FC2ブログ

    Entries

    堕ちていくだけが「愛」じゃない。

    「遅いよー お父さん」
    彼が帰宅すると、下半身を露わにした幼い娘がベッドの上で微笑んでいた。
    「ごめんな・・・今日のはすぐには抜けられない仕事だったんだ」
    「――いいの? そんなこと言っていて。明日にはお母さん帰ってきちゃうよ」
    少女が愛液に濡れた割れ目を父に晒す。
    「私、お父さんが帰ってくるの遅いから、学校終わってからずっと一人でしながら待ってたんだよ」
    彼の目の前で娘が再び自分の性器を指で弄り始める。
    「んっ・・・んふ、ねぇ・・・私、お父さんのおちんちんのこと思い出して何回もいっちゃってるんだよぉ」

    田中浩人の『チャクリクタイ』に登場する少女は、母親が旅行で家を留守にしている間に父親に犯され、「近親愛」に目覚めてしまいます。
    チャクリクタイ
    「この一週間どうだった?」
    二本の指で娘の小さな口を犯しながら父が問う。
    「・・・最初、すごく怖かったよ。おまんこも痛かったし・・・」
    少女が父の大きな指を愛しげに舐める。
    「でも・・・今はもうお父さんのおちんちんのことばかり考えちゃってる・・・」

    この物語は非常に完成度が高い「父娘相姦漫画」ですが、欲を言えば幼い少女が父親によって処女を奪われて「禁断の愛」に溺れていくまでの過程も見たかったですね。
    普通の親子であった父娘が父親の欲望の暴走によって変わっていくまでを「前編」にして、この作品を「後編」にしたら最強レベルだと思います。

    どう見ても規格の合わない肉棒を未成熟な秘裂に挿入されながら快感に身を震わせる少女の姿は非常にエロティックであり、「近親愛」の深さを感じさせてくれます。

    「今日は何回いっちゃっても おちんちん抜かないよ」
    彼が膣内に射精されて恍惚状態の娘の耳元で囁く。
    「このまま少し休憩したら、また おまんこ こすってあげるからね」
    その言葉に応えるように父親のペニスを包んだ少女の媚肉が妖しく蠢く。
    「ん? おまんこ キツくなったよ」
    「う、うん・・・ずっとお父さんのおちんちん入れっぱなしでむちゃくちゃにされちゃうんだって思ったら、またいっちゃった」
    止まらない快感に細い肢体を震わせている娘を父は抱き寄せ、唇を交わした。


    「禁断の情事」が終わり、服を着て親子の姿に戻った父と娘。
    「・・・お母さん駅ついたって」
    そう告げた少女が携帯を閉じる。
    「・・・二人っきりも終わりだね・・・・」
    彼女は並んでソファに座っている父に身を委ねた。
    「愛しているよ」
    その言葉に少女の目が見開かれる。
    「娘としてだけじゃな・・」
    「だめだよ」
    娘は父の言葉を遮った。
    「そんなこと言ったらだめだよ・・・全部ダメになっちゃうよ。辛くなっちゃうよ」
    父の胸に顔を埋めながら言葉を絞り出す少女。
    「私、「お父さんにもて遊ばれた娘」ってことにして気持ちの整理ついてるから。それで大丈夫だから・・・・そうじゃないと、もう三人で暮らせないよ」
    ポロポロと涙が零れ落ちる。
    「私、お母さんも大好きだもん」

    「ただいまーっ」
    玄関から聞こえてきた明るい声に父が顔を上げ、娘が立ち上がる。
    「もー おいしかったわよー カニー 安かったし いっぱい買っちゃった」
    「お母さん、おかえりーっ」
    玄関で仲良く話す母と娘。温かい「家族」の姿。その光景を彼は少し離れた所から眺めていた。
    「―― どうしたの? お父さん」
    振り向いた二人が彼に問う。
    「・・・いや、カニなんて久しぶりだなって・・・・」
    そんな答えに妻と娘は優しい笑顔を浮かべていた。

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/428-34c85da6

    0件のトラックバック

    4件のコメント

    [C168] 父娘相姦

    わんぱくの「温泉旅行」も似ていますね。何も知らずはしゃいでる弟や、幸せそうな母親の目を盗んで、父親に関係を求める娘がとても背徳的でよかったです。
    • 2010-04-06
    • 理恵の義父
    • URL
    • 編集

    [C169]

    理恵の義父さん、こんばんは。

    『温泉旅行』ですかあ、あの作品もいいですよねッ! リアルな雰囲気が好きです。
    わんぱくの絵柄は背徳感を感じさせる物語に合っていると思います。

    コメントありがとうございました!!

    • 2010-04-06
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C170]

    今晩は。ご無沙汰してました(笑
    えー以前から読みたくてしょうがなかった結之さんの「まぼろしインビテーション」を読むことが出来ました。
    ソフトな絵柄で、とりたててハードなHシーンがあるわけじゃないんですが、父(パパ)への思いが(多少コメディーぽいですが)よく描けてると思いました。
    あと、ボクのパソコンの環境の問題かもしれませんが、絵柄が鉛筆画なのかなあと思わせるカットが多々ありまして、もしそうならすごいなあと。
    猫玄さんはまだ読んだことないんですが、「パパなんか大嫌い」があるそうで読んでみたいなあと思っておりました。
    貴崎琉さん・さだこーじさん・東西さん・八十八良さん、どれも自分のツボを刺激しており是非読んでみたいです。
    中でも、さだこーじさんのは記事を読む限りでは大橋さんと同感で是非読んでみたいと思っています。
    田中浩人さんの「チャクリクタイ」はこれもまた大橋さんに同感で、前後編あっても良かったと思いますね。
    ボク自身はかなりエロい作品だと思っているのですが、どうも最近はあまり描かれていないようで、それが残念です。
    なんといっても、父親にたくさん可愛がってもらえると想像するだけでイッてしまう娘がいいです(汗

    それではまた寄らせていただきます。
    • 2010-04-10
    • 一究
    • URL
    • 編集

    [C171]

    一究さん、こんばんは!

    おっしゃる通り、『まぼろしインビテーション』は決してハードエロではないのですが、絵柄も魅力的で好きな作品です。ストーリー的には、可愛い娘を持つ若いお父さんの苦悩みたいなものが描かれているのが良いと思いました。
    今回の『チャクリクタイ』は一究さんのご推薦作品ということで、一究さんに見られる事をちょっと意識しながら紹介文を書いていたのですが、共感して頂く部分があってホッとしています。
    自分も好きな作家なので、また「近親相姦漫画」を描いて欲しいですよね。

    それでは、またのお越しをお待ちしております!!
    • 2010-04-11
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索