FC2ブログ

    Entries

    おにいちゃんの恋人にしなさい!!

    犬星の最新単行本『おにいちゃんが、すき。』は、ストレートなタイトル通り「兄妹相姦」を楽しめます。(『兄妹相姦漫画』ばかりではありませんが)
    おにいちゃんが、すき。
    以前に紹介した『いつも、見ていた。』も収録されており、ヒロインの少女はこの本の表紙にも登場していますね。
    さらには続編である『いつもいっしょ』でもエロ可愛く活躍してくれます。
    いつもいっしょ
    個人的に非常に好みのキャラなので嬉しいです。


    ストーリー的に面白かったのは『アキナ』。
    アキナ
    兄が大好きで挿入寸前の性的関係にありながらも素直になれない妹。
    こういうツンデレ系の性格は他の作品の少女にも見られるのですけど、彼女の「ツン」は「禁忌への意識」が強く影響しています。

    少女は兄にタチバナという女の子から電話があった事を知る。
    機嫌が悪い妹に兄が告げた。
    「電話のコのことなら、なんでもないって」
    「そんなこと聞いてないでしょッ!」
    ご機嫌が直らない妹に兄が口づけし、抱き締めながらベッドに押し倒す。
    「アキナっ、アキナ」
    「お兄ちゃん」
    「兄ちゃんはアキナのことが大好きだよ」
    兄が妹の瞳を見つめる。
    「信じて・・くれるよな」
    「・・・・」
    アキナは頬を赤く染めながら瞳を逸らした。
    「アキ・・?」
    「あー もうやめてよ!! 妹に好きとか言って!! キモチワルイ」

    そう言いながらも彼女は兄に処女を捧げ、精液を膣内に注がれてしまうのだった。
    「お兄ちゃん・・・」
    キスをしながら妹は心の中で呟く。

    (ごめんね お兄ちゃん・・・大好きだよ)

    次の日、家の電話が鳴る。
    「ハイ、ハーイ」
    笑顔で受話器を取る少女。
    「はいっ、中原です」
    『あっ、タチバナといいますけど、えっと・・・あの・・マモルくん いますか?』
    アキナの顔が一瞬冷たく陰った。

    (だけど、私は)

    「おにーちゃーん、タチバナさんから電話だよー!!」
    少女の元気な声が家の中に響く。

    (妹だから)


    他の作品の少女達に比べると少し年上な彼女は、「大好き」だけでは幸せになれない事を知っていたのです。

    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/419-29baf77a

    0件のトラックバック

    2件のコメント

    [C162]

    今晩は。
    2日続きのコメントでどーもすみません(笑
    実は昨日、以前に紹介されてた井硲六郎さんの「姉弟ざかり」を読むことが出来たので、チョビっと感想をと思って寄って、「父娘相姦ベスト」に目が眩み(笑、すっかり忘れてました。
    「姉弟ざかり」良かったですよ。
    まず絵が個人的には上手い(好きな)方だと。ボクは男なので当然ヒロインに目が行くわけですが、柔らかそうな巨乳の姉が「三つ編み」でエロいというのがポイント高いです(笑
    愛し合う二人の世界に第三者?(母親)を登場(帰宅)させて、バレるかもしれないスリルの中での交わりというのは在り来たりですが、そこそこ背徳感も出るし、近親相姦の醍醐味のひとつであり、ボクの好きな設定ですから、ぐんとポイントが上がりました。
    在り来たりではあるのですが、絵はもちろんのこと、設定やセリフでまだまだいける(描ける)パターンだとボクは思っています。
    また、第三者と書きましたが、近親相姦である以上、やはりそこは「身内」というのがベストですね。
    なんら目新しいことは書けませんが、読むことが出来ましたので、まずは感想まで。
    それではまた。
    • 2010-02-21
    • 一究
    • URL
    • 編集

    [C163]

    一究さん、ありがとうございます!
    気が向いた時にはいつでもお気軽にコメントして下さいね。

    『姉弟ざかり』はおっしゃる通り「絵」が魅力的ですよね。
    ストーリーも深みまではありませんが、ツボを押さえた展開で全体的にも高いレベルの作品になっていると思います。

    こうしてブログで紹介した作品の感想を頂けると本当に嬉しいです!!
    • 2010-02-22
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索