FC2ブログ

    Entries

    幸せに結ばれた「美晴とマサキ」のその後・・・

    艶々の『たとえば母がEⅩ』は、かの有名な長編母子相姦漫画『たとえば母が』(全6巻)の後日談です。
    たとえば母がEⅩ
    中古の車に乗ってドライブしている母子。
    美晴の眼鏡姿がとても良いです。同人誌『眼鏡女と公衆便所』でも見てはいましたが、やはり相手がマコトではなくマサキであることがポイント高いですね。
    お互いの仕事が休みの日に子供を保育園に預けて久しぶりの二人きりになっているせいか、「父親」となっているマサキが子供っぽい顔を見せており、運転中の母の股を触ってゲンコツを喰らったりとコミカルな感じで物語は始まります。

    眼下に町並を望む野原でセックスを求めるマサキ。
    「でも・・誰かきたら・・・」
    「こないよ、こんなとこ」
    そう言いながら彼は母のパンティを下ろしていく。
    「ハングやるためだけの場所みたいだし、平日だし」
    「え!? 脱ぐの!! ここで!?」
    「きっときもちいいよー」
    満面の笑みを浮かべる息子を恥ずかしげな表情で見つめる母。
    結局、靴だけ履いた全裸となった彼女は、羞恥心を上回る解放感に浸るように巨大な乳房を揺らしながら野原を駆ける。
    「あはは、すごーい! たのしっ、私バカみたーい」
    その笑顔を見つめながらマサキが微笑む。

    ずいぶんとノホホンとした展開ですが、本編のドロドロを思い出すと、こうしてイチャイチャしている母子を祝福したくなります。
    その後はもちろん激しく「野外母子相姦」をして、保育園へと娘を迎えに行くシーンで終わります。

    母子に屈託のない笑顔が戻ったのが良かったですね。
    まさにハッピーエンドといった感じでした。

    ただ、ちょっと気になったのは、マサキが美晴のことを一度も「母さん」と呼ばなかったこと。
    美晴の方は何度も「マサキ」と言っているのに、彼は「美晴」とすら言っていません。
    最終回では、どちらの呼び方もしているんですけど。
    「近親相姦漫画」において、呼び方はかなり重要なポイントですよね。
    だからこそ作者は意図的に言わせなかったようにも思えます。
    これって例の条例の影響なんでしょうか?

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/577-930fe708

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索