FC2ブログ

    Entries

    兄の瞳の中で変わる妹

    (妹のおっぱいが最近やたら育った)
    (けしからん乳)
    (実に けしからん)

    居間で雑誌を読んでいる妹の胸にギラついた視線を送る兄。

    (ん?)

    兄の様子を一瞥した少女が当たり前のように上着を脱ぎ始めた。

    (ええええっ!?)

    ブラジャーに包まれた豊かな乳房を晒して笑顔で告げる妹。
    「触ってみる?」

    (え―――――!!?)


    Cuvieの『妹のあんなとこ』に登場する兄は、なんだか分からないうちに妹の生乳を揉んでいました。
    妹のあんなとこ
    「な、なんで・・・・なんで こんなこと させんだよ・・・」
    「えへへ・・・」

    (とか言いつつ しっかり揉む 俺・・・)
    (適度な弾力と柔らかさ・・・すべすべで もちもちで・・・)

    「んっ・・・お兄・・どう? 私の胸 好き?」
    「ま、まさか、学校とかでも こんな軽い感じで揉ませまくってるのかぁ!?」
    「あっ、ひゃあんっ」
    兄の手に力がこもると、妹が甘い声を上げた。
    「そ、そんなわけ・・ないじゃんっ、んっ・・・」
    「じゃあ 何で・・・」
    「だって、お兄 この頃ずっと あたしとしゃべる時 視線が胸だもん」
    胸を揉まれながら妹が兄の顔を見つめる。
    「ううん、しゃべる時だけじゃなくて、常に じーっと見てるでしょ?」
    「そんなことは! そんなことはないぞ! 別に俺は妹のけしからん乳に欲情しているなんてことは いっさいなくて・・っ」

    そんな弁解をしながらも、彼の頭の中にはこれまで見てきた妹の扇情的な姿が走馬灯のように浮かんでいました。
    確かにエロ可愛い。お兄ちゃんがクラクラしてしまうのも無理はありません。
    でも、彼は「禁断の欲望」を否定しようとします。

    「じゃあ・・・やめる?」
    「え、ええ・・?」
    そこで「やめる」とは言えない兄。
    「あたしはやめてほしくないのにな―― んっ・・・」
    兄の手がまた蠢き始める。
    「お兄なら触られても全然イヤじゃないから・・・んっ、気持ち・・い」
    「か・・かず・・さ・・・」
    妹の告白によって兄の「理性」が崩れていく。
    「かずさぁっ」
    「きゃ・・・・」

    (昔から 俺たちは仲のいい兄妹ではあった)
    (両親が共働きで留守がちだったし、男の子の荒っぽい遊びの輪にも こいつは平気で入ってきて ついて来れたし)
    (だから、おたがいのことを何でも知ってるぐらいの 近しい存在だったのに)

    「お兄ぃ・・・」
    妹が潤んだ瞳で見つめている。

    (これ・・・)
    (誰だ?)

    「女」の顔を見せた妹に戸惑いながらも、兄は「禁断の欲望」を加速させていきます。
    そして、少女は兄の肉棒をも受け入れてしまうのでした。

    「う・・あっ、お兄が・・中に・・っ」
    涙を浮かべながらも笑顔を見せる妹。
    「あ・・はっ、ヤッちゃった・・・・ね、兄妹で・・・」
    「ヘ、ヘーキか? ごめ・・・・っ」
    「なぁに・・? ヘーキだよ・・っ、お兄」
    「だ、だって、つらそうな顔してんじゃん」
    「そ・・んなことないよ―――」
    「兄貴だからわかんだよ そーゆーの」
    「あたしたち・・・・こんなことしたの 初めてなのに?」
    「ん?」
    妹が兄を抱き寄せる。
    「ちょっと痛いのに 嬉しいってキモチ・・・初めてなのに?」

    少女は兄に処女を捧げた事に「幸せ」を感じていた。
    そんな妹を少年が激しく犯す。
    ソファの上で淫らに交り合う全裸の兄と妹。
    「はっ、はあっ、はふ・・ふぁあ」

    (ホントに こいつの言うとおり)
    (かずさのこんな顔)
    (初めて見る・・・・・!)

    「あっ、あっ、あぁっ」
    「く・・くそっ、どきどき・・すんなっ、俺の知ってる・・お前じゃ ね―――・・・」
    「お兄のせい・・なんじゃん?」
    「え?」
    「お兄のっ あたしを見る目・・がっ、変わったから・・・だからっ!」

    大好きな兄が自分を「異性」として求めている事を感じた時、妹は「女」になりました。
    そして、兄妹は「近親愛」で結ばれ、心ゆくまで愛し合うのでした。


    もう、ひたすらに妹が可愛い!
    ストーリー的に特筆すべき点は無いのですが、Cuvieが描くと味わい深い作品になりますね。

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/369-28ff7233

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索