FC2ブログ

    Entries

    何度も言うよ 私は確かに父を愛してる

    (私はボケた父と一緒に暮らしている)
    (介護は心と体が疲弊すると言われているけど)
    (今が一番幸せです)

    (それは私が父を愛しているから)


    ハッチの『ミハルと父』に登場するヒロインは実父に対して「近親愛」を抱いていました。
    ミハルと父
    (15年前 母が病気で亡くなって、父は無気力になり 仕事も休みがちになった)
    (長い事 看病していた父を見ていた私は そんな父が可哀想に思え)
    (つい慰めてあげたくなった)

    「・・・お父さん」
    少女は泣きながら酒を飲んでいる父の背中を抱き締め、その耳元に囁く。
    「私じゃ お母さんの代わりになれないかな・・?」
    彼女の胸が父の背中に押しつけられた。

    (お酒の入った父の思考は幾分麻痺していて)

    「ミハル・・・」
    「知ってるよ・・・もう ずっと そういう行為・・・してないんでしょ?」

    (この一言で・・・)

    少女が父に抱かれるために横になる。

    (あとはもう・・・)


    娘の服を剥ぎ取り、欲望のままに愛撫する父親。

    (分からなかった。自分で慰めると言ったが、そういった経験がまったくなかった私は)
    (ただ動けず)
    (父の荒々しい愛撫に鼓動が高ぶり)
    (全身感じていた)

    父の舌が秘裂の奥まで侵入し、少女が甘い喘ぎ声を上げる。

    (頭が真っ白になって)

    「はああ 綺麗だよ ミハル・・・」

    (頭が真っ白になっても それは続いた)

    (それから時間をかけて秘部をほぐされ)
    (汗と唾液と愛撫でグチャグチャになった頃)

    (お父さんが入ってきた)

    娘の処女膜を父の肉棒が突き破る。
    「ううっっ、あ゛あ゛~~ はあっ」

    (前戯のおかげで痛みは さほどなかったけど)
    (秘部が燃えるくらい熱かった)

    父は娘を激しく犯し、その未成熟な裸身に精液を振りかけた。

    「はあ――― はあ――― 舞子・・・」
    娘を犯した父が呼んでいたのは母の名だった。

    (それでもいい・・・)
    (父が立ちなおってくれるなら・・・いつかは・・・)
    (そう思って 何度も父と関係を持って)
    (朝も夜も常に父の側にいて股を開いた)

    「禁断の関係」となった父娘。
    しかし、そんな関係は 突如として終焉を迎えます。

    コタツで寝転がりながら父が呟く。
    「ミハル・・・」
    「ん?」
    「父さん 明日から働きに出るよ」
    娘に背を向けながら告げる父。
    「だから・・・もう・・・」

    (一年続いた関係に終わりを告げたのは父・・・)
    (結局 最後まで母を忘れる事はなかった)


    それが14年前。


    (そして現在)
    (父は私の事を覚えていない)

    されるがままの父と性交をする女。
    それは一方通行の「近親愛」。

    彼女は縁側に座る父に上着を着せる。
    「冷えるよ」
    男は優しく微笑む女性を見上げた。
    (そう言えば この人 いつも僕の側にいるよなぁ・・?)
    そのまま彼は彼女を見つめ続ける。
    「? どうしたの」
    父が娘の手を取って告げる。
    「僕と結婚してくれませんか?」

    (数えて 8回目のプロポーズ)

    彼女は後ろから父を抱き締めた。

    (その度に私は こう答える)

    「はい・・・」


    それは悲しい光景なのかも知れない。
    でも、彼女にとっての「幸せ」を他者が否定する事は出来ないでしょうね。

    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/367-6c5b6a45

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索