FC2ブログ

    Entries

    本当は怖い近親相姦漫画

    薄汚れた小さな家の前で彼は時が過ぎるのを待つ。
    その家の中では幼い少女が男に犯されていた。
    その事実を彼は知っている。
    その少女は、彼の妹だった。

    魔訶不思議の『おかしのいえ』では、兄と二人暮らしの少女が生活費を稼ぐ為に売春をしています。
    おかしのいえ
    行為が終わり客の男が帰った後、兄は精液まみれで横たわる妹の未成熟な裸体を拭き、風呂場でヴァギナやアナルの中に注がれた精液を掻き出す。
    「お兄ちゃんはしなくていいの?」
    兄の指による清めの後、シャワーを浴びていた少女が告げる。
    「いや、俺は・・・」
    背中を向けたままの彼に全裸の妹が抱きつく。
    「園美っ」
    「ほらぁ、おちんちんこんなに堅くなってるじゃない」
    兄の股間をまさぐっていた少女は、当たり前のようにフェラチオを始めた。
    「これじゃクソ親父といっしょだよ、俺はっ」
    妹の口の中に射精した彼が己を呪う。
    「・・・・お兄ちゃんは殴らないもん」
    兄の肉棒を自分の秘裂に導きながら少女が告げる。
    「さ、今度はお兄ちゃんが動いてね」

    風呂場で激しく交尾をした兄と妹。
    此処には、あの父親は居ない。
    二人だけの幸せがあった。

    兄が服を着終わった頃、家のチャイムが鳴る。
    「ごめんくださ――いっ。どなたかいらっしゃいますぅ?」
    玄関のドアの向こうから聞き知らぬ中年女性の声がした。
    「私、役場の者なんですがぁ。ここに住んでるお子さんについて、ちょっとお話お聞かせ願えませんかあ?」
    その声と再び鳴ったチャイムとドアを叩く音に、彼の顔が強張る。
    「き、来たっ。とうとう感づかれた。ど、どうしよう」
    「はあい」
    動揺する兄を尻目に、まだ全裸の妹が返答した。
    「園美!?」
    「また逃げよっ?」
    そう笑顔で告げる少女。
    「あ、あああ」
    膝をつき、うな垂れる彼。
    「今度はどこがいいかな。北海道? 秋田? 人がいないところがいいかな」
    「し、しかしっ」
    まだ頭を上げられない兄の横で、少女は必要なモノを手にする。
    「大丈夫・・・あたしが稼いであげるから」
    彼女が兄に渡したモノは包丁だった。
    「だから、お兄ちゃんはまたお父さんのように・・・」

    「殺して」

    彼は、もう妹の微笑みから逃れられない。
    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/468-a5490649

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索