FC2ブログ

    Entries

    たとえば母がAVになったら・・・

    前回予告したように、今回は艶々の単行本『たとえば母が』(全6巻)が実写化された『たとえば母がⅠ』を紹介します。
    たとえば母がI
    コミックの実写版化は少し前にも『浮空』のケースを紹介しましたね。
    『たとえば母が』は『浮空』とは比べ物にならない程の長編ですが、単行本1~2巻分がDVD2枚組(合計300分)に収録されており、物語の展開や各シーンも原作とほぼ同じ内容となっています。日常シーンもカットしていないのが良かったです。

    しかし、やはり実写版化で一番気になるのは役者です。
    セックスシーンがある女優は3人登場しています。
    最初マサキが交際していたユキは原作より美人なくらいだと感じましたが、どうでもいい役なのであまりちゃんと見ていません。セックスシーンもほとんど早送りしてしまいました。
    マサキの先輩である山根麻里子はちょっと自分のイメージとは違いましたね。好きなキャラなので違和感が大きかったです。ただ、この人も所詮は脇役なので、それなりにやってくれればいいと思っています。
    肝心のヒロイン美晴はもちろん漫画のイメージそのままというわけにはいきませんが、個人的には合格だと考えています。先ずムッチリとした肉体が素晴らしい。デブなのは論外ですがスレンダーなのも「美晴」としては失格です。肌も綺麗だし、顔もなかなかの「熟女美人」でしょう。ベストではないかも知れないですけど、かなりベターな配役だと思いました。
    男優の方は2人。
    美晴とセックスしまくるマコトは野暮ったさがあるので、それほど原作のイメージとかけ離れてはいません。
    問題はマサキですねえ。原作とは全く別人です。まあ、漫画版のようなベビーフェイスのイケメンを用意するのは難しいでしょうし、実写版の彼も「息子」らしさは感じるので及第点だと思います。
    演技に関しては映画やTVで活躍する俳優のレベルにはほど遠いですけど、AVとしては頑張っている方でしょう。一番難しいのは感情に台詞を乗せることではないかと思います。日本にはエロに対応できる優れた声優が大勢いるので、思い切って洋画のように実写にアフレコで声を入れるというのも面白いかも知れません。

    単行本1~2巻分ということは、もちろん「母子相姦」はまだまだ先であり、内容的にはマサキが全裸で寝ている実母に欲情してオナニーするシーンと、風呂上りの美晴が息子に「近親強姦未遂」をされるシーンくらいが見所ですね。
    すでに「第2弾」(単行本3~4巻分)の発売も決まっているので、「第3弾」で待望の「母子相姦」が炸裂する最終巻分まで実写化されるのは間違いないでしょう。
    「漫画」と時のように長く待たされるわけではないので、マサキの「母親寝取り返し」まで見届けてから最終的な評価をしたいと思います。

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/636-fcf1e58e

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索