FC2ブログ

    Entries

    亭主元気で兄がいい

    『良妻兼妹』は前回紹介した『昴の太陽』の作者である黒越陽の「兄妹相姦漫画」です。
    良妻兼妹
    以前から述べているように、「近親相姦漫画」には「背徳感」があって欲しいです。
    『昴の太陽』のお姉ちゃんはかなり積極的でしたが、弟の方は姉に欲情して汚してしまった過去に罪の意識を感じており、姉の方から求められて「近親相姦」をしてしまった後も笑顔を見せることはありませんでした。
    その「禁忌の意識」はモラルの問題ではなく、姉に対する「家族愛」の強さであり、それを分かっているからこそ、お姉ちゃんは弟を「特別な異性」として愛しているんですね。

    『良妻兼妹』に登場する妹は文武両道の美少女ですが、年下ということもあって『昴の太陽』のお姉ちゃんよりもさらに積極的に「近親相姦」を望んでいます。
    それに対して、妹が通う学校の教師でもある兄は『昴の太陽』の弟より明確な「禁忌への意識」を持っていて、ブラコン過ぎる可愛い妹と距離を置く為に就職を機にひとり暮らしをしていました。

    物語的には『昴の太陽』より軽いノリなので、父親の転勤によって妹とふたりで暮らすことになると、兄ラブの妹が風呂場に乱入したり、寝ている兄の上に全裸で跨ったりします。

    下腹部の快感に目を覚ました兄は妹の姿に驚くと同時にペニスを固くしていた。
    「ひゃ!!?」
    勃起した肉棒に感触に妹が甘い声を上げる。
    「兄さん・・・」
    「志保・・っ!? だって・・・!!?」
    そのまま性器を結合させようとする妹。
    「やめっっ」
    彼が上半身を起こす前に妹の処女は破られていた。
    「いっっ・・・っっ」
    「志保っっ・・!!」
    妹の媚肉によって伝わってくるゾクゾクとした「禁断の快感」が兄の心を揺さぶる。
    「バっ・・カ!! な、なんて事っ・・!! どきなさい!! 兄妹なんだぞ!? 俺達はっ・・!!」
    「ん、く、奥までいかな・・・」
    兄の言葉には答えず、涙を流しながら少女が必死に腰をくねらせる。
    「学校でも志保は頑張り屋で人気者だろう!? なっ、なんでっ、僕にこんな・・!!」
    「わっ、私は・・兄さんがっ、好きっ・・! なのっ・・!!」
    「!」
    秘唇で兄の肉棒を咥え込んだ妹の眼差し。
    「家だって、学校だって、何処だって・・・兄さんに良く見られたかっただけ・・!! 他に頑張る理由なんかないっっ!!」

    可愛い妹にここまで言われてしまった兄の理性は吹っ飛び、その奥底まで突き入れて徹底的に犯し、甘い喘ぎ声を聞きながら膣内に射精してしまうのでした。

    朝日が差し込む部屋の中で兄は両手で顔を覆って落ち込んでいた。
    (最初・・志保を叱責していた僕は・・何処へやら・・・)
    (妹に犯されて、途中から犯して・・・そして中出し)
    (もっ・・僕ぁダメだ・・・)
    (これ以上ないって程ヤッてしまった・・・)
    自責の念に身体を震わせた兄の横で幸せそうな顔の妹が眠っている。
    (でも何かもう、この娘が幸せならいいです)
    (僕じゃなきゃダメなら)
    (僕が頑張ります)
    そして彼は「父さん母さんごめんなさい・・・」と呟いた。


    「母子」や「父娘」より「兄妹」や「姉弟」の方が「近親愛」における恋愛感情の割合が高いと思われますので、「ダメ息子」や「ダメ親父」が母親や娘から無条件に愛されるのは分かる気がしますけど、「ダメ兄貴」や「ダメ弟」が妹や姉から愛されるのはあまりリアリティが感じられませんね。
    こういうケースでは「強姦系」や「調教系」とかの方が合っている気がします。

    この作品の場合、世間的に見れば明らかに間違っていますが、妹にとっては良いお兄ちゃんですよね。
    完全無欠の美少女がベタ惚れなのも納得できます。

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/523-eb706765

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索