FC2ブログ

    Entries

    見た目はオヤジ、頭脳は変態、その名は・・・(2)

    今回はサークル こぴくら の同人誌『F.L.O.W.E.R』の「続編」を紹介します。
    FLOWER 2
    泥酔しながら娘の処女を奪った翌日の朝、父は自分の犯した罪に気づく。
    少女はそれを否定したが、涙を流しながら走り去っていった。


    (何を考えてる・・オレ・・・)
    (何もなかったことにするしかないだろう)
    (そんな事・・考えるまでもない・・・)

    静まり返った事務所で虚空を見つめる男。

    (どうしても 考えてしまう)
    (娘との行為を)

    娘の秘唇に突き刺さる自分の肉棒。

    (オレは覚えていない。酔ってて 全然覚えていないんだ)

    勃起したペニスが禁断の蜜壷の中に沈んでいく。

    (これは捏造だ。オレの脳味噌が捏造した映像だ)
    (何故目を閉じる小五郎・・・目を醒ませ。目を醒ませ)

    (・・・オレ・・覚えてる・・英理と似てるが確かに違う・・・)
    (娘の・・膣内・・熱くて・・・)

    肉棒を甘く締めつける媚肉の感触と共に、少女の言葉が頭に響く。

    「お・・父さ・・ん、だ・・め・・だよ・・・こんな・・あ・・・」

    「私達・・親子な・・んだよ・・ん・・ッ・・・」

    「あ・・あは・・あ・・・」

    「だめ・・えぇ・・・はぁぁ・・・」

    「い・・・やぁ・・・」

    「・・・お・・かぁ・・さぁ・・・あぁぁ・・・ん・・・」

    全身を支配する禁断の快感に父は激しく射精していた。

    「禁断の欲望」に目覚めてしまった父親は、入浴中の娘の尻を見ながら自慰をしてしまいます。

    「す・・すぐ終わるから・・・見るだけだから・・・そ・・そのまま・・・そのまま・・・」
    浴室に中年男の荒い息遣いが響いている。
    少女は尻を突き出した姿勢のまま動けず、裸身を震わせながら涙に濡れた瞳で父を見つめた。

    (お・・お父さん・・・お父さんが壊れちゃう・・・ッ!!)


    欲望に歪んでしまった父娘の関係。
    その結末は? 少年名探偵の活躍は?

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/437-e7709f98

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索