FC2ブログ

    Entries

    少女を最も愛する者は・・・(後編)

    今回は『狂愛 ―きょうあい― (後編)』を紹介します。
    狂愛 ―きょうあい― (後編)
    肛門で彼氏と繋がったままの母親の口に父親のペニスが強引に突っ込まれている。
    そんな光景を前にしながら、少女はベッドの上で膝を抱えていた。

    (私・・どうしたらいいの? 変にあいつを刺激したら二人がどうなるか分からないし・・・)
    (・・・かと言って、私一人じゃあいつには敵わないし・・何か・・何かないの!?)
    (誰か たすけて・・・悪い夢ならお願い早く醒めてよ・・・)

    「も・・もう いい加減にして、こんな事をして何になるのアナタ!?」
    娘の彼氏の精液をアナルに注がれた母が叫ぶ。
    「自分の娘に手を出して・・・アナタの方こそ鬼畜です!!」
    その言葉を父は冷たい笑顔で受けていた。
    「ほぉ・・豚が人間様に向ってそんな口を聞けるのか?」
    父が母の秘唇を指でこじ開ける。
    「嫌あッ、やめてッ」
    「ご主人様に二度とそんな口を聞けない様に再調教してやる!!」
    「はッ、あひぃい」
    荒々しく犯された母が涙を流しながら淫らに喘ぐ。

    (ごめん・・お母さん・・・)
    (絶対に助けるから もう少しだけ・・耐えて・・・)


    この父親が「狂気」を発動させた契機は、母が娘の彼氏を紹介した事。
    「あなた、花菜の彼氏の誠一君」
    笑顔でそう告げた妻の言葉に ひどく動揺しながらも、彼は表面上は冷静を装って妻と少年に飲み物に混ぜた睡眠薬を飲ませたのです。
    もちろん、その強力な睡眠薬は愛娘に飲ませる為に用意していたものですね。

    以前から娘の彼氏の存在を知っていた母を「裏切り者」として徹底的に犯していく父。
    「ひ・・い゛っ!! あ゛あ゛ッ、あ゛あ゛、んぐああッ」
    何度目かの射精を受けて狂ったような よがり声を上げる母。
    「どうだ逝ったか? まだか・・よぉし犯して・・・犯し尽して・・・」

    (今だ!!)

    母を犯す事に夢中な父の背中に体当たりをする少女。
    「あがッ」
    油断していた父がその衝撃で倒れる。
    「大丈夫 お母さん・・・今これ外すから――」
    「一度ならず二度までも花菜が親に手を上げるなんて・・・」
    床に激しく頭を打ち付けて朦朧としながら愛娘を見る父。
    「あんたなんか親じゃないから!! 気持ち悪い!! 私の名前を二度と呼ばないで!!」
    目に涙を浮かべながら、全裸の娘が叫んだ。
    「花菜・・・そんな事言ってお父さんを・・くッ、困らせないでくれ。これからは二人で暮らしていくんだから」
    フラつきながらも父が立ち上がろうとしている。
    「誰がアンタなんかと・・・お母さん早く逃げて!!」

    次の瞬間、少女が見たのは、枷を外された母が父を蹴り倒す光景だった。
    (お母さん?)
    「ポチ・・・ゴミを蹴って足が痛いわ・・・舐めて癒してちょうだい」
    「ハイ女王様・・・」
    娘の彼氏だった筈の少年が当り前のように母の足を舐めている。
    「それと、あのゴミ捨ててきて今すぐ!!」
    立ち上がった少年は母の言葉を忠実に実行した。

    「え? え? 何なの!? ポチって・・・」
    状況が全く把握できない少女。
    「ち・・ッ、まさか あの旦那がこんな事計画してたなんて・・・迂闊だったわ・・・」
    苦笑していた全裸の母が振り返って娘を見つめる。
    「ポチは私の一番忠実な犬なのよ」
    「そ・・それじゃ誠一君って・・・」
    「そ・・・私のペットの一人。私が花菜の彼氏になるように指示したわ。悪い虫が付かない様にね。ポチにも あなたには手を出さないようにキツク言い聞かせたから、ポチは私の言う事は絶対に聞くからキスすらしてないはずよ」
    (・・・そんな)
    衝撃の事実に崩れ落ちる少女を母が抱きしめる。
    「あなたは私の唯一の分身。あなたに手を出していいのは私だけなの・・・だから今夜の事はすべて忘れなさい。お父さんも誠一の事も・・・」
    母が涙を流している娘に妖しく微笑む。
    「私が忘れさせてあげるから・・・」
    母の舌が娘の唇を犯していく。
    「これからはずっと二人一緒だから・・・」
    意思を持たぬ人形のように脱力した娘の裸体を愛しげに再び抱きしめる母親。
    「あなたは私だけの花菜でいてね・・・ずっと・・・」


    少女は父と母から愛されていた。
    でも、彼女が信じていた「家族愛」は どこにも無かった。

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/395-23e9823a

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索