FC2ブログ

    Entries

    他人行儀な「近親相姦」

    (母さん、母さん・・・)
    母親の着替えを盗み撮りした写真を見ながら少年がオナニーをしている。
    「母さんっ、母さんっ」
    「はーい、どうしたの?」
    自分の名を呼ぶ声を聞いて二階にいる息子に答える母。
    「うわったっと」
    母の声に慌てる少年。
    「なんでもない、なんでもないよっ」
    「そう」
    洗濯を始めた彼女は息子のトランクスに気づくと、それを頭からスッポリと被って その場にへたり込み、股間をまさぐる。
    「タカちゃん・・んっ、タカちゃんっ」
    「呼んだー?」
    突然の返答に動揺する母。
    「呼んでないよ、御飯だよ、降りてらっしゃい」
    「呼んでんじゃん」


    江戸しげズの『家庭内恋愛』では、母と息子がお互いに「禁断の想い」を抱いています。
    家庭内恋愛
    それも、すでに後戻りできない「変態レベル」になっている感じですね。
    息子は母が箸を咥えているのを見て(できるならば あの箸になりたい)と思い、母が息子が飼い猫を可愛がっているのを見て嫉妬するのでした。

    そんな母子はテレビのニュースで見た「オレオレ詐欺」をヒントにして「別人」のフリをしてセックスをする事となります。
    同時に同じ事を思いついて実行してしまうあたりは、やはり親子ですね。
    ただ、その変装は非常に陳腐なもので、母親は眼鏡を外して髪型を変えて化粧で口元のホクロを隠したくらいで、息子にいたっては眼鏡を掛けただけです。
    それなのにお互いに偽名を名乗ると(って別人!?)と驚き、(よく似た人がいるもんだなあ)と思ってしまうのです。
    まあ、こういう天然系なところも親子ならではといった感じでしょうか。

    相手が「家族」なのか半信半疑な状態でホテルに入った二人。
    セックスをしながら息子は母の口元のホクロを発見し、母は息子が猫にひっかかれていた傷を確認した。
    (タカだわっ!!)
    (母さんだ!!)
    性器を結合させた母子が口づけを交わす。
    (やっぱり母さんだ――)
    (やっぱりタカだったわ)
    少年は自分が掛けていた眼鏡を母に掛けると、激しく腰を振りたくった。
    「あっ、あっ、あっ」
    (もっと、もっと一つに)
    「射精る」
    「射精して、膣内に射精してぇ」
    母の言葉に従って、息子は精液を放出した。

    「家」に戻った二人。
    「いってきまーす」
    「ちょっと待ちなさい」
    出かけようとする少年を母が呼び止めた。
    「ほらあ」
    玄関まで来た彼女が息子に笑顔で告げる。
    「このメガネ、忘れたら承知しないんだからっ」


    差し出された その眼鏡は「禁忌の扉」を開く鍵。
    少年は躊躇う事なく その扉を再び開くでしょう。

    この世で最も愛する人がそれを望んでいるのだから。

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/349-01f9a65d

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索