FC2ブログ

    Entries

    「妄想(ウソ)」から出た「近親愛(マコト)」? (その4)

    「ねぇ・・どうする? キスしてって言ったら・・・」

    『シス・ブラっ』の「第6話」は、八重のこの言葉から兄妹の関係が大きく揺らいでいきます。
    シス・ブラっ(第6話)
    彼女はすぐに「冗談に決まってるでしょ!!」と言いますが、兄が答えとして軽くキスすると、腰が抜けたようにへたり込んでしまうのでした。

    (ええぇ・・!? 体・・に・・ち・・力が入らなくなって・・・っていうか・・キスさ・・れて・・トロけそうなくらい・・っっ反応しちゃってる!?)
    (あ・・あの時・・みた・・いに)
    (・・こ・・れが・・お兄・・ちゃ・・んとの・・キ・・ス・・なん・・だ・・・)

    やはり自分にとって兄は「特別な異性」だと感じた八重は、キスだけでは物足りず「本番なしのエッチ」を求めます。
    ここでいきなり「近親相姦」に突入してしまう作品が多いと思いますが、恥ずかしそうな八重の姿は可愛いし、その行為もすぐではなく夕飯と風呂の後にしているのもリアルな感じがして良いですね。

    食事中も入浴中も八重の胸の鼓動は高まったまま。
    「はぁぁぁ・・っ、な・・んで、あんな事・・言っちゃったんだろ・・あたし・・・」
    身体を震わせながら自室で布団を敷いた妹がドアの方を見つめる。
    (・・でも・・だからって・・お兄ちゃん本気にしてないよね・・? ホントに・・来たり・・しな・・いよね・・?)
    期待と不安の視線を受けたドアが開く。
    「!!」
    「風呂・・上がった・・から・・・」

    まあ、兄は来ますよね。決して無理やり襲うなどということはしませんけど、妹から求められれば拒みません。
    今回は、お互いに緊張しながら全裸で絡み合う兄妹の姿がじっくりと描かれています。
    途中で八重は兄とのセックスを受け入れようとしますが、兄が約束を破る筈がなく、素股で妹を絶頂に導くのでした。

    いよいよ「ふたりだけの世界」がじっくり描かれていくのかと思いきや、ラストに新たな「第三者」が現われます。

    全裸で小田ドア(八重のペンネーム)の「兄妹相姦漫画」を読んでいる女。
    「確かに――・・面白い――・・近親相姦モノ――でも――なにか――本物・・のニオイ――が する―――」

    「近親相姦漫画」を読んで「本物のニオイ」を感じるなんて、どう考えても読者の妄想としか思えませんが、彼女はただの「読者」ではありませんでした。

    「そ・・れで――面白い――・・漫画が―――描ける――・・・なら・・――知りたい、吸収――・・したい――うん――・・・」

    この女性は八重の同業者だったんですね。
    まあ、確かに想像だけより実体験があった方が良いのかも知れません。
    ちなみに今回の件で八重も「エロ漫画家として体張って経験しときたい」と言い訳しています。

    またもや波乱が起こりそうな物語の続きは次回。

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/567-29841c09

    0件のトラックバック

    4件のコメント

    [C221] 分類が

    私は思う,内容は,母と子、兄と妹、姉と弟,分類が良くな。

    [C222]

    ANDYさん、コメントありがとうございます!

    カテゴリーを分類分けした方が良いということですよね?
    1つの記事に母子相姦と兄妹相姦の内容があったりもするので、ちょっと上手い分け方を考えます。
    とりあえず、検索で”母子”とか入力して頂くと、ある程度は絞り込めるかと思います。
    • 2011-12-19
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C223]

    あなたの考えに同意する。

    私は台湾人で、日本語のレベルはとてもまずいです。中日の翻訳のツールを使ってあなたに来てと対話することしかできませんでした。

    [C224]

    ANDYさん、わざわざ翻訳ツールまで使ってコメントして頂いて感激しています。

    とても嬉しいです!
    • 2011-12-19
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索