えられる「至上の愛」に狂っていく母。
    この母子の「続き」を見てみたいと思わせる良作でした。

    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/670-47b7c433

    0件のトラックバック

    2件のコメント

    [C363]

    こんにちは。ご無沙汰しております。一究でございます。
    ほんのチョビっと読書の感想を書こうと思っておりましたが、「児ポ法改定問題」について書かれておられましたので少し。
    現実の世界と創作の世界を同列に議論してほしくないですね。
    大橋さんのおっしゃられる通りで、法改定より先に作家や出版社が自主規制してしまうことの方が恐ろしいですね。
    「都条例」のときも同じようなこと書いたと思いますし、上手く言えませんが、ゴリ押し的な改定には断固反対したいです。

    紹介された時期から無茶苦茶ズレてますが、鬼束直さんの「Hide and Seek」読んでおります。
    この作家さん絵も好きですし、好きな作品が多いんですよね。
    今回は、近親愛よりも快楽重視の傾向ですが、ボクの好きな家族が近くにいる状態でのHや、妹の「声出したい」というところはツボ(結局近親相姦ならなんでもいい)(笑
    でした。
    おっと、児ポ法改定になると、この作品自体がアウトになるんですよね?またこんなやり取りもアウトになるんでしょうね。きっと。あー嫌だ嫌だ。

    暑い日が続いております。お体ご自愛下さい。
    それではまた寄らせていただきます。

    • 2013-06-16
    • 一究
    • URL
    • 編集

    [C368]

    一究さん、こんばんは!

    「児ポ法改定問題」は政治家の票集めの思惑なども絡んでくるので簡単な話ではありませんけど、何も言わないのもどうかと思いましてちょろっと書かせて貰いました。

    鬼束直の『Hide and Seek』は良いですよね~
    この作者の描く少女はイキイキとしていて、とても魅力的です。

    この物語でも妹の未成熟な肉体が「背徳感」を高めていましたが、もしも例の法案が3年後とかに最悪の形で成立したら思いっきりアウトでしょうね。
    そんな未来は想像したくないなあ。

    お互い健康第一で頑張りましょう! またのお越しをお待ちしております♪
    • 2013-06-18
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索