FC2ブログ

    Entries

    八百屋さんのシャッターは開かない

    今回紹介するのは、サークル華フックの『母親失格・私と息子のメス豚寝取られ復讐劇』です。
    母親失格・私と息子のメス豚寝取られ復讐劇
    以前に紹介した『母親失格・私と息子のメス豚寝取られ性教育』の続編でありますが、「母親失格シリーズ」の中心キャラだった“健太”は登場せず、健太によって「性教育」を受けた母子の「その後」が描かれています。

    母親を孕ませた息子――タカシ。
    そんな彼も八百屋を営んでいる「家」を出れば根暗で弱虫な少年であり、特に友一というワンパクな男の子に苛められていた。

    タカシはその「復讐」として友一の母親を寝取るんですね。
    かつて自分が健太にそうされたように、熟女を「メス豚」へとゆっくりと調教していきます。
    内容的には同作者の『お母さんの交尾。』に似ていますが、この作品は262Pの大ボリュームなので、明るくて快活な母親がチビメガネの少年に堕とされていく「母親ネトラレ」の過程が「母親視点」や「息子視点」も絡めてじっくりと描かれています。

    タカシに犯されながら携帯で息子と話している母――紀子。
    「お母さん、あなたの事大好きよ!!・・だから友一もお母さんのこと好きって言って!? 言ってくれたら、お母さんすぐにでも帰れる気が・・・」
    『ヤダよ! 何ってんだ!! 変なこと言わせんな!! もう切るからな! 早く帰って晩飯作ってくれ!!』
    そして、母子の通話が切れた。

    まあ、事情を知らない息子がこう言うのは当たり前ですよね。
    しかし、完堕ち寸前だった彼女の「家族愛」や「理性」は、この言葉によって崩壊してしまうのでした。


    息子が真実を知った時には既に母はタカシの「性奴隷」になっており、最後には友一がタカシに土下座します。

    「お・・お願いします。俺も・・お母さんと・・タカシ君のメス豚と、セックス・・させてください」
    その言葉を鼻で笑うタカシ。
    「ダメだよ。君だけは絶対にダメだ」
    自分の母親にペニスを咥えられ、同級生の母親に首筋を愛しげに舐められながら、少年は冷ややかに宣告した。

    タカシの「寝取り」は「復讐」なので、健太のような器のデカさはありませんね。
    結局、紀子もタカシの子を妊娠し、友一の両親は離婚してしまうのでした。

    「母親失格シリーズ」の「第4作」があるのなら、やっぱり「悪ガキ調教師」の健太が主役の方がいいかなあ。


    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/586-cee6c8a9

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索