FC2ブログ

    Entries

    隣の「禁忌」はヤバく見える

    町田ひらく は多くの「近親相姦漫画」を描いていますが、かなり異色の作家だと言えるでしょう。
    少女が汚されていく様子を淡々と描いていくことで「現実感」を浮かび上がらせる独特の世界観は、文学的香りすら感じさせます。
    まあ、それゆえに「エロ漫画」としては微妙という読者も多いかも知れませんけど。

    『MONKEY PARENT』(単行本『飼いね子』収録)に登場する少女は、朝っぱらから実の父親に犯されています。
    MONKEY PARENT
    幼い娘の膣内に当たり前のように射精する父親と、喜びも哀しみも知らないような顔でそれを受け止める少女。

    「制服どうした?」
    朝食をとっている出勤前の父が食卓についた全裸の娘に問う。
    「春休み」
    「ああそうか」
    「きのうも話した」
    食事の後で精力増強剤を飲み干す父の姿を気だるげに見つめている娘。
    (お父さん今日は寝かせて~)
    「じゃ行ってきます。今夜ママと会うけど、お前も来るか?」
    「んーん」

    父が玄関を出ると隣の家の夫婦も出かけるところだった。
    「おっ」
    「おはようございます」
    「おはようございます。今日はお揃いで」
    飼い犬を連れながら両親を見送っていた少女がこちらを見る。
    「おはようございまーす」
    「おはよう、唯ちゃんも春休みか」
    大人達が去り、ふたつの家に残された子供。
    扉が閉じた玄関で犬と見つめ合う少女と、全裸のまま食卓で眠る少女。

    夜の飲み屋で母と会っている父。
    「コレ先月出たアタシ絡みのチェコの童話」
    「へぇ、チェコ語をキミが訳したの?」
    「まさか、英訳を和訳しただけ。京華に読ませてやって」
    「うん」
    「あの子、元気?」
    「うん」

    その頃、彼らの娘は窓から隣の部屋を覗き見していた。

    「避妊してる?」
    「イヤまだ平気。そっちは?」
    「ピル 飲んでる」
    「マコト精液出たのかっ!」
    「もう13だよ。精液出るのが面白くてたまんないみたいでね」

    うつ伏せになった少女の裸身の上で腰を振りたくる犬。
    カーテンの隙間から見える「禁忌」を娘はじっと見つめている。

    「もう底無しよ。昼といわず夜といわずアタシもクタクタ。まさにサルね」
    「俺の子だからなァ」

    この元(?)夫婦は、別居して「父娘相姦」と「母子相姦」をしているんですね。
    お互いに了承しているのなら同居しながらでもいいような気もしますが、別居することによって「近親相姦」の「閉鎖性」を維持しているのかも知れません。

    「でもキミだって愉しみはこれからだろ?」
    「うん。そろそろアナルの方も気にし始めてるみたい」
    そんな会話を続けながら父がふと呟く。
    「俺達・・・どうして誰からも叱られないのかなァ」
    その問いに表情も変えずに答える母。
    「自給自足だからじゃないの?」

    「うーん、コレは・・・」
    唸りながらも覗きを続けている娘。
    隣の家の部屋の中では、射精した愛犬のペニスを少女がしゃぶっていた。
    覗きを終えた彼女は虚空を見上げながら独り言を呟く。
    「やっぱり、通報すべきなのかなァ」

    最後の言葉がシニカルで面白いですね。
    案外「禁忌」は身近なところに平然と存在しているのかもと思わせる物語でした。

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/600-ac7eae13

    1件のトラックバック

    [T68] まとめtyaiました【隣の「禁忌」はヤバく見える】

    町田ひらく は多くの「近親相姦漫画」を描いていますが、かなり異色の作家だと言えるでしょう。少女が汚されていく様子を淡々と描いていくことで「現実感」を浮かび上がらせる独特の世界観は、文学的香りすら感じさせます。まあ、それゆえに「エロ漫画」としては微妙とい?...

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索