FC2ブログ

    Entries

    「妄想(ウソ)」から出た「近親愛(マコト)」? (その6)

    『シス・ブラっ』の「第8話」でも兄と妹の「疑似近親相姦」は続いています。
    シス・ブラっ(第8話)
    八重のアシスタントと兄の会話から判明するのですが、この兄貴は「他の女性」との交際経験があるんですよね。
    『わすれな』の兄も「普通の恋愛」をしそうになったことがありますけど、すぐに破局しており、最終回のモノローグで(――俺は・・お前しか抱いた事ないんだ・・・)と告白しています。
    『シス・ブラっ』の兄が妹との中途半端な「肉体関係」に溺れることが出来ないのは、すでにセックス経験があるからなのかも知れません。

    「最後まで――・・しちゃおっか?」という八重の言葉に激しく動揺する兄。
    会社帰りにその時のことを思い出し、彼が溜息をつく。
    「はあ・・最後の一線・・かぁ、あいつにとっちゃ冗談かもしんねーけど・・・・・仮にそうなるとしても何か足りないような・・気がするんだよな・・・」
    玄関のドアの前で立ち尽くす。
    「・・・・あいつ・・俺の事・・どう思ってんの・・か・・な・・・」

    悩める兄はドアを開けて妹の元へと戻る前に、隣の部屋に住むナナに誘われて一緒にお酒を飲むことになります。
    ナナは兄を酔わせて兄妹の「秘密」を聞き出そうとしたのですけど、完全に酔っ払ってしまった彼は妹のフリをしたナナを襲ってしまうのでした。

    「兄妹相姦」の事実を確信した彼女は、そのまま彼の愛撫を受け入れ、挿入をねだる。
    「―――・・えっと・・――・・あの・・・そろそろ・・入れて・・欲しい・・――・・お兄ちゃん」
    「! ――・・い・・いのか?」
    「え?」
    「じゃ、じゃあ、ひとつだけ確認しときたいんだ・・・・あのな・・・」
    「?」
    「俺の・・事、好きか・・? 兄貴としてじゃなく・・そ・・の・・それ以上って意味で・・・」
    「――・・う・・ん、大・・好・・き――・・だよ・・――誰よりもずっと・・ずっと、好き―――・・」
    そして、ナナは彼に「妹」として犯された。


    「お兄ちゃん!!」
    聞き慣れた声に目を開けると、見慣れた顔が見下ろしていた。
    「ん・・んん? あれ? 八重どうした?」
    ベッドから上半身を起こした彼が寝ぼけ眼で妹を見上げる。
    「どうしたもこうしたもないわよ――っ、どういう事!? 昨日っっ、あんな・・・」
    「あ・・ああ、あれな・・・えーと・・すまなかったな・・なんか勢いでつい・・・だってお前にああ言われると・・・」
    「・・なんの事? 昨日は酔っ払って帰ってきて、そのまま寝ちゃって・・・」
    「・・・え?」


    「お兄ちゃん――・・か・・・」
    独りきりの部屋で呟く全裸のナナ。


    このまま「兄貴ネトラレ」が進行してしまうのか?
    続きは次回。

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/569-e57aeea1

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索