FC2ブログ

    Entries

    俺の妹がこんなにエロいわけがない

    ずいぶん前に紹介したライトノベル『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』は、現在では6巻まで出ていて、10月にはテレビアニメにもなるらしいですね。
    アニメの桐乃を見られるのは楽しみです。
    ただ・・・自分は1巻しか読んでいないんですよねえ。
    だって、いくらストーリーが進んだって兄妹がくっつくわけじゃないだろうから。(たぶん)
    でも、6巻の表紙とか見るとなんか意味深な感じもするなあ。
    アニメを見たら、また続きを読み始めるかも知れません。


    雷神会の同人誌『俺妹微熱注意報1』に登場する妹は、「発情したッ!」と叫びながら兄の部屋のドアを開けます。
    俺妹微熱注意報1
    趣味であるエロゲーで興奮した妹が兄のペニスを求める。
    「やめなさいッ! 俺とお前は実の兄妹・・・」
    「んなコトは瑣末な問題よッ!」
    すでに下半身を剥き出しにしている少女が兄のパンツを剥ぎ取る。
    「いまこの世界で最優先に解決すべき問題は、あたしの恥丘温暖化よッ!」

    そんなアホな事を言いながらも、兄妹はお互いの性器を愛撫し、「近親相姦」の末に膣内射精までしてしまうのでした。

    「なぁ・・・おまえッて俺とヤっちゃッて大丈夫だッたのか?」
    情事の後、兄が服を着ている妹に問う。
    「適当な心配ならやめてよね。キモいから」
    服を着終わった少女が兄の方を向いて指を指す。
    「それからッ! 一発犯ったからッて何も変わらないンだから・・・妙な期待するンじゃないわよッ!」
    そう言い放った妹が部屋のドアを開け、今度は穏やかな微笑みを見せた。
    「とにかくスッキリした。そこんトコだけ・・・ありがとッ!」
    最後の言葉とドアの閉まる音が重なる。
    「ま・・・あれでこそ あいつだな・・・・・寝よ・・・」

    それから、30分後・・・

    「発情したッ!」
    「ええーッ! またァーッ?」

    目の前で荒い息を吐く妹は、もう全裸だった。


    アニメ版はこんな展開に・・・なるわけないですよねえ。
    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/457-4cc2a303

    0件のトラックバック

    2件のコメント

    [C180]

    大橋さん今晩は。
    暑い日が続きますが体調など崩されてませんか?ボクは今のとこは大丈夫です。

    やっと蛇光院三郎さんの「相思想姦」を読みました。
    いくら手元に無かったとはいえ、「持ってます」発言をしてからずいぶんと時間がかかりました(汗

    絵に個性(特徴)がある作家さんですね。
    ・つり上がり気味の大きな目
    ・かなり大きめの女性器
    ・眼鏡の弟と母親が、所々水木しげるの作品に出てくるキャラクターに似てる(笑 など。

    まず長編(シリーズ化)なのが良いですね。
    「アネイヤッ!」は中編てとこですか。
    中編ではありますが上手くまとまっていたと思います。
    冒頭いきなり他人(友人)を巻き込んでのエッチシーンから始まるためか、いささか背徳感に欠ける気がしますが、なかなかエロいシーンやセリフで楽しませてくれました。
    ラストもああいう結果になりましたが、姉の姿を見るに、この姉弟ならそんなことなど気にしないで強く生きていきそうな感じを抱きました。

    で、「アネイヤッ!」もいいですが、やはり「愛母」はさらにいいですね。
    全5話で起承転結が上手く描けてるのではないでしょうか?
    第2話のラストや第4話のラストから第5話にかけての、大橋さんのコメントで言う「女の決意」のシーン。なんかかなり沁みました。(表現はあっているのか分かりませんが(汗)
    特にボクが好きなのは、第4話ラストの指輪のシーン(これがイイっ!)から第5話の母親に妊娠を望むところですね。
    この「愛母」にも他人を巻き込んでのエッチシーンが出てきて個人的には少し不満はあるものの、その後の上記の展開への重要なシーンが控えてますので、大きなマイナス要素ではないと思います。
    他にも好きなシーンはあるのですが、あまり書くとネタばらしになるかもしれませんので、この辺で。

    この一冊は間違いなくボクのお宝(笑 作品になると思います。
    今日も長々と書き連ねてすみませんでした。
    それではまた。
    • 2010-07-23
    • 一究
    • URL
    • 編集

    [C181]

    一究さん、こんばんは! いやあ、暑いですねえ。

    おっしゃる通り、蛇光院三郎の「絵」は特徴がありますね。
    好みにイマイチ合わない読者もいるかも知れませんが、連続物が得意な「近親相姦漫画家」なので、これからも注目すべき作家だと思います。

    『愛母』と『アネイヤッ!!』が収録されている単行本『相思想姦』は自分にとってもお宝です。
    登場人物を絞り込んだ作品の方が好きですね。

    それでは、また~!

    • 2010-07-24
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索