FC2ブログ

    Entries

    近親相姦パラレルエロスワールド!!(その4)

    今回は椿十四郎の『ファミリープラン』(全3話)の続きです。
    妹と「禁断の関係」にあった主人公は「第1話」で母とも「近親相姦」をしますが、その様子を見ていた姉には「気持ち悪い!!!」と激しく拒絶されました。
    しかし、姉の目の前で「公開相姦」をした母と妹は開き直って家の中で彼と堂々とセックスをするようになり、この家ではマイノリティとなった姉の葵は隠れるようにして生活をしていたのです。
    ファミリープラン(第2話)
    「近親相姦」を「非常識」だと理性的に否定するだけでなく、「気持ち悪い」と生理的に嫌悪していた姉。
    その感情は「背徳の快楽」への興味にも繋がっており、自室のPCに母が仕込ませた「近親相姦動画」を観た彼女は無我夢中でオナニーをしてしまい、そこに侵入してきた母と妹によって椅子に座ったまま押さえ込まれ弟のペニスを挿入されてしまうのでした。


    「ッ・・ぎっ!! んぎィィィィィッッ!!!」
    「お前が気持ち悪がってたヤツのチンポだぞォ? がっちり味わっておけぇ!! おらァ・・ッ、どうだぁ!?」
    「か・・かひ・・ィッ」
    「おらっ! おらっ! おっらぁ! んん? どうしたぁ、俺なんかに犯されちゃって最悪の気分かぁ!?」
    涙を流してよがっている姉の顔を眺めながら弟が腰を振りたくる。
    「それともなんだぁ! 憧れの変態SEXが叶って嬉し涙かよっ!!」
    「違・・っ、あ・・あァ、あんたみたいな・・・・あんたみたいな包茎チンコ野郎に・・・あ・・あたしがど・・どうにかなる訳な・・無いでしょ・・っ!!」
    秘肉を愛液でグチョグチョに濡らしながらも拒絶の言葉を吐き続ける葵を母や妹が優しく諭す。
    「葵ちゃんにも私たちと同じ血が流れてるのよぉ? 本当は葵ちゃんも家族でHするの大好きなんでしょう・・?」
    「違・・ッ」
    「お姉ちゃんもあたし達ともっと仲良くなってくれると嬉しいなぁ・・」
    「や・・やめてェ・・!」

    「禁忌の快感」に「理性」を揺さぶられながらも必死に抵抗していた彼女ですが、結局は弟のキス欲しさに「わだじは実のおどうどにおぢんぽされて・・っ、マン汁たらじながら悦んじゃうド変態でずぅぅぅ!!!」と宣言して堕ちてしまうのでした。
    かなり駆け足の展開でしたけど、「第1話」との落差が面白いです。
    ここまでは葵が完全に物語のヒロインなんですね。


    しかし、「第3話」になると、この「禁断ワールド」は「家」の外にまで侵食してしまいます。
    叔母のなつえと従妹の紗季ともあっさりと「近親相姦」するのです。
    ファミリープラン(第3話)
    この時点での葵はワンオブゼムになってしまっており、なんとなく一番年下の紗季がヒロインっぽい感じで全員妊娠エンド。
    どんどん相姦相手が増えていきエロゲーのハーレムエンドのようなラストを迎える展開は、それはそれでいいのですけど、物語として盛り上がったのは「第2話」だったなという感じでした。
    離婚して男性不信&欲求不満だった叔母はともかく、クラスの男子に告白されて喜んでいるような従妹が「男の子と付き合いたかったら浩司くんにしなさいっ、浩司くんなら家族みたいなものだし、とってもいい子だからお母さんも安心だわ」と言われてあっさり処女を捧げるのには違和感が残ります。
    まあ、この作品は軽いノリで「近親ハーレム」を楽しむべきなのでしょうが、そういう空気を完全否定していた葵の存在がもったいなかった気がします。
    同じラストにするにしても、「第2話」で先に叔母と従妹を攻略して、「第3話」で難攻不落な姉を総がかりで責め堕としたほうが面白かったかも知れません。
    誰にも相談できずに悩んでいた葵が信頼していた叔母に電話するが、その時すでに叔母は弟に犯され中だったとか・・・

    「姉」に対して特に強いこだわりを持っている作者なだけに、そんな妄想を抱いてしまいました。


    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/652-59c4d97c

    0件のトラックバック

    4件のコメント

    [C289]

    今晩は。
    あー、椿十四郎さんの「シスター⇔シスター」が紹介されている・・・(半泣き
    椿さんの作品、こちらでも何作か紹介されてましたし、タイトル等は忘れましたが、雑誌掲載分も数作品読んでいるのに未だ一冊も買ってないって・・・ダメですね(苦笑
    大橋さんも書かれてるように、椿さんと言えば「近親漫画」というくらい力を入れて創作されていて、絵も上手いし(ボク好みです)、なんと言っても「近親相姦ってイケナイ事だからしたくなるんでしょ?」という、直球ど真ん中なタイトルが頭から離れません(笑
    しかし、こんなタイトル付けられちゃうと、書店店頭では買いにくいなあ(苦笑
    でもちょっとだけ、「綺麗な」←ここが重要!お姉さんがレジにいる店で買ってみたい気も・・・おっと、嗜好が変わって、これじゃただの変態だ!(赤面
    まあ、大人しくどこぞの通販か、おっさん(一部お兄さん)の居る店で買いましょう。綺麗なお姉さんに通報されてもかなわんし(笑
    読んだらまた感想書きます。

    それから最近、わんぱくさんの「彼女がつながれた日」を手に入れました!
    上手く言えませんが、ちょっと文学的?な作品が多いですかね。
    絵柄は違いますが、みかんRさんや町田ひらくさんの系統に属する作者さんかなと。
    好きな作品は「温泉旅行」「ノックノックでこんばんは」
    「温泉旅行」は、「幼くても、娘も一人の女。」←こんな感じのフレーズが真っ先に浮かびました。
    母と弟の楽しそうなカットと娘の想いやエッチシーンを対比させて背徳感が増していると思います。
    ラストの娘のセリフがまた良いです。
    「お母さんには祐太をあげる。そのかわりお父さんは私のものだからね」を
    「お母さんと祐太が相姦関係になってもいいよ」という風に勝手に脳内変換したボクはやっぱりただの変態です(笑
    「ノックノック・・・」は、数少ない?コメディタッチな話。無条件に妹が可愛いかったです。 
    「ノックノック・・・」も含めて今単行本に意外と多いアナル物なんですが、やはり前の穴でも交わってくれないと、相姦好きにとってはちと損した気が・・・(苦笑
    あと、近親相姦物ではないですけど「めだかの箱」も良かったです。
    全編を通してのかなみの気持ちと、ひなの回想告白シーン?は、ボクの悪い頭にも何か伝わるものがありました。
    ボクには難解な(笑 女(子供)心の話が多かったですが、まずまず良かったと思います。
    ただエッチをしてるだけの作品じゃないので、出来る限り作者の描きたいことを理解したい、或いは感じ取りたいと思うのですが、半分も理解出来たかどうか・・・
    大橋さんの域に近づく為には、まだまだ精進が必要と思った今日この頃です。

    それではまた寄らせてもらいます。



    • 2013-04-03
    • 一究
    • URL
    • 編集

    [C291]

    一究さん、こんばんは!
    椿十四郎は期待の近親相姦漫画家ですよね。
    これからの作品も楽しみです。
    『近親相姦ってイケナイ事だからしたくなるんでしょ?』は素晴らしいタイトルですけど確かにレジに持っていくのはちょっと恥ずかしいかも知れません。
    昔はレジに女子ふたりがいようとも気にせずに近親相姦漫画を持って行ってましたが、最近は通販を利用することが多いです。

    わんぱくの『彼女がつながれた日』を読まれたんですね。
    おっしゃる通り、みかんRや町田ひらくと似た作風の漫画家であると思います。
    一番面白かったのは『温泉旅行』。リアルな空気を感じる描写が良いですね。
    ラストの言葉は「家族愛」と「近親愛」との境界線が曖昧な少女の想いを表していたようにも感じました。

    自分の記事は勝手な妄想を膨らませているだけなので、作者が読んだら(なに的外れなこと言ってんだ)と思われることもあるでしょう。
    いつも一究さんの感想には共感したり、新しい発見をさせて貰ったりしています。

    これからもコメントお待ちしています~♪

    • 2013-04-04
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C293] 第二話最高です。

    姉との交わりが一番盛り上がったとの意見、全く同感です。
    序盤の姉の『気持ち悪い』を連呼するシーンといい、キャラクターが立ちまくっていたのですがね~

    最後になって、いきなり禁断感がうすくなったような…

    この流れだったとしても、弟を独占したがって妹たちと険悪になる描写とか、何かしら突出した部分が欲しかったですね。

    これを習作として、できれば単行本一冊使い切るくらいの姉口説き落としの長編を読んでみたいですね。
    • 2013-04-05
    • 近親万歳
    • URL
    • 編集

    [C295]

    近親万歳さん、こんばんは!

    そうですね~
    自分も「第3話」を読んだ時、正直ガックリしました。
    同じ本に載っている『シスター⇔シスター』もそうですが、中心になるヒロイン(=姉)がしっかり定まっていないんですよね。
    まあエロ漫画ではそういうスタイルも珍しくありませんけど、「近親相姦漫画」では致命的な欠点になってしまう可能性が高いです。
    あの「第1話」から単行本一冊分かけて姉を堕とす展開なんて最高だなあ。
    これからの作品に期待しましょう!!
    • 2013-04-06
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索