FC2ブログ

    Entries

    姉さんの本当の気持ち ただそれが知りたかった

    今回は荒井啓の『夏のはて』(雑誌『コミックメガストア』2012年10月号に収録)について述べてみたいと思います。
    夏のはて
    (結局来てしまった)
    (一目見たら帰るつもりだったのに俺は・・・)

    この物語は結婚した姉が住む村に訪れた彼が「近親相姦」をしている場面から始まります。

    (両親が死んだあと、ひきとられた家は最悪だった)
    (二人で逃げるようにその家を出たあとの生活は苦しかったけど俺は幸せだった)
    (二人だけの生活がずっと続くものと思ってた。だけど姉は貯めた金だけを残して行ってしまった)
    (正直裏切られた気持ちだった)

    回想シーンの絵を見る限り、姉は引き取られた家で犯されていたようですね。
    そこから逃げた姉弟は肉体的にも繋がり、弟にとっては「夫婦」のような関係になったのでしょう。
    しかし、姉は他の男との「普通の幸せ」を選んだのでした。

    それでも求められれば昔のように弟の肉棒を受け入れてしまう姉。

    (確かめたい、姉さんの本当の気持ちを・・・)

    そんなことを考えながら姉の膣内に射精する弟。

    (そんな俺の気持ちを知ってか知らずか、ここまで来た俺を姉さんは優しく迎えてくれた)
    (この時は姉さんをここから連れ出して、また二人で暮らせるんじゃないかとさえ思っていた)

    しかし、姉は彼に夫の子供を身篭っていることを告げます。

    「何回も手術したからもう無理って言われてたのに・・・できたの赤ちゃん」

    手術っていうのは堕胎手術でしょうか。引き取られた家で孕まされたんでしょうね。
    もしかしたら弟の子供も堕ろしているのかも知れません。(そうではないと思いますが)

    「だからもうこういうの終わりにしなきゃ・・ごめんね、嘘に聞こえるかもしれないけど今でもひろくんのこと大好きよ。でも、大好きだから、やっぱり一緒にいちゃいけないの私たち・・・」

    (次の日、俺は姉さんのいる村をあとにした)
    (最後に見た姉さんの顔はとても寂しそうだった)

    (それから)
    (何ヶ月かたって一枚の写真が届いた)

    そこにあったのは赤ん坊を抱いた姉と旦那の姿。

    (破いて捨てようと思ったけれど)

    「なにやってんの? 講義はじまるよ」
    同じ大学に通っているらしい女性がベンチに座って写真を見つめていた彼に声をかける。
    「え、ああ」
    「あれ、今なんか隠した?」
    「な、なんでもないよっ」
    そう言って彼は立ち上がり、歩き出す。
    「なー おまえさ、カレシとかいんの?」
    「えっ、なにいきなりっ!?」

    (まだ出来ないでいる)

    弟にも「普通の幸せ」を掴んで欲しいと願った姉。
    「近親愛」の物語としてはバッドエンドかも知れませんが、弟くんにもすでに可愛い彼女候補がいるので後味は悪くないですね。

    どこかで見た絵だなあと思ったら、以前に紹介した同人誌『ナツカゼ!』の作者なんですね。
    落ち着いた絵柄でありながら肉感的な女体を描く優れた漫画家だと思います。


    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/655-7f259a47

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索