FC2ブログ

    Entries

    姉弟が見た真夏の夜の夢

    マンションの屋上に並んで座っている幼い姉と弟。
    (真下から見る花火)
    (屋上から見上げるのを楽しみにしていた日)

    「ねえ安行、花火は何時から?」
    「8時だよ、姉ちゃん」

    (僕はこの日見てしまうまで知らなかったんだ)
    (姉ちゃんがどんな仕打ちを受けているか)

    スミヤの『花火の灯り』に登場する少女は、義父から性的な虐待を受けていました。
    花火の灯り
    屋上で場所取りをしている姉弟の前に現われた義父が姉を呼ぶ。
    「遥、ちょっと手伝ってくれないか」
    義父に連れられていく姉が弟の顔を一瞥する。
    (あの時、呼んでいたような)
    (それが気になって)
    少年は自宅に戻って見てしまった。
    首輪を付けられた全裸の姉が義父に犯されている現実を。

    妻に逃げられたらしい男は、その情念と欲望を幼い義娘にぶつけていました。
    その現実にショックを受けた弟は、花火の場所取りを放棄して自室に逃げ込みます。
    弟に見られたことに気づいた姉は、義父が飲みに出かけた後で弟の部屋を訪れ、「ねえ、したげるから、あたしのお願いきいて」と告げるのでした。

    戸惑う弟を導いてセックスをする姉。
    「お願いをッ、あっ、するときはいつもこう。あたしにお願いがないときでも義父さんはするけどっ」
    弟に跨った少女が腰を動かす。
    「姉ちゃん、出る」
    「うん、安行」
    童貞を奪われた弟の精液が姉の膣内に注がれる。
    「ああっ、うっあ、ごっ、ごめん・・ね、こんな姉ちゃんで。あたし、どうしたらいいかわかんなくて、義父さんはあたしが好きだからするんだって」
    姉が少年の瞳を見つめる。
    「だったら、あたしも」
    「姉ちゃん・・・」
    少女の手に触れた弟は、自分の想いに任せて激しく姉を犯した。
    「安行っ、あたしのお願いっ」
    「うん、言って。なんっ、でもっ」
    「安行っ、あっ、ああっ」
    「姉ちゃん、出る。またっ、出る」
    「うんっ、いいよ」
    再び弟に膣内射精された姉は、幼い裸身をヒクつかせながら告げる。
    「あのね、あたしのお願いは」
    少年はその言葉を聞く前から決意していた。


    「遠くへ 行きたい」


    夜道を歩く幼い姉と弟。
    「疲れた? 大丈夫?」
    弟が姉を気遣う。
    「大丈夫」
    (いつも通り道を逆に曲がって)
    (街灯のない道を選んで、歩き続ける)
    「暗くなってきた。どこか別の世界みたい。なんかこのまま死んじゃいそうだね」
    少女が不意に告げる。
    「ちょっと怖いこと言わないでよ」
    少年の言葉に姉が微笑むと、夜空に眩いばかりの光が溢れた。
    「花火だ」
    彼らの眼下には街が広がっていた。
    花火の音に合わせたかのように姉の身体が震える。
    「姉ちゃん、大丈夫だよ。どこまでも行けそうな気がしてきた」
    しかし、姉は弟の笑顔を見ようとはしない。
    「・・・・・姉ちゃん?」
    彼女は一点を見つめながら泣いていた。
    「姉ちゃん!?」
    「あ、あそこ・・・」
    その指が指し示す方向にあるモノを花火の光が照らし出す。

    (あそこ? あれは――)
    (僕らの・・家・・・)

    「フフッ」
    泣きながら笑い始めた姉が弟の顔を見る。
    「アハ・・ハ、無理だね」
    彼女は自分達の絶望的な幼さを悟っていた。

    (一時間後、僕らは保護された)

    (家までは車で10分だった)


    花火のような希望は一瞬で弾け飛び、今夜も少女は義父に犯され続ける。


    もう、夜空には暗闇しか見えなかった。

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/490-685bedbb

    0件のトラックバック

    3件のコメント

    [C196] 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    [C197]

    こんにちは。2010年も後少しですね。
    お変わりありませんか?
    特に昨日今日とかなりの寒さに苦しんで(かな?  おります一究でございます。それにしても寒い!!
    えー、今年も大橋さんのブログでは大変楽しませていただきました。

    姉弟相姦漫画ベスト10。
    恥ずかしながら上位5作品は未読でした(汗
    もっと読破して近親相姦漫画道を邁進&精進して行かなければ・・・

    また来年も引き続き楽しみにしております。
    それではまた。

    P.S
    都の条例改正に関する大橋さんの思い?にはまったく同意見です。

    • 2010-12-30
    • 一究
    • URL
    • 編集

    [C198]

    一究さん、こんばんは!

    いやあ、寒いですねえ。寒い時は必ず風邪をひいている大橋です。

    「姉弟相姦漫画ベスト10」は思っていたよりも難しかったですね。全作品が好みという読者は少ないだろうなあと思っています。
    「父娘相姦漫画」の方が選びやすかったかも知れません。
    いよいよ来年は膨大な作品の中から「母子モノ」と「兄妹モノ」のベストを発表するつもりです。

    都の条例改正についてもコメントを頂けて嬉しいです。

    今年は本当にありがとうございました。
    来年もよろしくお願いします!


    • 2010-12-30
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索