FC2ブログ

    Entries

    モラトリアム相姦

    今回も引き続きタカスギコウの最新単行本『俺の母親』の収録作品を紹介します。

    『僕が彼女に夢中な訳』の主人公である少年は、グラビアの美女にも告白してきた同級生の少女にも関心を示しません。
    僕が彼女に夢中な訳
    彼が夢中になっている“彼女”とは、もちろん実の母親なんですね。
    『残り香』や『どうしようもない母の唄』よりも若々しい感じの母はすでに息子と「禁断の関係」となっています。
    物語は帰宅した少年が母親を犯しまくるだけの内容なのですけど、イク時に必ず放尿してしまう母がエロ可愛いです。

    全裸でお互いの性器を舌で愛撫する母子。
    「そう言えば今日学校で告られたんだ」
    「えっ?・・」
    息子の言葉に母が肉棒から口を離す。
    「断っちゃったけどね」
    「どうしてっ?」
    「どうしてって、俺には母さんがいるじゃん」
    少年の指が母の秘唇を拡げる。
    「あっ・・でも・・あなたには・・ちゃんとした・・・」
    「わかってるって」
    濡れたヴァギナに挿入される息子の指先。
    「社会人になったら、ちゃんと相手見つけるって」
    「あうっ・・おぉ・・・それなら・・・いっ・・いいけどぉ・・おおっ・・・」

    本心かどうかは別として、この母は「近親愛」を一時的なものと考えているんですね。
    おそらく、そう思うことで「禁忌への意識」を抑え込んでいるのでしょう。

    バックから息子にアナルを犯されている母親。
    「ああっ、はあっ、はあっ、あっ、凄ぉい・・はっ」
    「母さん気持ちいい?」
    (社会人になったら~なんて言ったけど、正直自信ないなぁ)
    「ぎっ・・ぎもち゛いいぃ・・・」
    (俺の事何でも受け容れてくれる・・・)
    「んぎっ!」
    (こんな人、他にいるのかな?)
    「んひっ!」
    (母さんより気持ちいい人なんて・・・)
    「きひぃぃ・・ああっ! やああっ! イっちゃうぅ!」

    お母さんに夢中になってしまっている少年に感情移入しながら楽しめる、明るい「母子相姦漫画」です。


    『ママモミ!』も『僕が彼女に夢中な訳』と同じくらいの年齢の母子が登場しますが、こちらは普通の親子であり、母も子も「禁断の欲望」を抱いたことなどありませんでした。
    ママモミ!
    しかし、少年が同級生の少女達の胸のサイズの話を学友としている時に「そういや智広の母ちゃんもデカいよな?」と言われ、初めて母を「異性」として意識します。

    帰宅した少年は母親の巨乳が気になってしまい、脱衣所の巨大なブラジャーを手にしているところを母に見られてしまう。
    「あ」
    「なっ?」
    「・・・・」
    「何・・してるのよ・・・」
    気まずい沈黙の中、息子が思わず口走る。
    「オッパイ揉みたい」

    安易な「母子相姦漫画」だとこのまま「近親相姦」へ突入してしまうでしょうが、この母親は暴走する息子を涙を流しながら引っ叩きます。

    そのまま走り去る母。
    取り残された少年は自室に戻り、自分の行為を後悔する。
    「は~~~ この先どうしよ・・・」
    フラフラとベッドに倒れこむ少年。
    「やっぱり、ちゃんと謝ろう」

    「さっきは・・ゴメン・・・」
    息子の謝罪を静かに受け止める母。
    「・・・ううん、いいの。母さんの方こそ叩いたりしてゴメンね。あなたもそういう年頃だもんね」
    そして彼女は問い掛ける。

    「まだ・・触りたい? 母さんの・・・」

    「えっ?」
    母の思わぬ言葉に困惑する少年。
    「母さん考えたの・・・あなたもその内経験するんだから・・・その為の練習相手になってもいいかな・・って。それも母親の役目なのかな・・って」

    お母さん、切り替え早ッ!
    まあ、ページの都合もあるので、いつまでもグジグジしてはいられないですよね。
    もちろん息子は母の申し出をありがたく受け、当然のごとくその行為はエスカレートしていき、「近親相姦」へと至るのでした。

    母の膣内に射精をした少年が後ろから豊満な乳房を揉みしだく。
    「母さんのお陰で俺、男になれた・・・」
    「母さんも何年か振りに智広に女にされちゃった」
    「禁断の関係」となった母子が唇を重ねる。

    「智広~ 彼女出来たら、ちゃんと連れてくるのよ?」
    そう言って息子の肉棒を咥える母。
    「・・・・・」
    「んっ・・・んんっ・・」
    フェラチオの後、母が勃起したペニスを巨大な双乳で挟み込む。
    「でも、彼女が出来たら、母さん絶対ヤキモチ妬いちゃうわね」
    (初体験が母親で・・しかもこんな事までしてくれちゃったら・・・)
    亀頭に優しくキスをする母を見下ろす少年。
    (当分彼女は出来ないと思うよ・・・)

    最終的には『僕が彼女に夢中な訳』の母子と同じような関係となりますが、一度母親がきっぱりと拒絶しているのが良いですね。「禁断の快楽」を味わった後も「母親」であることを忘れてはいません。
    『僕が彼女に・・』も続編で最初の「近親相姦」を描いて貰えると嬉しいです。


    この本によって、タカスギコウはトップクラスの「母子相姦漫画家」となった感じですね。
    長編も得意な作家なので、いずれは単行本2~3冊分くらいの「長編母子相姦漫画」も描いて欲しいです。

    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/615-cb2bf5f1

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索