FC2ブログ

    Entries

    兄弟は裏切りの始まり

    (――昔からそんな所があった・・・)
    (両親にしっかり躾けられた自分に比べ・・・弟は甘やかされて育っていると・・・)
    (特に母は弟に甘い様に思う・・・)
    (なにかにつけて・・・)
    「俊之はお兄ちゃんでしょ? ガマンしてあげなさいっ」
    (そう言われ理不尽をガマンしてきた)
    (それは今でも変わっていない・・・)

    山文京伝の同人誌『山姫の実 双美子』はいつも通りの「ネトラレ漫画」ですが、今回の相手は“弟”でした。
    山姫の実 双美子
    ワガママな弟は自分に甘い母親の優しさにつけこんで「禁断の関係」になっていたんですね。
    兄視点では「ネトラレ漫画」ですが、弟視点では「母子相姦漫画」となります。
    しかし、主人公である兄の立場になると、これまでの「ネトラレ」とは比べ物にならないくらいの悔しさを感じますね。
    特に弟や妹がいる人は、この理不尽さを共感できると思います。

    母はすっかり弟(俊則)との「近親相姦」に溺れていて、夫とはもう二度とセックスしないと誓います。

    「兄ちゃんとも絶対・・・セックスしちゃダメだからねっ!」
    バックから母を犯しながら少年が告げる。
    「もぉ・・また俊之と・・・」
    「ちゃんと言ってっ!」
    俊則が激しく腰を振ると母が甘い喘ぎを洩らす。
    「と・・俊之とは、こんな事・・・し・・しないわ・・っ」
    「したくならない? 絶対?」
    「え・・ええ・・・」
    「ちゃんと言うの!」
    「もぉ・・・」
    自分への独占欲が快感となり、熟母をさらなる快楽へと導いていく。
    「と・・俊之とは・・・しっ、しないわ・・・」
    「ホント!?」
    「・・・ええっ」
    「本・・当・・っ」
    「こんなこと、したく・・ならない・・・」
    息子に突かれ豊満な乳房を揺らしながら母親が宣言する。
    「あの子には、そんな風に・・っ、おっ、思わない・・もの・・っ」
    もう一人の息子にこの痴態が覗かれていることを知らぬまま。

    母が弟に膣内射精されるまでを見届けた俊之は、何も言わないままその場を去り、また偽りの「日常」が戻ってきます。

    「――・・肩、揉んでやろうか・・・」
    洗濯物を畳んでいた母の細い両肩に俊之が手を乗せる。
    「あら・・めずらしいっ、どういう風の吹き回し?」
    「たまには親孝行もしないとね」
    「フフ・・そうなの? なんだかうれしいわっ」
    やわらかくて温かな笑顔。
    しかし、そんな母が「お父さんも俊之も・・もうどうでもいいのっ、双美子の愛しているのは俊則だけなのっ」と快楽に震えた声で言っていたことを彼は知っている。
    「ああ・・いい気持ちっ」
    「気持ち・・いいの?」
    「ええ・・とっても・・・上手よ俊之・・・」
    「俊則じゃ こんな事してくれないだろうからね・・・」
    「ヤダ なぁに?」
    母が笑う。
    「ううん・・なんでも・・・」
    その白い首筋を見つめながら肩を揉むと、母の胸が微かに揺れる。
    「気持ちよくなってよ・・母さん・・・」

    クソ生意気な弟には感情移入できないので「母子相姦漫画」としては楽しみにくいのですが、まだ小学生くらいの息子に熟母が犯されるシーンはかなり淫猥です。
    次の「過程」は母親視点で「母子相姦」が描かれると思うので非常に楽しみですね。
    個人的には三冊目で兄の逆襲に期待したいなあ。

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/547-ec461e1a

    0件のトラックバック

    2件のコメント

    [C219]

    どうも今晩は。一究でございます。
    ボクの街では、昼間はまだ初夏並の暑さが続いてます。大橋さんの方ではいかがでしょうか?朝晩は涼しくなりつつあり、毎度のことですが風邪には気をつけないとと思っております。

    今回紹介されています、山文京伝さんの「山姫の実 双美子」。ボクも購入しました。
    こちらのブログでも何作か紹介されておりますが、母親(女性)が寝取られる相手が身内(弟)というのは初めてではないでしょうか?(全作品把握はしていないのであれですが)
    今だ寝取られ系は苦手なジャンルですが、今作だけを読んでみてもなかなか良いと思いました。

    ボクは、大橋さんが書かれているように、兄視点での寝取られ物として、また弟と母親のカラミは、寝取られの会話はあるものの、ショタ物の近親相姦漫画として二度美味しく楽しみました。(そんな風に読むと本来の面白さ半減ですかね (笑
    絵も上手い!と言うほどではないですが(山文さんごめんなさい(冷や汗、好感が持て良いと思います。
    作者も一部あとがきで書いてますが、母視点の母子物も早く読んでみたいし、また大橋さんのおっしゃる兄の逆襲も読んでみたいですね(山文さんご検討宜しくお願いします!m(__)m

    機会があれば、作者の他の寝取られ物も読んでみたいです。

    それではまた寄らせていただきます。
    お体ご自愛下さい。

    • 2011-10-09
    • 一究
    • URL
    • 編集

    [C220]

    一究さん、こんばんは!
    こちらも気候が不安定なので体調管理には気をつけています。(とか言いながら、いつも風邪をひくのですが・・・)

    おっしゃる通り『山姫の実 双美子』はこれまでの「ネトラレ物」とは一味違うので今後の展開が楽しみですね。
    今回の場合、母は「女」として寝取られただけでなく、「親」としても弟に奪われているので、兄が逆襲してもおかしくはないと思います。
    兄と母の「近親相姦」は、弟の視点で見れば「母親ネトラレ」となるわけだし・・・

    「ネトラレ」に関して山文京伝はエロ漫画界のトップだと思っているので、興味がおありならぜひ読んでみて下さい。

    それでは、また!!
    • 2011-10-09
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索