FC2ブログ

    Entries

    「禁断の欲望」は眠らない(後編)

    (ネットや教科書、ハウツー本)
    (調べるほどに欲求不満がつのる)
    (知りたい・・・)
    (カワイイ弟の本物のおちんちん)

    西川康の『アネトリ』に登場した姉は、中学生の頃に眠っている弟のペニスをしゃぶっていました。
    アネトリ(後編)
    「禁断の欲望」を抱いたのは姉の方が先だったんですね。
    でも、それではいけないと考え、彼氏を作って「普通の恋愛」をしようとしていたのです。

    そんな彼女の肉体を今度は弟の方が狙っている。
    (ど・・どうしよう・・・)
    眠っているフリをしている姉のパンティが脱がされていく。
    (あきらめてくれると思ったのに)
    剥き出しになる白い桃尻。
    (弟の心と身体を弄んだ罪・・?)
    「すごい汗・・お姉ちゃん、もしかして起きてる?」
    その言葉にも彼女は反応しない。
    「俺が見てるの知ってて、あんな男とSEⅩしたんだろ。ヒドイよ・・・」
    弟が姉の濡れた秘唇を無遠慮に広げる。
    「あんなヤツのチンポをお姉ちゃんのココに・・・」
    ズブリと挿入される弟の指。
    「アイツ殺してやろうかと思ったよ。彼氏ヅラしやがって。気持ちよくなかったろ? SEⅩもヘタだったし」
    少年は剥き出しになった姉の下半身を思うままに愛撫していく。
    「別れなよ。お姉ちゃんは俺だけのモノなんだ」
    その言葉に何かがプチンと切れた彼女は弟をベッドに押し倒して馬乗りになっていた。
    「人の気も知らないで勝手なことばっかり言うな!」
    突然のことに言葉が出ない弟に口づけをする姉。
    (もうダメ・・・)
    (私が正太のコトを意識しないように、必死でがんばってきたのに・・・)
    暗い部屋のベッドの上で姉と弟が淫らに舌を絡ませる。
    (みんな台無しになっちゃった)
    「正太のセイよ。もう、どうなっても知らないんだから・・・」

    こうして、「禁断の欲望」を解放した彼女は、弟と激しく交わります。

    「お姉ちゃん、俺 もうイクよ!!」
    「だ・・だめ正太! お姉ちゃん、まだなんだからガマンして! アウン!!」
    そう言いながら、姉が悩ましげに腰を振りたくる。
    「ムリだよォ!! そんなに動いたら射精る、射精るゥ、あああ!!!」
    「ああ、ダメェ、膣内はダメェー!!!」
    姉の甘い声を聞きながら弟は射精した。
    「んああ、膣内にいっぱい射精てるぅー!!! ダメッて言ったのにィー!!!!」
    裸身を震わせながら彼女は絶頂を迎え、すぐに引き抜かれたペニスを愛しげに咥えた。

    その後・・・
    暗い部屋のベッドに横たわっている弟。
    「寝たフリしてもダァメ・・・」
    下着姿の姉が妖艶な笑みを浮かべながら圧し掛かる。
    「どうして来てくれないの。待ってたのに」
    「だ・・だって・・お姉ちゃん、毎日5回は・・・死んじゃうよ・・・」
    「アンタのせいで彼氏と別れちゃったんだから、責任取りなさいよぉ」
    姉の舌が弟の口を犯していく。
    「ホラ 正太、あぁ、挿入った・・・アン」
    「お・・お姉ちゃん、もう 許してぇ」

    弟クンも大変そうですが、まあ若いんだし、大好きなお姉ちゃんとセックスできるんだから幸せですよね。

    きっとこれからも、深夜になると禁断の喘ぎ声が聞こえるのでしょう。

    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/517-f00af1e9

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索